国内

【緊急アンケート】安倍晋三氏の後継者 1位・萩生田光一氏、2位・高市早苗氏

「安倍氏の後継者にふさわしい人物は誰か」というテーマで識者26人にアンケート(写真は萩生田光一氏/時事通信フォト)

「安倍氏の後継者にふさわしい人物は誰か」というテーマで識者26人にアンケート(写真は萩生田光一氏/時事通信フォト)

 永田町には、安倍晋三・元首相を失った喪失感がいまだ続いている。その大きな政治的役割を継ぐ後継者は現われるのか――安倍氏をよく知る識者たちが展望する。

“政界の最高実力者”の死は今なお自民党内を激しく動揺させている。最大派閥の安倍派では跡目争いが始まるどころか、当面、安倍氏が決めた執行部体制のまま運営していくことになった。

「『当面』というより『当分』集団指導制をとらざるを得ない。誰一人、現状では全体を仕切るだけの力もカリスマ性もない」

 最大派閥の迷走ぶりをそう看破した甘利明・前幹事長は同派から猛反発を浴び、8月3日召集の臨時国会で行なわれるはずだった甘利氏による安倍氏への追悼演説は“当分”延期となった。演説者選びに異論が出たから追悼演説そのものを延期するなど本末転倒も甚だしいが、岸田文雄・首相も麻生太郎・副総裁も事態を収拾することさえできない。

 まさに誰も何も決めることができない、政治権力にぽっかり空白が生まれている。今の政界に安倍氏の代わりにその空白を埋めることができる人物はいるのだろうか。

なかなか見当たらない

 かつての「安倍晋三総理大臣を求める民間人有志の会」発起人の1人で評論家の石平氏が語る。

「安倍さんの政治的実力を考えると、“安倍の前に安倍なし、安倍の後に安倍なし”で、後継たる人物はなかなか見当たりません」

 一方、安倍政治に批判的な元毎日新聞論説委員・松田喬和氏の指摘は手厳しい。

「追悼演説をめぐってすったもんだしているのは亡くなった方に対して失礼なことです。従来の自民党には、相手を尊重する、お互いに学び合うという姿勢が強くあった。尊重のバランスをどうとるか、落とすところにどう落としていくか。そうしたことを大事にしていた。

 ところが安倍氏の政治手法は野党などと折り合うことなく多数決で物事を決めていった。後継政治家の人材育成もしなかった。そうした度量のなさが、もともと自民党が持っていた幅の広さ、懐の深さをなくしてしまった。それが今回の追悼演説のゴタゴタにつながっている。安倍政治自体が、安倍後継を消してしまったのだと私には見えます」

関連記事

トピックス

安倍元首相(時事通信フォト)
安倍元首相国葬“出来レース入札”疑惑 加計学園問題と同じ構図だった
NEWSポストセブン
Twitterに投稿されている観客席やトイレなどに捨てられたゴミ
「RIZIN」花束投げ捨て騒動の裏に観客席でのゴミ散乱問題、会場関係者が明かした「本音」
NEWSポストセブン
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
特捜部の事情聴取を受けたという竹田前JOC会長(時事通信フォト)
五輪汚職、IOC裏工作疑惑が再燃 「元電通・元総理・旧皇族」の切っても切れない関係
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題 箝口令が敷かれなくても報じない大メディア、巨人との歪な関係
週刊ポスト
映画界に大きな衝撃を与え続けたゴダール監督
ゴダール監督が選んだ「安楽死」 本来必須の「4要件」の診断は満たされていたのか
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト