スポーツ

まだ間に合う「解説・本田圭佑」入門 事前に把握しておきたい「さん付け以外」の8人

本田圭佑氏の解説が視聴者に受け入れられたポイントは?(Getty Images)

本田圭佑氏の解説が視聴者に受け入れられたポイントは?(Getty Images)

「解説・本田圭佑」を楽しむため、視聴者が事前に知っておくべきことは何か──。サッカーW杯カタール大会、日本がドイツを2対1で破った1次リーグ・グループEの初戦、インターネットテレビ局『ABEMA』ではW杯日本人最多得点を誇る本田圭佑氏(36)が解説を務め、的確な状況分析や戦術の提案などで好評を博した。本田氏は続くコスタリカ戦、スペイン戦でもABEMAで解説を務める予定だが、本田氏の解説のどんなところが視聴者に受け入れられたのか。ライター・岡野誠氏が、ドイツ戦での本田氏の発言内容を精緻に分析し、そのポイントを探った。

 * * *
 本田圭佑氏による日本対ドイツ戦の解説で、特に話題になったのは、本田氏と面識のない選手に対する「さん付け」だ。一方、長らく日本代表で同じ釜の飯を食った旧知のプレイヤーには「ユウト(長友佑都)」「ゴンちゃん(権田修一)」と下の名前やニックネームを使用していた。

 では、その頻度や割合はどの程度だったのか。実際に数えてみると、本田氏は試合中に日本選手の名前を延べ108回呼んでいる。大きく分ければ前半41回(38.0%)、後半67回(62.0%)となる。選手名を挙げる時の傾向は主に2つあった(以下、分数はABEMAの画面表示に従う)。

【1】フォーメーション説明や戦術提案のために用いる

例1:後半19分、「(右サイドに)左利きの選手を置くと、たぶん(左サイドの)三笘さんのスペースの使えると思います」「堂安さんとかがそれできるんで」と提案。その7分後、森保一監督が堂安律をピッチに送り出す。

例2:後半28分、「ほら、ズーレが穴なのよ、わかる? もっとそこ狙っていけって」とドイツの弱点を指摘。その直後に南野拓実が投入されると、「これあるかもしれないですね。ズーレのところ、拓実と三笘さんとうまく使えば。拓実はね、ズーレの周りをちょこちょこするといいと思います」と提案。2分後、三笘が左サイドからドリブルで仕掛け、ペナルティエリア内の南野にスルーパス。南野が中に折り返してキーパーが弾いたところに堂安が詰め、同点ゴールが生まれた。

【2】日本のチャンスやピンチの前後

例1:前半7分、伊東純也のクロスに前田大然が飛び込み、ネットを揺らすもオフサイド。「これね、前田さん(オフサイド)ライン見れたでしょ! 見られへんかったのかな」と指摘。

例2:後半37分、板倉滉のロングパスから浅野拓磨が逆転ゴールを決める前後には「チャンス! きた~! よ~し! きたぞ!! 拓磨!!」と絶叫した。

「それ、佑都もっと下がらなあかん」(後半7分)のように注意する場面もあったが、ほとんどは上記の2つのシーンに集約された。

 本田氏は、今までなんとなくW杯を見ていた層がサッカーの面白さに目覚めそうなほど、今ピッチ上で起きていることを明確に分析していた。投入すべき選手や相手の弱点を指摘し、その直後に同点ゴールが生まれるというミラクルもあった。サッカー解説者は数多いるが、素早く的確に現状の問題点を説明し、ポジションの修正や交代案など具体的な打開策を挙げられる人は珍しい。

関連記事

トピックス

性的暴行で逮捕された山縣秀彰容疑者(本人FBより)
20代女性に「1杯どう?」ナンパし性暴行…創業137年『都寿司』若大将の乱倫の夜 妻の女将が語った“店のこれから”
NEWSポストセブン
『オールナイトニッポン』での報告を終えて帰宅するaiko(2021年)
《音楽活動止まる恐怖》aiko、洗脳プロデューサーの“体を張る”関係性「一通の年賀状」が解いた4年間の“警戒心”
NEWSポストセブン
加工した自撮り写真や動画をSNSにアップしていた内田容疑者(写真は内田容疑者のTikTokより)
【旭川・女子高生殺害事件】SNSに投稿された“盛れていない写真”でトラブルか 容疑者のスマホには被害者を映した痛々しい動画
女性セブン
お笑いコンビ・元オセロの中島知子(左)と松嶋尚美(右)
《オセロ解散から11年の異変》23年続いた番組終了でレギュラー消滅危機の松嶋尚美、「九州でレギュラー番組7本」中島知子と“白黒逆転”の現在
NEWSポストセブン
3つの殺人、殺人未遂の容疑がかかる金澤成樹若頭(撮影/鈴木智彦)
【ラーメン店経営の組長射殺】対立組織のヒットマン逮捕で見える「警察の狙い」山口組抗争再燃の可能性も
週刊ポスト
十枝内容疑者(左)のもとで働いていた田中健一さん
【青森密閉殺人】“交通単独事故”で去年も十枝内運輸の社員が一人死んでいた 殺人容疑で逮捕の容疑者と借金トラブル 娘は「事故ではなかったのではないか」と訴え 青森県警も関係者再聴取か
NEWSポストセブン
美人芸妓との真剣交際が報じられた歌舞伎俳優の中村七之助
【童顔なのに抜群スタイル】中村七之助の恋人芸妓「美貌、踊り、話術」天が与えたすごい才能!華麗で過酷な京都の花街でナンバーワンの実力とは
NEWSポストセブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン
別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン