ライフ

夏井いつきさんインタビュー【後編】「100年後に結論が出る」最終目標

夏井いつきさんの素顔に迫る

大人気の俳人、夏井いつきさんにロングインタビュー

 初代俳都松山大使で、現在放送中のMBS『プレバト!!』の劇的添削でも大人気の俳人、夏井いつきさん(65才)の女性セブン連載エッセイ『瓢簞から人生』が書籍化された。100年後を見つめる夏井さんの素顔に迫るロングインタビュー。【前後編の後編・前編から読む】

 * * *
 夏井さんの生家である家藤家は、明治44年に自営業として家串郵便局を開局。そこに交通事故で父親を亡くし、女学校を辞めた母が就職。母と結ばれた父は3代目の局長だった。昭和32年に長女伊月が、2年後に後の世界的チェリスト、ナサニエル・ローゼン夫人で俳人の次女、千津が誕生した。

 当時の実家はペパーミントグリーンの壁に、中庭を囲んだ2階建てと、明治44年の建物にしてはかなりモダンで、今では思い出の中にしかない空間を著者はこんなふうに描写する。〈局舎の扉を開くと、木造りのカウンター。正面に窓口が二つ、左手にもう一つ、切手や葉書を売る窓口。右端には、小さなスイングドアがあり、そこから上がり下りもできるようになっていた〉〈私たち姉妹は、折々当たり前のように局舎に出入りし、空いている机でお絵かきをして遊んだり、仕事をしている父の膝にのったりもしていたが、真っ黒で巨大な金庫は、子どもが近寄ってはいけないモノであった〉。

 また、2代目局長を引退する前から釣り三昧だった祖父の〈放蕩ジジイ〉ぶりも面白い。機械船と伝馬船を繰り、気ままに暮らす祖父に、著者は子供の頃、浜近くの〈知らない小母ちゃん〉の家に連れていかれ、縁側で1人、スイカを食べて過ごした生々しい記憶も。

〈私が大学生だった頃、母方の祖母が何かの話の流れで「いつきちゃんの名前も、お祖父さんのエエ人の名ぁをつけなはったらしいけん」とぽろっと呟いた。私は、あ! と思った。そういうことやったか、ジイサンと〉

「しかもエエ人は2人いたの。とんだジイサマでしょ。そしてダシにされた私はそれを、俳句に詠むと(笑)」

 その描写力は父の死に際してより鮮明になる。結果的に胃癌の判明から僅か3か月で逝った父に余命3年の診断が下ったのは、夏井さんが教師になった年の秋のこと。病名は隠し通すと決めた母と娘は、「年末年始は家で過ごせますね」という医師の言葉に素直に喜び、年越しに備えて父の好物〈鰊蕎麦セット〉を持ち帰ったりした。

 が、病状は3日で急変し、夏井さんは松山の病院まで3時間の道程を車で逆走することに。〈あの年、愛媛にも大雪が降った〉〈後部座席で、母の膝に頭をのせ横になっている父の熱は、どんどん上がっていった〉〈母が、きれいな雪があるところで車を止めて欲しいという。のろのろ運転の車列から抜け出し、畦道の近くに車を止めると、母は、蜜柑を入れていたビニール袋を摑み、雪の中に走り出た。畦道の誰も踏んでない雪をギュウギュウ固めてはビニール袋に詰め込む〉〈父の額に当てた雪は、あっという間に解ける。父の熱を冷ますため、私たちは何度も車を止め、何度も雪を取りに走った〉──。

関連キーワード

関連記事

トピックス

デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
海賊版サイト「漫画村」に無断掲載され、約19億円の損害賠償の対象となった漫画作品(時事通信フォト)
漫画の海賊版被害 深刻なダメージを受けているのは有名作品だけではない
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン