国内

小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い

帰国することとなるのか…

小室さんは帰国することとなるのか…それを眞子さんは望んでいないという

 小室眞子さんがようやく手にしたふたりきりのニューヨーク生活がいま、瀬戸際を迎えている。なかなか司法試験に合格しない小室圭さんに、眞子さんの意に反した“帰国する未来”が持ち上がっているという。夫婦の間のすれ違いの原因は──。

 新型コロナウイルス感染拡大の第7波の渦中に訪れた、行動制限のないお盆休みに、各地の駅や空港は久しぶりの帰省をする人で混雑した。しかし、昨秋結婚したばかりの若い夫婦は、結婚後初めて迎えた夏休みにも、“里帰り”の気配は見せなかった。小室圭さんと眞子さん夫婦は、遠く米ニューヨークでお盆を迎えた。

「眞子さんには一時的にも帰国の意思はないようです。秋篠宮ご夫妻とは“没交渉”で、佳子さまとだけ連絡をとっている。秋篠宮ご夫妻は、ニューヨークにある日本総領事館を通じて、やっと眞子さんの暮らしぶりを把握できるといった状態だそうです」(宮内庁関係者)

 娘との雪解けを待ち続けられるご夫妻と比べると、眞子さんは頑なに見える。しかし、帰国を拒絶するその頑なさがいま、小室さんとの間にすきま風を吹かせようとしている。

 小室さんは7月下旬、3度目となるニューヨーク州の司法試験にチャレンジした。おなじみの「ちょんまげヘア」に、大胆にも第2ボタンまで外したシャツ、短パンにスニーカーというカジュアルな出で立ちからは余裕も感じられたが、7月試験の2回目以降の受験者の合格率は約18%。ハードルは高い。もし今回も不合格となった場合、さすがに座右の銘でも「レット・イット・ビー(なるようになる)」と悠長なことは言っていられないだろう。

「3回目も不合格となれば、現在勤務する弁護士事務所から解雇される可能性も出てくる。職を失えば、当然アメリカに滞在し続けることはできません。にもかかわらず、ミシュラン星付きの高級レストランでの食事の様子が報じられるなど、3回目試験に向けても小室さんからは『絶対合格』の必死さは伝わってこなかった。どうやら小室さんは“ダメでも戻る場所がある”という考えを持っているようなのです。それは、かつて勤務していた日本の法律事務所です」(別の宮内庁関係者)

 小室さんは眞子さんとの婚約内定当時(2017年)、都内にある法律事務所にパラリーガル(法律事務員)として勤務していた。その後小室さんの母・佳代さんの金銭トラブルが発覚して結婚が暗礁に乗り上げた小室さんは、事務所を退職し、ニューヨークのフォーダム大学に留学した。小室さんにとってこの法律事務所は“前の職場”以上の存在だった。

「留学中の小室さんに対し、事務所は経済的な支援を続けていました。その額は月20万円だったとされています。3年間の留学で700万円以上です。小室さんにとって心強い支援だったことは明白でしょう」(皇室記者)

 事務所関係者が続ける。

「支援にあたって、細かい返済計画などは決まっていなかったと聞いています。当時、皇族のフィアンセだった小室さんへの支援は、長い目で見たときに事務所にとっての“広告宣伝費”のようなものでした。留学を終えたことで経済的な援助は終わりましたが、その後も小室さん側に返済を求めたりはしていないはずです」

関連記事

トピックス

2019年、ゴールデングラブ賞を受賞した日本ハムの西川遥輝選手(時事通信フォト)
イケメンで人気の楽天・西川遥輝選手、日ハム時代に結婚していたけど発表しない理由
NEWSポストセブン
木本は沈痛
TKO木本武宏がアルバイトしながら債権回収に奔走する一方、不動産投資話の首謀者が行方不明に
女性セブン
厳戒態勢の中でもしめやかに(撮影/JMPA)
安倍元首相の国葬、厳戒態勢の中でもしめやかに 佳子さま、岸田首相ほか悼む人々
女性セブン
昭恵夫人(写真/JMPA)
誤算続きの安倍氏国葬 4割が招待辞退、国会議員6割欠席、費用はエリザベス女王国葬以上
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
小室佳代さんのトラブルは眞子さんに影響するか
小室佳代さん、元恋人に1600万円返金要求のトラブル “眞子さんの後ろ盾”の影響は
女性セブン
神戸山口組の井上邦雄組長(時事通信フォト)
劣勢の神戸山口組、かつて決別した組織との“反六代目”三派同盟を画策
週刊ポスト
3年夏の決勝に敗れた後、対戦相手の秀岳館・川端健斗選手(右)と記念撮影。2人は一緒に花火大会に行く仲(写真提供/川端健斗)
ヤクルト・村上宗隆を深く知る3人の証言 「プロ入り前夜」と「新人時代の頑固さ」
週刊ポスト
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン