スポーツ

巨人OB・広岡達朗氏が苦言「10勝もできない菅野のどこがエースだ」

現在9勝と苦戦している巨人のエース・菅野智之

現在9勝と苦戦している巨人のエース・菅野智之

 プロ野球のペナントレースは佳境を迎えているが、セ・リーグでは原辰徳監督(64)率いる巨人が“瀬戸際”に立たされている。首位ヤクルト、それを追うDeNAから大きく引き離され、辛うじてクライマックスシリーズ(CS)圏内の3位を阪神、広島と争う展開に。このピリッとしない状況に、超大物OBから厳しい言葉が向けられた。

「今の巨人では人間とは何かという教育がまるでゼロ。あるべき姿をまったく教育していない」

 そう語るのは、巨人の名遊撃手として活躍し、監督としてヤクルト、西武を率いて4度のリーグ制覇、3度の日本一に輝いた広岡達朗氏(90)だ。

「昔の選手は巨人に憧れて入団した。そして“球界の盟主”と呼ばれ注目を浴びる巨人の選手である以上は、野球界すべての手本にならないといけないという信念があった。それが今はなんですか、ユニフォームすらちゃんと着られず、帽子もズラしてかぶる。情けないですよ」

 9月19日には巨人のエース・菅野智之がDeNA戦で、7回1失点の好投を見せ、9勝目を挙げた。翌日のスポーツ紙は各紙がエースの活躍を大々的に報じたが、広岡氏は「10勝もできていない菅野はエースなどとは呼べない」と手厳しい。

「最近の投手は5回で勝利投手の権利を得るとすぐに降板する。人間が堕落するような制度になっているから巨人の選手は太っている。みんな“二重あご”だよ。10勝もできない菅野がエースだと言うが、私が入団した年に倉敷工から安原(達佳)が1年目から3勝して、“こうすればもっと勝てます”と主張したら、“1年坊主がなにを言っている。3年間で20勝したら話を聞いてやる”と言われた。それで、2年目に12勝、3年目に15勝を挙げて実力が認められた。それが昔の巨人の姿だったんです」

 またチームが苦境に立たされた状況にあって、いまの巨人の選手やベンチの雰囲気には“緩み”を感じるという。

「いまの巨人は丸(佳浩)がホームランを打つと、監督がベンチで“マルポーズ”で出迎える。そんなことを川上(哲治)さんや水原(茂)さんがやったか。球団は丸を広島からFAで獲得した時に5年契約で総額25億円も払っている。それが打率2割7分で笑っていちゃダメだろう。私は今でも巨人で学んだ野球が間違っていないと思っている。いい勉強をさせてもらった。そいうOBからすると、今の巨人には反吐が出るよ」

 CSからの“下克上”を目指すという巨人。菅野は次の登板で節目となる10勝目を狙うこととなる。大物OBからの愛のある苦言は彼らの胸にどう響くのか――。

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
イノシシと格闘した秦野市役所の岩田雅弘氏
凶暴イノシシと戦った秦野市役所・課長代理が激白 「槍」で突いて駆除するまで
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン