「ここまで選手ファーストで考えてくれる監督はいない」と吉田選手(写真前列左から2人目。Getty Images)

「ここまで選手ファーストで考えてくれる監督はいない」と吉田選手(写真前列左から2人目。Getty Images)

 どこまでも「選手ファースト」であることも大きい。2003年の現役引退後は指導者の道を歩み、2012年に古巣のサンフレッチェ広島の監督に就任した。当時から「森保カラー」が出ていたと話すのは、サッカー専門新聞『エルゴラッソ』記者の寺田弘幸さんだ。

「監督就任が決まったとき、森保さんは選手一人ひとりに電話して、『今年から監督になる森保です。一緒に頑張りましょう』と挨拶しました。そういうことをする監督は初めてなので驚きました。さらに選手たちに『苦しいことがあれば24時間いつでも連絡していいよ』と伝え、実際に悩みを相談されると2時間以上も耳を傾けていました」

 監督として初めて指揮を執った2012年3月のJ1開幕戦の直前、目に涙を浮かべた森保監督が選手に語り始めた。

「森保さんは、『全員で頑張ってきたのにベンチ入りメンバーを18人に絞ることがつらい』と急に泣き出した。その涙を見たら、選ばれた選手も選ばれなかった選手も胸が熱くなり、“この監督のために団結して頑張ろう”という気になります。上から目線ではなく、同じ目線で語りかけるので選手から信頼されるのでしょう。森保さんは選手から『また泣いてる!』といじられてもいました(笑い)」(寺田さん)

ネットの批判は見ない

 誰に対しても「丁寧で誠実」であることも大きな強みだ。広島でのコーチ時代、若手記者だった寺田さんは初対面の森保監督に名刺を渡し「よろしくお願いします」と挨拶した。すると森保監督は、「こちらこそよろしくお願いします」と深々と頭を下げて、クラブハウスに向かって走った。

「わざわざ自分の名刺を取りに戻り、若造のぼくに差し出したんです。手元に名刺がなくてもそのままにする関係者が多い中、森保さんは丁寧に接してくれました。どんな記者にも森保さんはどこまでも誠実です」(寺田さん)

 その姿勢は私生活でも変わらない。森保監督の叔父の原田卓馬さんが語る。

「一(森保監督)は義理堅く、年に2回は掛川までお墓参りに来てくれます。いつも封筒にお金を入れて仏様の前に置いていき、親族たちの運転手も買って出る。自分は疲れているはずなのに、ずっと子供たちの話し相手にもなってくれるんです」

 他方で、「妥協を許さない」厳しい顔を持つ。今大会を現地で取材しているノンフィクションライターの藤江直人さんが言う。

「広島の監督時代、当時チームの絶対的エースだった佐藤寿人選手を若手と交代させたときに、佐藤選手が『なんでオレが?』と激高しました。集団の和を乱すことを何より嫌う森保さんは、佐藤選手に2試合ベンチ外という懲罰を与えた。その前には2人で膝を突き合わせて話し合っていて、あと腐れなく解決しましたが、森保さんは『譲れないことは譲れない』との気持ちが強い」

関連キーワード

関連記事

トピックス

死亡が確認されたシャニさん(SNSより)
《暴徒に唾を吐きかけられ…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の母親が“残虐動画の拡散”を意義深く感じた「悲しい理由」
NEWSポストセブン
お騒がせアイドルとして人気を博した榎本加奈子
《略奪婚から20年》43歳の榎本加奈子「爆弾発言アイドル」から敏腕社長に転身「人気スープカレー店売却」で次に狙う“夫婦念願の夢”
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
《関西外大の女子大生を刺殺》「自宅前で出待ちされて悩んでいた」殺害された女性宅周辺で目撃されていた「怪しい男」抵抗されながら刺し続けた交際相手の強い殺意
NEWSポストセブン
所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
退所を発表した松本潤
【松本潤が独立】7月から野田秀樹氏が手がける舞台に出演、ロンドンでも上演 舞台初共演の長澤まさみの“凄み”に刺激を受ける
女性セブン
2018年8月に本誌の取材を受けた際も“ねじねじ”だった(撮影/小暮誠)
急逝・中尾彬さん 萬田久子、名取裕子、由美かおる、安達祐実らとの「美女対談」で際立っていた博覧強記
週刊ポスト
7月のイベントでファンの前に姿を見せる中森明菜(YouTubeより)
《7月のイベントで完全復帰へ》中森明菜、SNS時代にささやかれる不安要素 「陽」の聖子と比較して「陰」と評された歌姫は再びかがやくことができるのか
NEWSポストセブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
大谷翔平、始球式サプライズに「なんてナイスガイなんだ」と全米絶賛 幻となった“真美子夫人の始球式”は7月以降に実現の可能性
女性セブン
9月の誕生日で成年を迎えられる(4月、東京・町田市。写真/JMPA)
【悠仁さまの大学進学】幼稚園と高校は“別枠”で合格、受験競争を勝ち抜いた経験はゼロ 紀子さまが切望する「東京大学」は推薦枠拡大を検討中
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
5月に入り病状が急変し、帰らぬ人となった中尾彬さん
【中尾彬さん逝去】数か月体調優れず、5月に入って容体が急変 葬儀は近親者のみ、妻・池波志乃さんは憔悴しながらも参列者に感謝
女性セブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン