芸能

『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か

役者として急上昇中(時事通信フォト)

役者として急上昇中(時事通信フォト)

 有村架純と中村倫也のダブル主演でパラリーガルと弁護士の活躍を描く『石子と羽男』(TBS系、毎週金曜夜10時〜)。ドラマオタクのエッセイスト・小林久乃氏は、今をときめく若手実力派俳優二人の間にしれっと登場する、ドラマ出演歴の浅い“おじさん新人俳優”に注目しているという。小林氏が綴る。

 * * *
“バイプレイヤー”は作品にとって必要不可欠な存在だ。たったひとりでは、どんな作品も成立することはないが、うっかりすると主演者以上に、作品の話題をかっさらっていくことがある。視聴者としては、気になった“バイプレイヤー”が、少しずつ成長していく様子を目にするのも、楽しかったりする。

 そんな思いのもと、最近ドラマ出演者で気になるお笑い芸人がいる。おいでやす小田さんだ。ややしゃがれた声、絶妙なタイミングでの登場。地上波テレビドラマ4作品めの出演とは、思えない。なんだろう、あの堂々とした新人俳優のおじさんは。

主演ふたりの間にさり気なく、かつ印象強く

 小田さんが現在出演している連続ドラマは『石子と羽男—そんなコトで訴えます?—(以下『石子と羽男』)。弁護士・羽根岡佳男(中村倫也)と、パラリーガル・石田硝子(有村架純)によるリーガル・エンターテインメントだ。

 硝子の父親が営む弱小弁護士事務所に、弁護士として勤務することになった羽根岡。驚異的な記憶力を活かして司法試験に合格するものの、法曹界では理想の弁護士として活躍できていない。それよりもセルフブランディングに興味津々の、チャラ男系。羽根岡のサポートするのが、司法試験の受験回数(5回まで)のリミットが近づいている硝子。“クソ”とつけたくなるほど真面目である。

 このドラマ、この二人の小気味良い掛け合いが面白い……というのは演者の名前を聞いただけでもわかる。本作以外にも男女バディの法律ドラマは数多く放送されている。例えば2シーズン放送されていた『リーガル・ハイ』(フジテレビ系・2012年〜)。金のためならどんな弁護策もいとわない、負け知らずの弁護士・古美門研介(堺雅人)と、正義感にあふれたパラリーガル・黛真知子(新垣結衣)。この凸凹コンビも痛快だった。

 今回の石子と羽男もかなりの凸凹ぶりではあるけれど、毎回どこかで互いに自分の本音を見せるシーンがある。「あれ、このふたりひょっとして……」と、いやらしい想像をしそうに。で、この二人の間に好タイミングで入って、邪魔をしてくるのが、おいでやす小田さん演じる塩崎啓介なのだ。

関連記事

トピックス

2019年、ゴールデングラブ賞を受賞した日本ハムの西川遥輝選手(時事通信フォト)
イケメンで人気の楽天・西川遥輝選手、日ハム時代に結婚していたけど発表しない理由
NEWSポストセブン
木本は沈痛
TKO木本武宏がアルバイトしながら債権回収に奔走する一方、不動産投資話の首謀者が行方不明に
女性セブン
厳戒態勢の中でもしめやかに(撮影/JMPA)
安倍元首相の国葬、厳戒態勢の中でもしめやかに 佳子さま、岸田首相ほか悼む人々
女性セブン
昭恵夫人(写真/JMPA)
誤算続きの安倍氏国葬 4割が招待辞退、国会議員6割欠席、費用はエリザベス女王国葬以上
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
小室佳代さんのトラブルは眞子さんに影響するか
小室佳代さん、元恋人に1600万円返金要求のトラブル “眞子さんの後ろ盾”の影響は
女性セブン
神戸山口組の井上邦雄組長(時事通信フォト)
劣勢の神戸山口組、かつて決別した組織との“反六代目”三派同盟を画策
週刊ポスト
3年夏の決勝に敗れた後、対戦相手の秀岳館・川端健斗選手(右)と記念撮影。2人は一緒に花火大会に行く仲(写真提供/川端健斗)
ヤクルト・村上宗隆を深く知る3人の証言 「プロ入り前夜」と「新人時代の頑固さ」
週刊ポスト
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン