芸能

百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”

三浦貴大は週末、恋人と過ごす

三浦貴大は週末、恋人と過ごす(写真は10月初旬)

 仕事も結婚も、それぞれのペースでしか進まないと理解していても、わが子のこととなれば心配を募らせるのが親心。百恵さんの気持ちをよそに、気ままな暮らしを送っていたはずの次男坊は──。

 うだるような暑さが戻った10月初旬の週末、都内の閑静な住宅街を夜風を浴びながら手をつないで歩くカップルの姿があった。ふたりともトーンを合わせた黒のTシャツ姿で“恋人つなぎ”をする手を前後に大きく揺らし、時折顔を見合わせて、お互いにほほえみかけている。

 車が近づくと、男性は女性の腰にさりげなく手を回し、車道側から白線の内側にくるよう体を引き寄せる。紳士的なエスコートを見せていたのは、俳優の三浦貴大(36才)だった──。

 10月24日スタートのドラマ『エルピス―希望、あるいは災い―』(フジテレビ系)は、長澤まさみ(35才)演じる主人公のアナウンサーが、連続殺人事件の真相を追う骨太なドラマだ。貴大は物語の鍵を握る、長澤と同期の報道記者を演じる。

 三浦友和(70才)と山口百恵さん(63才)の次男として生まれた貴大は、大学卒業を目前に控えた頃、俳優の道を志した。デビュー作は2010年公開の映画『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』。主人公との交流を通して人間的に成長していく鉄道会社の新入社員を演じ、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した。

「10代の頃は、“百恵さんと友和さんの息子”として注目されることに抵抗があったようです。芸能界入りした後も、『二世俳優』と言われることは避けられなかった。ただあるときから、“七光りでも光っていないよりはマシ”という心境に至ったようで、いまはインタビューなどで両親の話題に触れることにも抵抗がないようです」(芸能関係者)

 百恵さんにとって、今年はうれしいニュースが舞い込んだ。3月、長男でシンガーソングライターの三浦祐太朗(38才)と、妻で声優の牧野由依(36才)の間に長女が誕生した。

「待望の初孫の誕生に、百恵さんと友和さんは大喜びでした。特に百恵さんは本人たちには言わないものの、内心では女の子を待ち望んでいたので、喜びもひとしおだったようです。お孫さんが誕生する前からキルトを縫いすすめ、おくるみをプレゼントしました」(三浦家の知人)

 初孫のお宮参りにも同行するなど、長男が着々と幸せな家庭を築いていることに百恵さんも目を細めているという。

ふたりともお酒好きでグルメ

 一方で頭を抱えているのが、貴大のことだという。

「バイプレーヤーとしてのオファーは途切れないものの、デビュー当時の期待の大きさからすると、いまひとつという印象は否めません。昨年主演した映画『大綱引の恋』も、大ヒットとまではいかなかった。カメラマンとして活動したり、ゲームの配信をしたりと、好きなことをしながら仕事の幅を広げようともしていますが、いまいちブレークしきれていません」(映画関係者)

 父・友和も、かつて俳優として伸び悩んだ時期があった。

「“好青年”のイメージが強すぎたために役が限られてしまい、仕事が減った。一時は自宅の売却を考えたことさえあったそうです。しかし、演技に打ち込むなかで、悪役からコミカルな役までこなせる名優になりました。世代ギャップもあるかもしれませんが、夫が俳優業にかじりつく姿を見てきただけに、百恵さんも貴大さんの本業に対する姿勢に、複雑な思いを抱いているのではないでしょうか」(前出・映画関係者)

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
イメージカット
ラーメン店での「イヤホン論争」の無駄な盛り上がりに何を学ぶか
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
UFO議連の会合に臨む小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
超党派議員89人が「UFO議連」を立ち上げ 小泉進次郎氏は「横須賀で目撃報告が多いと聞いている」 安全保障上の脅威として議論が俎上に
週刊ポスト
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン