「石原プロで受けたものは、ちゃんと始末しようと思っています」とも語った

「石原プロで受けたものは、ちゃんと始末しようと思っています」とも語った

 俳優を続けられないという苦悩のなか、さらに大きなショックが神田を襲った。昨年12月18日、聖子との間に生まれた長女・神田沙也加さん(享年35)が、滞在先の北海道・札幌のホテルで転落死したのだ。

「神田さんと沙也加さんが一緒に暮らしたのは、神田さんと聖子さんが離婚した1997年までで、沙也加さんは当時10才でした。しかし、その後、聖子さんが別の男性と再婚と離婚を繰り返したこともあり、沙也加さんは継父と深い関係を築くこともなく、父親と呼べるのは神田さんだけでした。

 プライベートでもよく一緒に食事に出かけていました。沙也加さんがライブや舞台に出演するときは、神田さんは忙しい合間をぬって見に行っていましたし、2017年に開かれた沙也加さんの結婚式では、新婦の父として一緒にバージンロードを歩きました」(神田の知人)

 沙也加さんが2018年に出版した著書『Saya Little Player』(マガジンハウス)に、神田はこんな直筆メッセージを寄せている。

《パパが何処に居ても 見えなくても 沙也加を愛しているよ》

「お互いの誕生日には電話を欠かさず、沙也加さんは亡くなる数時間前にも、数日後に控えた神田さんの誕生日を祝う電話をしていたんです」(前出・神田の知人)

 愛してやまない娘との突然の別れによって、神田がどれほど深い心の傷を負ったのか。昨年12月21日、聖子とともに沙也加さんの密葬をすませた神田は、火葬場で異例の会見を行った。泣き崩れる聖子に胸を貸しながら、神田はただじっと悲しみに耐えた。その会見の4日後、神田は年内最後の放送となる『朝だ!生です旅サラダ』に生出演した。

「番組終了後、神田さんを気遣って誰も言葉を出すことができず、スタジオ内は静まりかえっていました。すると神田さんが『どうしたの。まだ何かあるの』と自分からツッコミを入れたんです。そして『おれは大丈夫。来年も頑張ろうね』とほかの出演者らに声をかけた。

 みんな神田さんにつられて笑顔になりましたが、泣きたいほど苦しかったのは神田さんのはず……。責任感が強い人で弱みは見せたことがない。でも、ここ最近は個人事務所の整理を含め、“終活”を始めたという話も聞いていました」(別のテレビ局関係者)

 やはり、店じまいというわけか──10月上旬、都内の自宅から出てきた神田に個人事務所の閉鎖について尋ねると、穏やかな口調でこう答えた。

──個人事務所閉鎖の理由は?

「石原プロモーションも6月に閉めた(登記上は今年6月に閉鎖)ので、それと一緒に閉めました。ぼくは石原プロオンリーですから」

──神田さんが引退するのでは、という声もあります。

「アッハッハ(笑い)そういうことではなく。常に石原プロに準じてね」

──『旅サラダ』は今年30周年を迎えた。その区切りで神田さんが卒業するのではないかといわれています。

「いまのところそれは(ありません)。石原プロで受けたものは、ちゃんと始末しようと思っています」

関連記事

トピックス

デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
鮎川さんと陽子さん。談笑するふたり(2022年5月撮影)
「シーナ&ザ・ロケッツ」鮎川誠さん、最後のバースデーライブで見せていた元パリコレモデル娘との“ひととき”
NEWSポストセブン
頻繁な社長交代が経営にどう影響するか(フジテレビ本社)
《速報》伝説の番組『オールナイトフジ』が4月から32年ぶり復活へ 司会に内定した「売れっ子芸人」の名前
NEWSポストセブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン