芸能

松田聖子が紅白に出たら聴きたい歌は? 評論家らが選んだ珠玉の4曲

松田聖子のどの曲が聞きたい?

松田聖子のどの曲が聞きたい?

 中森明菜が活動再開に向け動き出し、松田聖子も苦難を乗り越えステージに立ち続けている。昭和を代表する2人のアイドルが、年末の紅白で揃って歌声を届けてくれるかもしれない──。“永遠のアイドル”松田聖子を見つめ続けた4人が「紅白で聴きたい名曲」を選んだ。

評論家・中川右介氏『櫻の園』

ヒット曲も多い松田聖子

ヒット曲も多い松田聖子

「長引くコロナ禍など暗い世の中を癒やすという意味なら『瑠璃色の地球』ですが、今回は『櫻の園』を聴きたい。『SWEET MEMORIES』を作曲した大村雅朗の遺作です。若くして亡くなった大村が遺していた曲に、盟友・松本隆が聖子の曲にしようと作詞したもので、いわば鎮魂歌です。

 その歌詞は、昨年亡くなった愛娘の沙也加さんだけでなく、コロナや水害、震災などで落とした命を悼むレクイエムとして多くの人々の涙を誘うはずです」

【プロフィール】
中川右介(なかがわ・ゆうすけ)/1960年生まれ、東京都出身。2014年まで出版社「アルファベータ」代表取締役を務める。『松田聖子と中森明菜── 一九八〇年代の革命』(朝日文庫)など著書多数。

音楽プロデューサー・若松宗雄氏『赤いスイートピー』

デビュー当時のキャッチフレーズは「抱きしめたい ミス・ソニー」

デビュー当時のキャッチフレーズは「抱きしめたい ミス・ソニー」

「大人になると、純粋な気持ちを忘れてしまいます。社会で生きるノウハウを覚えれば覚えるほど、澄んだ心は消えていく。すると、感動も薄れていく。『赤いスイートピー』は限りなく純粋な気持ちに戻れる歌なので、今の時代に歌ってほしい。

 制作時は春の清々しい季節感を出しつつ、淡い恋心を表現したいと考え、最初にタイトルをつけました。松本隆さんの詞、ユーミンの曲に聖子の個性が同化して素晴らしい歌になった。聖子も自分に素直になれて心が救われる曲だと思う。霧を晴らすような天性の歌声を紅白で聴きたいですね」

【プロフィール】
若松宗雄(わかまつ・むねお)/1940年生まれ、福島県出身。CBS・ソニーのディレクターとして松田聖子を発掘し、数々のヒット曲を生み出した。近著に『松田聖子の誕生』(新潮新書)。

関連キーワード

関連記事

トピックス

女優・倉科カナの笑顔に周囲もメロメロ
倉科カナ、撮り直しでも笑顔絶やさぬロケ現場 周囲をメロメロにする“カノーラ”の魅力
週刊ポスト
妻・真野恵里菜がカタール現地で熱烈応援も 柴崎岳は出場なしで終わってしまうのか
妻・真野恵里菜がカタール現地で熱烈応援も 柴崎岳は出場なしで終わってしまうのか
NEWSポストセブン
今オフは積極的に動くことを明言していたが……(写真/共同通信社)
原巨人は素材の宝庫 伸び悩む岸田行倫、松原聖弥に他球団から「トレードで欲しい」の声
NEWSポストセブン
イケメンとしても有名だった丸山容疑者
【妻殺害容疑の長野県議】地元では以前から「逮捕Xデーはいつか」と話題になっていた
NEWSポストセブン
昨年は男女若手アナウンサーのカレンダーを発売していた
毎年恒例「女子アナカレンダー」 TBSだけ「2023年版は制作しない」ことになった理由
NEWSポストセブン
「奴隷会員」向けの裏アカ
《違法動画を販売》容疑者が築いた裏アカ“奴隷会員”の集金実態と「売上金1600万円」の意外な使い道
NEWSポストセブン
イケメンとしても有名だった丸山容疑者
《妻殺害容疑の長野県議》20年来の友人が語った実際の“夫婦関係”と「冗談好きの笑亀マン」の素顔
NEWSポストセブン
照強
九州場所で照強が15戦全敗 31年前の「前例」に実況アナ、北の富士、舞の海が触れなかったワケ
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
村上宗隆の母校・九州学院で…
《証拠写真入手》村上宗隆の母校・九州学院、甲子園出場メンバーの飲酒を公表せず国体出場
週刊ポスト