国内

悠仁さまに成績不振報道 東大受験プラン変更か 新たな候補に筑波、ICU、京大が浮上

「とうきょう総文」では、秋篠宮家さまからご説明を受けることもあった

前期期末試験の結果が出た悠仁さま。どんな大学を受けるのか(写真は「とうきょう総文」時。写真/JMPA)

 悠仁さまの高校生活に、すでに暗雲が垂れ込めている。筑波大学附属高校(筑附高)への入学から半年が過ぎたが、9月末に行われた前期期末試験では、科目によっては芳しくない成績だった科目もあったようで、特に現代文では“赤点レベル”とまで一部で報じられた。紀子さまもご納得のハイレベルな学習環境は、悠仁さまには重圧だったのかもしれない──。

 大学受験のスタート時期の“早期化”は顕著で、進学校に通う多くの高校生は、1年生のうちから受験を見据えた勉強に熱を入れている。かねて、悠仁さまの東大進学が紀子さまの悲願とされてきた。しかし、紀子さまの脳裏には早くも“路線変更”もチラついている。

「遅れを取った格好の悠仁さまの進学プランに頭を悩ませる紀子さまの脳裏に、『東大断念』が浮かび上がってもおかしくありません。東大合格の道は険しいので、“お子さま方の意思を尊重する”という秋篠宮家の教育方針にのっとった新しい進学プランが浮上してくるでしょう」(宮内庁関係者)

 眞子さんは、学習院女子高等科から国際基督教大学(ICU)へと進学した。次女・佳子さまも一度は学習院大学に入学されたものの、中途退学してICUに再入学された。

「上皇陛下の魚類研究や、天皇陛下の水にまつわる研究など、おふたりともライフワークと言えるものをお持ちです。そういった、一生ものの研究対象と出会うべく、紀子さまは悠仁さまにも、“自分のやりたいことを追究させてあげたい”というお気持ちを抱かれているといいます。紀子さまにとっても、東大という夢は叶わずとも、“個性を伸ばす教育を施すことができた”という面目は保てるでしょう」(前出・宮内庁関係者)

 かねて悠仁さまがご興味をお持ちとされているのが、昆虫の研究だ。今夏、悠仁さまが長野県へ私的に旅行された際には、多くの時間をトンボの観察に充てられたという。

「茨城県に拠点のある筑波大は広大なキャンパスを誇る。豊かな自然環境がある上、前身は東京教育大学というブランド力もある。稲の研究も盛んなので、宮廷の庭で稲を育てられている悠仁さまにとっても興味を持って学べる場のはずです。お住まいから遠方のため、通学の際の警備の問題というネックはありますが、紀子さまは“宮内庁職員と警察官を動員すれば容易に叶えられる”というお気持ちなのでしょう」(皇室ジャーナリスト)

 進学先候補として、眞子さん、佳子さまの母校であるICUが報じられたことがある。

「姉2人が通われ、警備体制が充実する上、グローバルで多様な学生が多く、“特別扱いされない”点は、紀子さまの教育方針とも合致します。東京郊外に位置するキャンパスには緑も多く、昆虫も多数生息している。初代学長・湯浅八郎氏は昆虫学者でもありました」(皇室記者)

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン