「反党分子」とみなされた

 ところが、ソ連訪問をきっかけに政争の渦に巻き込まれ、1962年、2度目の政治生命の危機に直面する。きっかけとなったのが、一冊の小説だった。

 習の西北地区の戦友、劉志丹を題材にした小説が問題視されたのだ。劉は1936年に国民党との戦闘中に射殺され、地元では英雄として讃えられた。劉の親族がその半生を元に小説『劉志丹』を執筆し、1962年に出版した。

 ところが、小説の中で、失脚した共産党幹部について取り上げたことを一部の高官らが問題視。「政治問題であり、処理すべき」と提起され、1962年9月に北京で開かれた共産党会議で議論されることになった。メディア担当だった習の責任も問われることになった。

 当時の様子を、習はこう振り返っている。

「私は会議に出席すると突然、劉志丹の親族と『結託』し、『反党小説』を出版したと批判された」

 会議では続けて、毛沢東が用意された紙を読み上げた。

「小説を利用して反党活動をするとは、一大発明である」

 習が再び権力闘争に敗れ、失脚することが決まった瞬間だった。

 前回の粛清時とは異なり、毛は習に救いの手を差し伸べなかった。習自身は小説の出版には直接かかわっていない。だが、習は政敵らの周到な計略によって陥れられた。すべての役職から外され、河南省の機械工場の副工場長に左遷となった。

 翌年の1966年、毛沢東が社会主義の復活を掲げて文化大革命を発動する。実態は大躍進運動の失敗で求心力を失った毛が、復権を狙った権力闘争だった。全国に10代の若者を中心とした紅衛兵を結成。「造反有理(上への造反には道理がある)」のスローガンを喧伝し、党幹部らを攻撃させた。

 その矛先は、習にも向けられた。翌1967年、紅衛兵によって河南省の工場から陝西省西安に連行された。「反党分子」と記されたプラカードを首からぶら下げられ、市中を引き回され、紅衛兵から暴行を受けた。1978年までの16年間、拘束され続け、うち8年間は独房生活を余儀なくされた。

「国家主席」に任期を設けた

 習が釈放されて名誉が回復されたのは1978年。毛沢東が死去した2年後だった。

 習は南部、広東省に赴任する。16年間の空白を埋めるように昼夜を問わず仕事をした。香港に隣接する深センに経済特区をつくり、税制上の優遇措置や規制緩和を認め、改革開放政策を推し進めた。

 北京に戻ると、1981年に中南海の事務を取り仕切る中央書記処書記となった。初仕事となったのが、憲法改正だった。

 文革の悲劇をもたらした毛沢東の独裁を繰り返さないため、各条文にあった「共産党による指導」という文言を削除。毛が務めた共産党主席を廃止し、国家主席に2期10年の任期を設けた。

 当時の党高官を父に持つ共産党関係者は、習による憲法改正について振り返る。

「これまでにない改革志向の画期的なものでした。少数派の意見にも耳を傾け、民主的な憲法づくりをしました。2度の粛清を受けた経験から、独裁体制を二度と繰り返してはいけないという強い信念があったのでしょう」

 こうして習の半生を振り返ると、政治改革に積極的で、少数民族を大切にし、言論の自由を尊んでいたことがわかる。

 ここで大きな疑問が湧いてくる。

 こうした「改革のDNA」は息子になぜ受け継がれなかったのだろうか。むしろ、父の功績を真っ向から否定するように習近平は反腐敗キャンペーンを展開して国内を締め付け、言論統制も強めている。ウイグル族やチベット族への弾圧を進めている。

 その決定打といえるのが、2018年の憲法改正だろう。

「中国共産党の指導は中国の特色ある社会主義の本質的な特徴」という条項を新たに盛り込んだうえ、国家主席の任期すら撤廃した。父が改正した内容をすべて打ち消したのだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
有岡大貴と松岡茉優
Hey! Say! JUMP有岡大貴&松岡茉優が結婚 匂わせなしの“ファンファースト”な交際の一方で「結婚は35才以降」説崩壊に動揺も
女性セブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン
日活映画は吉永小百合にとっても青春そのものだった
【吉永小百合・デビュー65周年】日活という学校で学び、青春映画の中で放たれた可憐なマドンナ 共演者・カメラマンが語るその輝き
週刊ポスト
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
紀子さま“体調不良報道”でも気丈な姿、単独公務先で「こちらにどうぞ」と気さくに声かける お元気そうな様子に同行していた記者たちは驚き
週刊ポスト
6月9日、鹿児島市内の認定こども園で、刃物のようなもので男児の首を切りつけて出血させたとして、殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者(21)
《鹿児島2歳児切りつけ》「見えたらいけないものが…」21歳の女性保育士が犯行前にSNSで意味深投稿 母校の高校関係者は「夢の実現目指して熱心に勉強を」
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
全国ライブ中の沢田研二
《ファンの声援にブチ切れ》沢田研二が「見てわからんか!」とステージ上で激怒し突っ込んだ「NGワード」
NEWSポストセブン
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン