毛沢東が絶賛

 米国との平和共存を模索していたフルシチョフは1959年9月15日、ソ連首脳として初めて訪米した。国連で演説をし、全面的な軍縮を訴えた。

 その2週間後、フルシチョフは北京を訪れて、毛沢東と会談。関係改善に向けて協議をしたが決裂した。その後、ソ連首脳の訪中は30年以上途絶えることとなる。

 ソ連から帰国したばかりの習にも疑義がかけられた。習家と付き合いがある共産党高官を親族に持つ関係者の証言。

「彭徳懐と関係が近かった習仲勲もソ連との関係を疑われた。『フルシチョフと会談した際に中国政府の公式文書を複製してソ連側に渡そうとした』というスパイ容疑で取り調べを受けたのです」

 翌1960年6月には、習が道筋をつけてソ連から招いた約1000人の技術者も引き揚げられ、技術提供も停止となった。

 習の人生は、ソ連訪問がきっかけとなり暗転することになる。

 そもそも習仲勲とはどのような人物なのだろうか。2013年に出版された『習仲勲伝』を参考に、その半生を振り返ってみよう。

 習は1913年、内陸部の陝西省の農村で生まれた。14歳で学生運動に参加したものの、逮捕された。獄中にいた1928年、共産党に入党する。陝西、甘粛両省を中心とした西北地区で、革命家で軍人の劉志丹らと国民党との内戦で功績をあげた。

 ところが1935年、共産党内の権力闘争に巻き込まれ、習は劉志丹らとともに拘束された。処刑される直前、共産党軍を率いて陝西入りした毛沢東がこの粛清のことを知り、中止を命じた。習らの功績を評価してのことだった。

 一命をとりとめた習はその後頭角を現わす。日本軍を破った後の1946年、32歳で共産党西北局トップの書記に最年少で就任した。新中国ができると、第一書記となった彭徳懐を支える第二書記として、西北地区の基盤をつくった。

 この地区はチベット族を含めた少数民族問題を抱えていた。習は少数民族に対して融和路線をとり、チベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマらとも積極的に対話をした。ダライ・ラマの側近で米国に亡命しているアジャ・リンポチェは言う。

「習仲勲氏は、私たちチベットの人々に対してとても融和的に接してくれました。習氏はダライ・ラマのことを『自分の人生で最も尊敬している人物』と評していたほどです」

 こうした融和策によって安定した政権運営をした習について、毛沢東は「諸葛孔明よりもすばらしい」と評価したほどだ。

 新中国成立後の1952年、毛は習を北京(当時の呼称は北平)に呼び寄せ、メディアを統括する共産党中央宣伝部長に抜擢した。西北から北平に向かう途中、妻の斉心は長男を妊娠していた。「北平に近づいた」ことから、長男に「近平」と名付けた。

 三国時代の天才軍師よりも優秀だと毛沢東から絶賛されていた習。粛清を受けながらも復活して、若くして出世の階段を駆け上がった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
大の里にとって思わぬ難敵?(左は河村たかし市長/時事通信フォト)
先場所Vの大の里、名古屋場所で苦しいスタート 関係者が同情する“河村たかし市長と相撲を取った力士は優勝できない”のジンクス
週刊ポスト
最初にペンライト文化を広めた西城秀樹さん
「ペンライト文化は韓国発祥」BTS事務所の主張で論争 専門家は「最初に広めたのは西城秀樹さん」、“ゴンドラ”“観客と同じ振り付け”も秀樹さんの功績
女性セブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
「1番新しい投稿に佳子さまが!!!!」宮内庁インスタグラムが佳子さまのお姿を初投稿にファン歓喜 “ワンショット”に期待の声も
NEWSポストセブン
“ジュノンボーイ”ファイナリストともに逮捕された佐野(時事通信フォト)
《サッカー日本代表が不同意性交容疑》佐野海舟と共に逮捕された“ジュノンボーイ”ファイナリスト・竹内迅人容疑者、落選で夢破れて芸能人養成スクールを辞めたばかりだった
NEWSポストセブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
性的暴行の疑いで逮捕された佐野海舟(インスタグラムより)
「面識のない女性を3対1で…」性的暴行で逮捕・佐野海舟容疑者「社会を知らない」と危惧していた父…直前に「プライベートも楽しむ」“意味深”投稿
NEWSポストセブン
吉川赳議員(時事通信フォト)
吉川赳・衆議院議員(42)、「18歳女子大生と4万円でパパ活飲酒」記事裁判で敗訴判決 請求はいずれも棄却
NEWSポストセブン
深沢の唯一のレギュラー番組は『噂の!東京マガジン』のみ
《本人を直撃》深沢邦之“ホテルデート”のお相手は元妻・田中美佐子の“20年来のファン女性”だった!ブログのコメント欄で深めていた“親密な関係”
NEWSポストセブン
元NHKアナウンサーの長谷川朋加アナ(インスタグラムより)
【スイカップ以来の衝撃】元NHKアナウンサー(33)「初ビキニ姿披露」で隠れ美スタイルが話題「かつて山形放送局で勤務」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
NEWSポストセブン