国際情報

【プーチンと習近平】世界でもっとも危険なふたり 父親の歩んだ苛烈な人生が習に落とした影

習近平氏は父・仲勲をどう見ていたか(写真=新華社/AFLO)

習近平氏は父・仲勲をどう見ていたか(写真=新華社/AFLO)

【プーチンと習近平・連載第3回】過去にプーチンから父親の写真集を手渡されたことでロシアに親近感を持った習近平。息子が父に対して抱える複雑な想いの裏には、父が歩んできた壮絶な「挫折の人生」があった──。ジャーナリスト・峯村健司氏がレポートする。(文中敬称略。第1回から読む)

 * * *

最初で最後の訪ソ

 中国の副首相になったばかりの習仲勲は1959年8月、機械工業省の幹部らを引き連れて、ソ連を訪問した。通訳として同行したリュドミラ・ドミトリエヴナはロシア人研究者のインタビューに対し、当時を次のように振り返っている。

「訪問団は数週間かけて、機械製造や金属加工などの工場を訪れ、ソ連の先端技術を視察しました。習仲勲氏はいつも笑顔を絶やしませんでした。私が通訳しやすいように、わざわざ短く話をしてくれる気配りをしてくれました」

 中でも習ら一行が注目したのが、鉄鋼と石炭に関する技術だった。

 その前年の1958年夏、毛沢東は「大躍進運動」を打ち出した。農作物の増産のほか、鉄鋼の生産を1年間で倍増させるという野心的な目標を掲げた。中国では工業化が遅れており、鉄鋼を製造する工場が十分にはなかったことから、農村に粘土で釜を築き、鉄を溶かして鋼鉄を造る製法を進めた。

 ところが、粘土釜では温度が十分ではなく、鋼鉄の質が悪く使い物にならなかった。しかも、燃料として大量の石炭を使ってしまったため、本来の工場で使用する分が足りなくなってしまい、かえって生産力が落ちてしまった。

 そこで毛沢東は、ソ連式の技術を導入するため、習をソ連に派遣した。ソ連の技術者を中国に招いて、中国の鉄鋼生産の立て直しを図ろうとした。

 だが、習の訪ソはこれが最初で最後となった。習の出発の直前の1959年7月、共産党内で権力闘争が激化する。

 江西省北部、廬山で開かれた共産党中央政治局拡大会議で、国防相の彭徳懐が、大躍進運動を批判する書簡を毛沢東に送った。彭は朝鮮戦争では司令官を務めた毛の右腕だった。にもかかわらず、解任されて失脚に追い込まれた。

「罪状」の一つとされたのが「外国との内通」だった。彭はその2か月前の5月、アルバニアを訪れ、ソ連共産党第一書記だったニキータ・フルシチョフと長時間会談したことが問題視されたのだ。

 その前後から亀裂が入り始めた中ソ関係が問題の根底にあった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
有岡大貴と松岡茉優
Hey! Say! JUMP有岡大貴&松岡茉優が結婚 匂わせなしの“ファンファースト”な交際の一方で「結婚は35才以降」説崩壊に動揺も
女性セブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン
日活映画は吉永小百合にとっても青春そのものだった
【吉永小百合・デビュー65周年】日活という学校で学び、青春映画の中で放たれた可憐なマドンナ 共演者・カメラマンが語るその輝き
週刊ポスト
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
紀子さま“体調不良報道”でも気丈な姿、単独公務先で「こちらにどうぞ」と気さくに声かける お元気そうな様子に同行していた記者たちは驚き
週刊ポスト
6月9日、鹿児島市内の認定こども園で、刃物のようなもので男児の首を切りつけて出血させたとして、殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者(21)
《鹿児島2歳児切りつけ》「見えたらいけないものが…」21歳の女性保育士が犯行前にSNSで意味深投稿 母校の高校関係者は「夢の実現目指して熱心に勉強を」
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
全国ライブ中の沢田研二
《ファンの声援にブチ切れ》沢田研二が「見てわからんか!」とステージ上で激怒し突っ込んだ「NGワード」
NEWSポストセブン
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン