国内

【真夜中の六本木60年史・後編】バブル期の喧騒と再開発、アンダーグラウンドな一面も

東京23区でも格差は広がる(時事通信フォト)

人はなぜ、六本木に惹かれるのか…(時事通信フォト)

 夜、そこは妖しげに輝く繁華街に一変する。男女の欲望渦巻く「真夜中の六本木」。そこになぜ、人は吸い寄せられるのか──。テレビ朝日系ドラマ『六本木クラス』の舞台でもある六本木。財界の重鎮も、第一線の人気芸能人も、そしてお金のない若者も、誰もが取りつかれてしまう魔力の源に迫る。【前後編の後編。前編から読む】

 1980年代に日本がバブル経済に突入すると、六本木の大衆化が進んだ。

 1984年に宮殿ディスコ「マハラジャ」が麻布十番にオープンし、翌年には六本木にディスコ「エリア」が登場した。ツートップを抱く六本木エリアには、数十軒のディスコが立ち並んだ。

 当時、人気絶頂だったチェッカーズのメンバーや田原俊彦(61才)など遊び盛りの若い芸能人が集い、「ギロッポンでミーノーする」といったギョーカイ用語が流行した。一般のサラリーマンやOLも六本木交差点にある喫茶「アマンド」前で待ち合わせては、夜の街に繰り出した。

『六本木クラス』に出演する香川照之(56才)は、東京大学を卒業した1980年代後半から六本木のディスコに入り浸るようになった。遅めの六本木デビューを果たした香川はウェブサイト「ラクティブ六本木」のインタビューでこう語っている。

《あの頃はとにかく六本木に行こう、行かなきゃ始まらないみたいなところがありましたよね。渋谷ではまだ子供、というか(笑)。“六本木に行かないと二十歳(ハタチ)になってない”なんてイメージがあったくらい》

 1991年、芝浦に「ジュリアナ東京」、1994年には六本木に「ヴェルファーレ」がオープンして、喧騒は頂点に達する。

 ジュリアナで踊りまくり、「お立ち台の女王」として脚光を浴びた「荒木師匠」こと、荒木久美子さん(52才)がこう語る。

「芝浦には夜遅くまでやっている店がなかったので、ジュリアナの営業時間が終わってから女友達のアッシーくんに六本木まで送ってもらって、朝方までやっているディスコやカラオケ店に行っていました。金・土曜で週2回くらい、朝までオールでしたね」

 当時の六本木は、華やかで「粋」な大人が集まる社交場だったという。

「木・金・土曜は六本木交差点をタクシーで通りすぎるのに40分もかかる賑わいでした。遊んでいるのはおしゃれでカッコいい大人が多かった。たくさんお金を使う方がカッコいいとの風潮のなかで、“カネを使っているんだからお前らはおれにひれ伏すんだ”という人がいた一方で、若くても恩着せがましくせず、ご飯をごちそうしてくれる人がいました。

“経済的に豊かでない若者を自分たちが支えるのは当たり前じゃないか”というオジサマやオバサマもいっぱいいました。六本木にはそうした“粋”な人がたくさんいて、自分も背伸びして仲間入りしたいと思っていました」(荒木さん・以下同)

 当時、夜の街でスポーツ界や芸能界の面々と出くわすことも多かった。

「私が遊んでいたときにブイブイ言わせていたのは、サッカーの武田修宏さん(55才)や北澤豪くん(53才)、ラモス瑠偉さん(65才)たち。石田純一さん(68才)と長谷川理恵さん(48才)が遊んでいたクラブで同席したこともあります」

 荒木さん自身はお立ち台でノリノリのように見えて、結構冷静だったと振り返る。

関連記事

トピックス

スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
『GO HOME~警視庁身元不明人相談室~』(日本テレビ系)で主演を務める小芝風花(撮影/槇野翔太)
「27歳の今が踏ん張り時です」小芝風花が語った“役者キャリアの正念場”
NEWSポストセブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン
傷害と傷害致死で逮捕された野中千宙容疑者
《0歳児 暴行死》逮捕の26歳ママは夜に夫と二人きりで出かけ… 児相が保護、「赤ちゃんと暮らしたい」と引き取ったのに「殴って床に投げた」鬼母の所業
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
《中村芝翫の“ハシゴ不倫”》三田寛子が築いた“父親ファーストの家族像”「お父さんだけおかずが豪華で…」スキャンダル後に長男が見せていた“母への気遣い”
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業でレギュラーがなくなる名優の今後や“パートナー”が注目される
神田正輝、『旅サラダ』卒業でテレビ出演ゼロとなり“自由で穏やかな日々”へ パートナーとは同居せず“お互いの生活を尊重”
女性セブン
ニュージーランド戦を訪れた広瀬すず。日本は勝利
【バスケ界の“勝利の女神”】広瀬すずが日本代表戦を観戦 ドレスにバスケシューズのコーデで登場、選手と記念撮影も
女性セブン
伊藤英明の育メン姿が目撃された
伊藤英明、毎朝満員電車で愛娘と登園するイクメンの顔 ママチャリで疾走する姿も近所の評判、アメリカ移住で深まった家族の絆
女性セブン
新居を売却
《フジ、日テレの新居報道騒動が新展開》大谷翔平、ロスの「12億円豪邸」を売却の意向「もうあそこには住めない」と怒りの決断か
女性セブン
“ハシゴ不倫”の芝翫と妻・三田寛子
《三田寛子は達観》中村芝翫「家族揃っての親睦会」から「愛人の誕生日パーティー出席」の“ハシゴ不倫” 「周囲を警戒しながら、いそいそと邸宅へ…」
NEWSポストセブン
『朝だ!生です旅サラダ』を卒業する神田正輝(『下町ロケット』インスタグラムより)
《不測の事態に備える現場》神田正輝『旅サラダ』卒業の舞台裏「トーク中に突然倒れないか」番組サイドの“体調危惧”ともう1つの理由
NEWSポストセブン