芸能

【全6局「人気女子アナ」同窓会#4】先輩から見た水卜麻美アナ、弘中綾香アナの評価

自身の入局当時と今の現場の違いを語る元日本テレビ・馬場典子アナ

自身の入局当時と今の現場の違いを語る元日テレ馬場典子アナ。座談会時

 在京の民放キー局とNHKからOGが集結し、大同窓会を開催。NHK・内藤裕子アナ(1999年入局)、日本テレビ・馬場典子アナ(1997年入局)、テレビ朝日・石井希和アナ(2000年入局)、TBS・竹内香苗アナ(2001年入局)、テレビ東京・亀井京子アナ(2005年入局)、フジテレビ・中村仁美アナ(2002年入局)の6人が集まった。テレビで言えなかった知られざるエピソードをノンストップで語り尽くす。【全4回の第4回。第1回から読む】

 * * *
中村:ところで、今のアナウンサーの顔と声って一致しますか?

一同:うーん……(あまりわからない模様)。

馬場:最近は声だけ聞いてもわからない人が増えて、ちょっと寂しさを感じています。

内藤:そうですか~、私は声だけで大体分かります。NHKは全国にアナウンサーがいるので、流れてくる声で「○○アナウンサー、いまこの地域で頑張っているんだな」と懐かしさを感じます。女性アナウンサーも増えて、ママになって復帰する方も多いですね。

馬場:ミトちゃん(水卜麻美アナ)は実力だけでなくキャラクター的にも「ザ・日テレ」という感じがします。「好きな女子アナ」殿堂入りは本当にすごい。

石井:私は採用試験官として当時大学3年生の弘中綾香アナを見ていたのですが、毒舌キャラやフリートークでここまで活躍するとは思いませんでした。「ニュースを読まなくてもいい」立ち位置をテレ朝で初めて得たアナウンサーかもしれないですね。今のアナウンサーは踊ったりネットの企画でダイエットをしたり、アナウンス以外の仕事が多くて大変だろうと思います。

竹内:当たり前のようにツイッターやインスタグラムもやっていて、ユーチューブまでこなしている。みんなすごいなぁと思いながら見ています。

中村:フジテレビは今はタレントさんを使う番組が多くてアナウンサーの出番が減って可哀想だなあとは思います。昔はお試しで深夜番組とか、そういう機会がいっぱいあって、レギュラーはなくても場数を踏む仕事が多くて忙しいみたいなことがあったんですけどね。

馬場:日テレは新人の経験の場は今の方が多いかもしれない。

中村:フジテレビは今、すごく調子悪いですからね。新しい人でチャレンジ、というケースが少ないと感じます。

石井:局自体が番組作りに忙しくて、よほどアナウンサーが好きでアナウンサーを発掘しようという時間と労力を割いている人以外は、知ってる人を使いたくなる傾向があるかもしれませんね。

馬場:私の時代の日テレは社内向けに「こちらアナウンス部」という冊子を作って制作部に向けて広報していましたよ。

中村:うちも会社のエレベーター内のモニターに「こんな新人が入りましたよ」という映像を作って流していました。

 でも私、今後のフジテレビには期待しているんです。今年6月に“バラエティの顔”と慕われていた港浩一さんが社長に就任されて社内は沸いてるんです。良かった時期のフジテレビに戻るんじゃないかって。皆さんも今の自局に対し期待することありますか?

関連記事

トピックス

安倍元首相(時事通信フォト)
安倍元首相国葬“出来レース入札”疑惑 加計学園問題と同じ構図だった
NEWSポストセブン
Twitterに投稿されている観客席やトイレなどに捨てられたゴミ
「RIZIN」花束投げ捨て騒動の裏に観客席でのゴミ散乱問題、会場関係者が明かした「本音」
NEWSポストセブン
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
特捜部の事情聴取を受けたという竹田前JOC会長(時事通信フォト)
五輪汚職、IOC裏工作疑惑が再燃 「元電通・元総理・旧皇族」の切っても切れない関係
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題 箝口令が敷かれなくても報じない大メディア、巨人との歪な関係
週刊ポスト
映画界に大きな衝撃を与え続けたゴダール監督
ゴダール監督が選んだ「安楽死」 本来必須の「4要件」の診断は満たされていたのか
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト