スポーツ

追悼・村田兆治さん ライフワークだった離島甲子園と師匠・金田正一氏葬儀での弔事

離島での野球普及活動にも力を入れていた村田兆治さん

離島の子どもたちへの野球普及活動にも力を入れていた村田兆治さん(2017年8月)

 11月11日、“マサカリ投法”でプロ通算215勝をあげた村田兆治氏が、東京・世田谷の自宅火災で亡くなった。72歳だった。

 1970年代から1980年代にロッテのエースとして活躍した村田氏は、1990年に40歳で引退した。その後の村田氏がライフワークとしたのが離島での野球普及活動だ。2008年からは離島の中学球児の全国大会「離島甲子園」を立ち上げた。

 2017年8月、石垣島での大会に密着したこともある。現地で本誌・週刊ポストの記者の姿を見つけると「よく来てくれたな」と満面の笑みで迎えてくれた。

「こういう大会が始まったのは、新潟・粟島の人たちから“子供に本物の剛速球を見せてほしい”と手紙をもらったのがきっかけ。島を訪れると部員が15人しかいないチームだった。紅白戦もできない離島の厳しい現状を知った。だからスーツを脱ぎ、ワイシャツ姿でピッチングを披露した。子供たちを全員、打席に立たせ、本気でボールを投げた。本物の凄さを見せて、“本気でやっていると、いつかきっといいことがある”と伝えたかった」

 そう話す村田氏の声は力強かった。

 石垣島での大会でも、打席に立つ中学生に向かって全力投球していた。そして、「逃げるな!」とマウンドから怒鳴る。いつも本気だった。村田氏が亡くなる直前まで、こうした離島での活動に本腰を入れていたことは、前述の通りだ。

 そして突然の訃報で思い出されるのは、ロッテの監督として村田氏を育てた400勝投手・金田正一氏の葬儀での姿だ。

 2019年に亡くなった金田氏は生前、本誌・週刊ポストの企画で「自分の葬式の弔辞は村田兆治に読んでもらいたい」と話していた。金田氏の遺族の希望もあって、実際に村田氏が弔辞を読むことになった。

 葬儀・告別式の直前に、「ポストのおかげでマウンドに上がるより緊張しているよ」と苦笑いしていた村田氏だが、原稿は用意せず、遺影をまっすぐ見つめながら、恩師に別れを告げた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
個人でSNSを開設する日はくるか
秋篠宮皇嗣「皇嗣誕生日会見」で踏み込んだ「皇族の個人SNS開設」の高いハードル
NEWSポストセブン
自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
政治の妨害も続いているという
旧統一教会に立ち向かう霊感商法対策スーパー弁護団 いまなお続く「政治の妨害」
週刊ポスト
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
奥から武田ショウコさん(仮名)、小川さゆりさん(仮名)、もるすこちゃんさんの元2世信者座談会
【旧統一教会・元2世信者が緊急集結】「テレビはすべてサタンが作っている」の教え
週刊ポスト