芸能

「タダでは起きないたくましさが魅力」幅広い分野で活躍する元女子アナたち

活躍を続ける女性アナウンサーたち(写真は加藤綾子アナ)

活躍を続ける女性アナウンサーたち(写真は加藤綾子アナ)

 つねにその動向が注目されている女性アナウンサーたち。最近では、アナウンサー以外の分野で活躍するケースも増えている。放送作家でコラムニストの山田美保子さんが、昨今の女性アナウンサー事情を分析します。

 * * *
 カトパンこと加藤綾子サン(37才)が『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)に続いて、『Live News イット!』(同)を9月末で卒業するそうです。

 学生時代、在京テレビ局すべての入社試験で最終面接まで進んだことから「スーパー綾子」の異名をもつ加藤サン。フジテレビの看板アナとして『森田一義アワー 笑っていいとも!』のテレフォンアナウンサー、『めざましテレビ』のメインキャスターをはじめ、人気番組や特番になくてはならない存在でした。

 私は放送作家としてかかわっていた『超潜入!リアルスコープハイパー』時代に多くの思い出があります。前任の中村仁美サン(43才)も本当に素晴らしいバラエティーアナだったのですが、加藤サンの華やかさとソツのなさ、すべての場面で機転が利く様は、仁美サン以上でした。コンパニオン風の番組衣装をはじめ、多くのコスプレをしていただきましたが、そのたびにチーフ作家の男性が「つくづく座持ちする女性だなぁ」とシミジミつぶやいていたのが忘れられません。

 レギュラーだった上地雄輔(遊助)サン(43才)のライブにスタッフとともに行ったときの加藤サンの言動にも心から感動しました。翌朝、『めざまし~』があるのに夜の公演にちゃんと姿を現し、しかも、遊助サンのファンが身に着けてくる黄色のブラウスにわざわざ着替えてきた加藤サン。照明が暗転してから、そっと席に着く気遣いもお見事でした。

「加藤が忙しすぎるから」と後輩の三上真奈アナ(33才)に進行役を譲るも、結局、『バイキング』のスタート時、伊藤利尋アナ(49才)とともに「呼ばれた」のは加藤サン。欠かせない人なのです。

 そうそう、『~イット!』に「アレコレト!」というコーナーがあったときには週2で共演させていただいていました。“女子会”のようなトークを繰り広げる同コーナーに対して、「フジテレビは加藤綾子をニュースキャスターとして育てる気があるのか」という意見があったと聞きました。でも、硬軟どちらもやれるのが加藤綾子。そうしたキャリアを一旦ストップするとは驚きました。所属事務所の公式サイトには「昨年の結婚をきっかけに、家族との時間をより大切にしたいという本人の思いもあり」と記されています。

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン