芸能

『鎌倉殿の13人』は大河ドラマを変えた、『仁義なき戦い』がヤクザ映画を変えたように

三谷

三谷幸喜氏は『仁義なき』を参考にしたというが、鈴木氏はどう見るか

 NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』が最終回を間近に控え、血みどろの権力闘争を激化させている。脚本を務めた三谷幸喜は、執筆にあたってヤクザ映画『仁義なき戦い』を参考にしたと明かしているが、暴力団に精通するフリーライターの鈴木智彦氏は、両作には共通した「革新性」があると指摘する。

 * * *
 鎌倉幕府は御家人たちの利益共同体だった。御家人である武士たちは私的な暴力集団だ。欲望を実現する手段は暴力で、己の利益を第一に考え、忠義や奉公というしゃらくさい美徳には目もくれない。金(所領)くれる人がいい人、いい支配者であり、どこまでもリアリスト目線を崩さない。「いいもんを食って、いい車に乗って、いい女を抱く」ために渡世入りするヤクザと似ている。毎回、利益を天秤にかけて付き従う側を決定するので、容易に今日の味方が明日の敵に反転する。親族さえも信用できず、親子・兄弟でも殺し合う。

 血みどろの暴力闘争での勝者がトップになって実権を握るので、成立した組織は暴力によってのみ担保され、恐怖で支配される。暴対法を適用すれば、まず間違いなく特別危険指定暴力団になる過激さだ。

 人間の集団としては粗野でシンプルだが、そのぶん、ドラマ性は高い。御家人たちは虎視眈々と一発逆転の機会をうかがっている。謀反の緊張感が常に漂っており、強ければ誰にもチャンスが訪れる。面従腹背で権謀術数を練り、派閥闘争に持ち込んで謀略を駆使し、いざとなれば仲間すら誅殺する。裏切りは悪徳ではなく、順位逆転の正当な権利なのだ。迂闊にも他人を信じた善人が悲劇の中で刺され、斬られ、悶死する。殺しという極限状態に、人間そのものが垣間見える。

 笠原和夫が脚本を書いた『仁義なき戦い』は、それまでの道徳的任侠映画とは違い、裏切りのドラマを作り上げた。東映任侠路線のプロデューサーだった故・俊藤浩滋氏は実話路線を苦々しく思っていたようで、かつて私が所属していたヤクザ専門誌『実話時代』でちくりと皮肉を述べている。

「我々が作ってきた映画っていうのは、反体制視点でね。世のため、人のためにやろうっていう男らしい男を描いてきたわけでしょ。ところが実録というのは実際問題として(そういうものが)ないですよ」(1994年5月号)

関連記事

トピックス

問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
中谷美紀
中谷美紀「2010年からお砂糖を摂取していません」砂糖断ち生活で何が変わるのか
女性セブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン
EXITのふたり
EXIT・兼近大樹、指南役「ルフィ」との関係に相方・りんたろー。が沈黙を守り続ける理由
NEWSポストセブン
両陛下とともに日本の勝利を喜ばれた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さま、御所でW杯戦士とご面会 森保監督や長友選手らにねぎらいの言葉
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン
BTS、三浦翔平、岩田剛典…パリ・ファッションウィークに集結した豪華メンバー
BTS、三浦翔平、岩田剛典…パリ・ファッションウィークに集結した豪華メンバー
女性セブン