スポーツ

アントニオ猪木さん、4人の妻との波乱の人生 倍賞美津子は病床の元夫を見舞った

a

4度結婚した猪木さん

 日本のプロレス界を牽引し、国会議員としても活躍したアントニオ猪木さんが、10月1日に亡くなった。79才だった。生前の活躍はプロレス界にとどまらず、政界や実業界にもその名を轟かせた。私生活では4人の女性と結婚。絶縁して二度と会わない女性もいたが、激動の時代を共に歩んだ倍賞美津子(75才)とは離婚後も“戦友”のような関係が続いたという。

 今年5月、猪木さんは青森県の秘湯・蔦温泉に「アントニオ猪木家」の墓を建立している。

「この墓は2019年に亡くなった妻の田鶴子さんのために建てられました。猪木家の墓は故郷の神奈川県にある曹洞宗の本山にあり、猪木さんもそこに埋葬される予定ですが、田鶴子さんとの思い出がある青森の墓に分骨することも検討されているそうです」(猪木さんの知人)

 事実婚を含めて4度結婚している猪木さんの最後の伴侶が16才下の田鶴子さんだった。田鶴子さんはカメラマンとして1990年代後半から猪木さんの写真を撮り始め、2001年に猪木さんの写真集を出版。公私共に彼を支えるパートナーとなり、2013年に猪木さんが2度目の参議院議員になると議員秘書を務めた。

 振り返れば、プロレスの枠を超えた猪木さんの活躍の陰には、常に女性の姿があった。1943年、横浜に生まれた猪木さんは13才のとき、貧困を抜け出すため一家でブラジルに移住してコーヒー農園で働いた。

 現地を訪れた力道山にスカウトされて帰国し、同期のジャイアント馬場さん(享年61)と共にプロレスラーとしてデビューしたのは1960年。最初の“妻”は、武者修行中に知り合ったアメリカ人女性のダイアナさんだった。彼女との間に生まれた娘は、猪木さんの母と同じく「文子」と名づけられたという。

「猪木さんはダイアナさんと娘を連れて帰国しましたが、巡業で忙しい猪木さんと異国暮らしのストレスを抱える彼女のすれ違いが原因で破局。小児がんを患った文子さんは8才で亡くなり、晩年の猪木さんは、“もっと何かしてあげられたのでは”と悔やんでいました」(前出・猪木さんの知人)

W不倫の果ての壮絶離婚劇

 帰国後、『日本プロレス』の若きエースとなった猪木さんの前に運命の女性が現れる。松竹の看板女優だった倍賞美津子である。猪木さんを裏方として支え、後に『新日本プロレス』の隆盛を築いた新間寿さん(87才)が振り返る。

「仲を取り持ったのはプロレスラーの豊登道春さんです。倍賞さんが『トヨさん、たまには若い人を紹介してよ』なんて冗談で言っているときに『それなら猪木がいるよ』と、紹介したのがご縁だったと記憶しています」

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
「二時間だけのバカンス」のMV監督は椎名のパートナー
「ヒカルちゃん、ずりぃよ」宇多田ヒカルと椎名林檎がテレビ初共演 同期デビューでプライベートでも深いつきあいの歌姫2人の交友録
女性セブン
NHK中川安奈アナウンサー(本人のインスタグラムより)
《広島局に突如登場》“けしからんインスタ”の中川安奈アナ、写真投稿に異変 社員からは「どうしたの?」の声
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
コーチェラの出演を終え、「すごく刺激なりました。最高でした!」とコメントした平野
コーチェラ出演のNumber_i、現地音楽関係者は驚きの称賛で「世界進出は思ったより早く進む」の声 ロスの空港では大勢のファンに神対応も
女性セブン
元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
5月31日付でJTマーヴェラスから退部となった吉原知子監督(時事通信フォト)
《女子バレー元日本代表主将が電撃退部の真相》「Vリーグ優勝5回」の功労者が「監督クビ」の背景と今後の去就
NEWSポストセブン
文房具店「Paper Plant」内で取材を受けてくれたフリーディアさん
《タレント・元こずえ鈴が華麗なる転身》LA在住「ドジャー・スタジアム」近隣でショップ経営「大谷選手の入団後はお客さんがたくさん来るようになりました」
NEWSポストセブン