芸能

個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ

神田正輝が引退となるのか──その思いを存分に語った

神田正輝はせりふを覚えるのに苦労していたという

 昭和の大スター石原裕次郎が創業し、その後は渡哲也が継いだ芸能事務所「石原プロモーション」が昨年、58年の歴史に幕を下ろした。それから1年半、1976年のデビューから解散まで石原プロに所属した神田正輝(71才)が、ある決断に踏み切ったことで、周囲がザワついて──。

 芸能関係者の間に衝撃が走ったのは、今年7月のことだ。

「官報に神田正輝さんの個人事務所が、6月30日をもって解散したという公告が掲載されたのです。関係者の間では、“神田さんが芸能界を引退するのでは”という噂が駆け巡りました」(芸能関係者)

 芸能界に関心を持たなかった青年が、運命的な出会いを果たしたのは、いまから約50年前。神田が23才のときのことである。神田はプロ級だったスキーの特技を生かし、日本大学芸術学部卒業後、スキー用具メーカーの新製品を山でテストするアルバイトを続けていた。そんななか、ある日ふと訪れたレストランで出会ったのが、石原裕次郎さん(享年52)だったという。

「裕次郎さんに『ドラマに出てみないか』とスカウトされ、軽いノリで石原プロモーションに入社したそうです。その後、1980年の『太陽にほえろ!』(日本テレビ系)のドック役でブレークし、1986年の最終話まで出演を続けました。1985年の松田聖子さん(60才)との結婚も“聖輝の結婚”として世間を驚かせました」(テレビ局関係者)

 以来、神田は50年近くにわたって石原プロ一筋で芸能生活を送ってきた。その石原プロが昨年1月、芸能マネジメント部門の業務を終了し、事実上の解散。石原軍団のメンバーはそれぞれ別々の道を歩むことになった。

 神田とともに長年石原プロを支えた舘ひろし(72才)は、2021年4月に新事務所「舘プロ」を設立。会見では「裕次郎さん、渡哲也さん(享年78)の夢だった映画作りの灯を引き継いでいきたい」と抱負を語った。また、「21世紀の裕次郎」として売り出された徳重聡(44才)はホリ・エージェンシーに移籍している。そんななか、ほかの事務所に移籍することなく、ひとり去就を明らかにしてこなかったのが神田だった。

「芸能人は税金対策のために所属事務所とは別に個人事務所を作る人が多いのですが、神田さんも40年近く個人事務所を持っていた。その事務所を閉じたということは、芸能界を引退するということではないか……と噂が広がったのです」(前出・芸能関係者)

 ここ数年、神田が受ける仕事を制限してきたことも、「引退」の噂を加速させた。

「近年、関係者には、“台本を覚えるのに苦労していて、せりふが覚えられないから、もう俳優はやらない”とこぼしていました。俳優として出演したのは2018年のドラマ『下町ロケット』(TBS系)が最後で、その後のオファーはすべて断っているようです。いまの仕事は1993年から続けている情報番組『朝だ!生です旅サラダ』(テレビ朝日系)のMCだけなんです」(前出・テレビ局関係者)

関連記事

トピックス

今後の作品にも期待が高まる(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さまの溢れる文才 小学校の卒業文集と中学1年で書かれた短編小説を全文掲載
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
2021年9月、夜の新宿区立大久保公園周辺。客を待っていた女性と付き添う私服捜査員(時事通信フォト)
街歩き動画が人気だが、一部の過激な配信者に追い詰められる人たちもいる
NEWSポストセブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン