芸能

『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?

『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?

『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?

 前作から36年──待望の続編が公開直後から勢いが止まらない。『トップガン マーヴェリック』(監督:ジョセフ・コシンスキー 配給:東和ピクチャーズ)は5月の上映開始以来、すでに世界興行収入は9億ドル超(1224億円)だ。本来は2019年夏に公開予定だったのが、製作の遅れやコロナ禍の映画館休業で何度も延期。コロナ禍収束直後の待ちに待った公開で、久しぶりの外出を楽しみたい観客を映画館へ向かわせる原動力となった。

 荒々しい海軍パイロットの孤独と友情、飛び交う戦闘機アクション、つかのまの恋愛。アメリカ映画らしさにあふれる前作『トップガン』は、1986年に日本で公開された。

 前作のあらすじはこうだ。ピート・“マーヴェリック”・ミッチェル(トム・クルーズ)は大胆な操縦をこなす天才肌パイロット。相棒のグース(アンソニー・エドワーズ)とともにミラマー海軍航空基地内の養成学校「トップガン」へ入校し、実技も無事クリアすると思われたが──。主題歌『デンジャー・ゾーン』、アカデミー賞最優秀歌曲賞受賞『愛は吐息のように』など楽曲も一大旋風を巻き起こした。

 時代はバブル景気、洋画の上映数が年間500本を超えるなか、『トップガン』は1987年度の洋画配給収入第1位を飾った。

 ヒット映画には、すぐさま続編製作の企画が持ち上がる。だが続編上映まで30年以上経たのは、主演俳優であり続編製作権を買い取ったトム・クルーズの意向だった。脚本や俳優など彼の納得する諸条件が揃ったのが、ちょうど今だった。

 続編製作に積極的だった監督のトニー・スコットは、2012年に死去。監督はジョセフ・コシンスキーに代わったが、スタッフ全員が「もしスコット監督がこの映画を観たら、きっと気に入ってくれる」と意見が一致するクオリティに仕上げてみせたという。

 新作でテストパイロットとして活躍するマーヴェリック(トム・クルーズ)は、かつての戦友、今は太平洋艦隊司令官のアイスマン(ヴァル・キルマー)に乞われパイロット養成学校「トップガン」の教官職へ。型破りな指導に、若きパイロットたちは反発する──。日本で公開すると間もなく「全中高年が泣いた」と話題になり、国内興行収入60億円突破の大ヒットを続けている。

 映画批評家の前田有一氏は、ヒットの理由をこう語る。

「トム・クルーズがスタントマンやCGの使用を極力避けたため、映像がリアルで面白い。また、天才パイロットでありながら出世コースを選ばず歳を重ね、不安定な現場で働き続ける主人公が観客の共感を呼び、心に響く映画なのです」

(C)2022 PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

『トップガン マーヴェリック』公開中 監督:ジョセフ・コシンスキー 配給:東和ピクチャーズ

※週刊ポスト2022年7月8・15日号

関連記事

トピックス

帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
自身の入局当時と今の現場の違いを語る元日本テレビ・馬場典子アナ
【全6局「人気女子アナ」同窓会#4】先輩から見た水卜麻美アナ、弘中綾香アナの評価
週刊ポスト
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
女性セブン
吉羽美華容疑者(ブログより)
詐欺逮捕の美しすぎる市議、主犯48歳男から渡されていた“40条の愛の誓約書” 「やきもちも表現する」「愛情を無垢に与える」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
平田徹氏
横浜元監督・平田徹氏が明かす「退任の無念」とPL学園元コーチとの“再出発”【前編】
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン