坂口に上腕部を噛みつかれた跡

坂口に上腕部を噛みつかれた跡

「僕と杏里は似た者同士なんです。杏里もいろんな人に迷惑をかけてきたし、僕も同じ。FtM(Female to Male)、“おなべ”として生きてきた中で、父親や家族に対していろんな心配や迷惑をかけてきた。お互いもちろん状況は違うけど、人に迷惑をかけながら自分の境遇に傷ついてきた僕らは本当に似てると思う。

 僕はバツイチなのですが、以前の離婚の時は終わらせたい一心でしたけど、今回は終わらせたいなんて微塵も感じない。むしろ杏里と生涯添い遂げて死んでいきたいとすら思うほどです。まだまだ未来を信じて歩んでいきたいと思えているんです」

精神科にも「うん、ちゃんと行く」

 進一さんは8月19日、「杏里には一度、精神科なり医療的な処置を受けてほしい」と話していた。復縁に向けて診療を受けるのか尋ねると、進一さんは涙で声を震わせた。

「その話も22日にしました。『杏里が暴れたりしてしまうのはやはり問題だと思う、僕は病院に行ったほうがいいと思う』と話をしたら、『うん、ちゃんと行く』と。杏里がここまで素直に僕の言うことを受け入れたことはありませんでした。ようやくわかってくれたんだと涙が出るほど嬉しくて……だめだ、今思い出しても、泣けてくる(涙を流す)。

 離婚だ離婚だと言いながら、僕は杏里の病院のこともずっと調べていて、何件か当てはあるんです。だからそのどこかに行こうかとふたりで話しています」

 別居状態も解消し、今後もともに歩んでいくことに決めたというふたり。今回の騒動の反省を活かし、「今後はSNSにも個人的な感情について発信することはやめようと杏里とも話をしました」という。

「取材についても今後は受けないことにして、とりあえずは二人の穏やかな暮らしを立て直していこうと思っています。僕はとにかくこのまま頑張って仕事を続けて稼ぎを増やして、今は雇われオーナーの身ですが、いずれはオーナーとして店を持ちたい」

関連キーワード

関連記事

トピックス

草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン