スポーツ

巨人に13.5ゲーム差でヤクルトが首位独走 「CS開催の必要あるのか」の指摘も

史上最速のマジック点灯につば九郎も笑顔?(時事通信フォト)

史上最速のマジック点灯につば九郎も笑顔?(時事通信フォト)

 ペナントレースが折り返しを迎えたばかりにもかかわらず、ヤクルトの連覇が確実視されるような状況になっている。7月2日のDeNA戦で延長10回にサヨナラ勝ちを決め、2リーグ制以降史上最速となる優勝マジック53が点灯。翌7月3日には14カード連続勝ち越しと球団記録を更新し、2位の巨人を13.5ゲーム差で突き放している。この独走に球界内ではクライマックスシリーズ(CS)の存在意義を問う声まであがっている。

 スポーツ紙遊軍記者は、「巨人はメークドラマやメークレジェンドなど大逆転でリーグ制覇を飾った事例がありますが、今年は厳しいでしょう。投手陣が不安定で、この戦いぶりだとCS圏内の3位に入れるかも微妙な状況です。広島、阪神もミスが多く、ヤクルトの独走を止めるのは難しいでしょう」と分析した上で、こう続けた。

「このような展開になると、CSが果たして必要なのかという議論にもなる。143試合を戦うペナントレースの重みを考えると、シーズン1位のチームが2位以下に10ゲーム差以上つけたらCSは必要ないように感じます」

 CSの前身のプレーオフ制度がパ・リーグで導入されたのは2004年。近鉄とオリックスの合併問題に端を発した「球界再編問題」で揺れた年だった。当時のパ・リーグは観客動員数で伸び悩んでいた球団が多く、リーグ優勝が早々と決まると消化試合が増えてさらに集客できなくなるのが悩みの種だった。消化試合を減らし、リーグ全体を盛り上げようという狙いでプレーオフの実施に踏み切った。

 この制度で、短期決戦を勝ち切れずに頂点に届かなかったのがダイエー(現ソフトバンク)だった。2004年はシーズン1位で通過したが、第2ステージで西武に敗れて2位に。親会社がダイエーからソフトバンクに代わった翌2005年もシーズンで89勝をあげ、貯金44(136試合制)と圧倒的な強さを誇ったが、ボビー・バレンタイン監督率いるロッテに第2ステージで敗れた。

 当時はシーズン2位と3位の球団が第1ステージで対戦し、勝ち上がった球団がシーズン1位の球団と5戦で戦う方式だったが、「ペナントレースを軽視している」と疑問の声が高まり、2006年から「1位の球団は無条件でプレーオフ1勝分のアドバンテージを得る」とルールが変更された。

 2007年からセ・リーグでも開催することが決まり、「クライマックスシリーズ」という名称に。日本シリーズ出場をかけた短期決戦で数々の名勝負が繰り広げられたが、中日の監督で黄金時代を築いた野球解説者の落合博満氏は「CS反対論者」だった。2018年12月に放送されたCBCラジオの『ドラ魂KING』に出演した際、「いまだに(CS開催に)大反対ですよ」と強調した上で、「なんで6球団しかないのに3つで争わないといけないの? なんで2分の1の確率なの?」と現行の方式に疑問を呈した。

 元DeNA監督の中畑清氏も7月3日の『サンデーモーニング』(TBS系)でCSについて、「ただあの制度があるっていうのは、ちょっと問題になってきましたね。それでもチャンスがあるシステムに問題ありっていうのもあると思います」と制度の歪さを指摘している。

関連キーワード

関連記事

トピックス

初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)
高市早苗氏の“入閣に不満”投稿は政調会長ポストを奪った萩生田光一氏の「統一教会問題」を痛烈意識か
NEWSポストセブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
14日聖望学園戦9回表、内角の球をライトスタンドに運ぶ大阪桐蔭3年・松尾汐恩(時事通信フォト)
大阪桐蔭の「扇の要」松尾汐恩を開花させたショートからキャッチャーへの転向秘話
NEWSポストセブン
元NHK・内藤裕子アナが入局当時のエピソードを語る
【全6局「人気女子アナ」同窓会#2】民放が参考にしていたNHKのアクセント
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン