ライフ

96歳の女性皮膚科医、皮膚の異変は体調変化のサイン 男性にも「日焼け止め」を推奨

前田ヒフ科・泌尿器科院長の前田慶子氏

前田ヒフ科・泌尿器科院長の前田慶子氏

 精神科医の和田秀樹氏が書いた『80歳の壁』がベストセラーになっているが、健康寿命を延ばすためには何を心がければ良いか──それを知る“生き証人”が80歳を越えた今も現役で活躍する医師たちだ。今も現役で働く前田ヒフ科・泌尿器科院長の前田慶子(96)氏に、健康にとって大切なことを聞いた。

 * * *
 いま、96歳。戦争を知っている世代で、大阪で病院を開業したのは昭和34年です。夫(98)とは結婚70年になりますが、彼もまた医師です。

 夫が体調を崩してからは少しずつクリニックの営業日を減らし、現在は週2回、開けています。何十年も通ってくださる患者さんもいて、去年1か月くらい休んだら、「生きてはってよかった!」なんて声もいただきました(笑)。

 いまは夫と2人だけの生活なので、自分の人生に責任を持って生きることを大切にしています。とはいえ、毎日の生活で「健康のために」と自分に特別強いていることはなく、好きなことをして、好きな物を食べ、好きなようにしています。

 麺類があまり好きではないくらいで、お肉、お魚、果物、お菓子もよく食べます。生活に気を遣いすぎないのがいいのかもしれません。

 最近は運動らしい運動もしていませんが、20年くらい前までは水泳をやっていました。学生時代から身体を動かすことが好きだったので、基本的な体力の積み重ねはあるのかもしれません。

 ただ、ハードな運動はしなくても、「週2回の診療」が、生活のリズムにつながっています。診察時間に合わせて起きて、数分歩いてクリニックに向かう。お昼に一度自宅に戻り、また診療に出かけます。これがあると、生活リズムは崩れません。

 私の専門は皮膚科ですが、加齢とともに症状として現われるのが「乾燥」です。高齢の人は身体の水分量が減少傾向にあり、皮膚の潤いが失われがちです。乾燥すると痒みが生じますが、ガリガリこすってはいけません。掻くことで皮膚の一番外の表皮に傷がつき、身体の防御力が落ちることになります。高齢の方は抵抗力も落ちてくるので、皮膚から菌が侵入することで炎症が起こる可能性は高くなります。

関連記事

トピックス

長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
個人でSNSを開設する日はくるか
秋篠宮皇嗣「皇嗣誕生日会見」で踏み込んだ「皇族の個人SNS開設」の高いハードル
NEWSポストセブン
自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
政治の妨害も続いているという
旧統一教会に立ち向かう霊感商法対策スーパー弁護団 いまなお続く「政治の妨害」
週刊ポスト
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
奥から武田ショウコさん(仮名)、小川さゆりさん(仮名)、もるすこちゃんさんの元2世信者座談会
【旧統一教会・元2世信者が緊急集結】「テレビはすべてサタンが作っている」の教え
週刊ポスト