芸能

高田文夫氏 落語ドラマの名作『タイガー&ドラゴン』に至るまでのオレの噺をきけ!

『タイガー&ドラゴン』にまつわる話

『タイガー&ドラゴン』にまつわる噺(イラスト/佐野文二郎)

 放送作家、タレント、演芸評論家、そして立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、落語にとって冬の時代だった1980年代から、2005年のドラマ『タイガー&ドラゴン』が生まれるまでを綴る。

 * * *
 創業150周年という老舗・明治座で3日間、私の企画プロデュースで日替り公演。連日の大入りは有難い限り。中には前売り即完売の「私と爆笑問題、サンドウィッチマン、ナイツ」という東京の笑芸マニアには夢にまでみたマッチメイクまで実現。

 さまざまな企画もあったのですが感動的だったのは「文夫の部屋」でお招きしたゲスト宮藤官九郎、横山剣との3人トーク。勘のいい人、芸能IQの高い人はすぐにお分かりでしょう。そう、2005年のドラマ『タイガー&ドラゴン』です。ここに至るまでには長い過去の話がありまして……まさに“オレの話(噺)をきけ”であります。

 1980年に「漫才ブーム」が吹き荒れます。私はその前から親しくしていたビートたけしと『オールナイトニッポン』をスタートさせ『オレたちひょうきん族』も一緒にやりました。そうすると昔からあった演芸の王者「落語」の影が薄くなります。これはまずいとフジテレビの横澤、佐藤両氏と深夜若者向けに『らくごin六本木』を始めます。私は構成とついでに司会。5年以上やりましたが大して話題にもならず……しかし、この番組から小遊三、米助が少し脚光を浴びます。

 そんなさなか立川談志が師匠小さんとケンカして落語協会を飛び出します。マスコミはここぞとばかり談志を叩きました。弱っているときいていたので、すぐさま私は駆けつけ、たけしと共に弟子入り。一気にマスコミは談志サイドに。

 私は作家をやりながらこの時代、キチンと噺を稽古し現代的なギャグを放り込んだ古典落語を量産し、あの紀伊國屋ホールで10年間独演会。速記本からCDからもの凄い売れた立川藤志楼です。漫才ブームの1980年代「落語」で話題になったのは、36人抜き真打の小朝と新作の革命、円丈。そして私の3人だけです。

 この3人をみて落語界に入ってくるのが、のちの昇太、志らく、談春らです。草木も生えなかった1990年代2000年代。私は才気あふれる売り出し中の作家・宮藤官九郎に「3日間、劇場はいい所押えるから志の輔、昇太、志らくに新作を書いてくれないか」と頭を下げました。若き才能は若き演者と手を組むべきと考えたのです。

 1年後「これでいいですか」と企画書を持ってきます。『タイガー&ドラゴン』。クドカン曰く「噺家が落語やるより、ジャニーズが落語をやった方が話題になりますよ」。

 文句なし。曲も横山剣の『タイガー&ドラゴン』。この日から寄席に客がもどってきた。

※週刊ポスト2022年9月16・23日号

関連記事

トピックス

銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
三田寛子が意味深投稿(公式インスタグラムより)
《中村芝翫が2年ぶり4度目の不倫》報道当日に妻・三田寛子が〈悪意の嘘〉とインスタグラムに意味深投稿
週刊ポスト
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
女性セブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
小保方晴子さんが
《STAP細胞騒動から10年》小保方晴子さんが「極秘結婚」 お相手は有名企業勤務の “敏腕科学者”
女性セブン
「株式会社嵐」を設立したメンバー(2019年11月撮影)
「株式会社嵐」社長就任の“敏腕弁護士”が明かした設立経緯と今後の展望「5人の意思表明として会社を作った」「メンバーがSTARTO社と話すにあたってサポート」
NEWSポストセブン
Ayase(右)にとって、音楽の入り口はEXILEだったという(写真はAyaseのインスタグラムより)
ホワイトハウスに招かれたYOASOBI・Ayase「高校中退」「大病」「何年も続いた極貧生活」からの“逆転人生”
女性セブン
司忍・六代目山口組組長(
時事通信フォト)
【山口組と能登半島地震】「48時間以内に現地入り」「300人前の豚汁、うどんの炊き出し」テレビ・新聞では報じられない「ヤクザとボランティア」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
NEWSポストセブン