国内

秋篠宮皇嗣「皇嗣誕生日会見」で踏み込んだ「皇族の個人SNS開設」の高いハードル

個人でSNSを開設する日はくるか

個人でSNSを開設する日はくるか

 11月30日、秋篠宮皇嗣が57歳の誕生日を迎えられた。誕生日に先立っての25日には記者会見に臨まれたが、会見内で語られた内容について宮内庁記者たちの注目が高まっている。次女・佳子さまの結婚については「今、特に何か話し合っているということはありません」と語り、現在小室圭さんとニューヨークで暮らす長女・眞子さんについては、「本人が近況などについての自分のことについては話をするのは控えてほしいということを申しているようですので、私もここではお話を控えることにいたします」とノーコメントを貫いた。

 ただ、記者会見のなかで宮内庁記者たちの関心を最も集めたのが、「皇室についての情報発信」に関する発言だったという。宮内庁担当記者が語る。

「今まで秋篠宮さまはメディアの報道に対して反論しない姿勢を取り続けてきましたが、2021年に皇室批判やバッシングには『基準作り』との考えを初めて示されました。それ以降、宮内庁はSNSの活用を検討し始めるなど、皇室全体で情報発信に関するスタンスが変わり始めてきています。

 そうしたなかで、今回秋篠宮さまは『(皇室の情報発信は)タイムリーに出していくということが必要である』などとさらに踏み込んだ発言をされた。その様子に改めて『秋篠宮さまは皇室バッシングについて相当思うことがおありなのだろう』と実感した記者たちも多かったようです」

 今回の会見で秋篠宮皇嗣は、「今現在、皇族のうちの誰かが個人のアカウントで発信しているかどうかということは私は知りませんけれども、恐らく私はやらないと思いますが、そういう可能性も、もちろんあり得る」とも述べた。宮内庁経由でなく個々人で情報を発信していく可能性についても言及したかたちだ。だが、前出の宮内庁担当記者はこう懸念を口にする。

「タイムリーかつストレートに発信をしていくことは、なるべく誤った情報が広まらないようにする観点からも重要ですが、その一方で皇室と宮内庁との連携が薄くなってしまう懸念があります。週刊誌で皇宮警察のなかで皇室に対する悪口が飛び交っていると報じられたことなどによって、現在、宮内庁は皇室からの信頼を取り戻そうと努めていると聞く。そのような状況下で皇族の皆さんが個々人で情報を発信するようになれば、ますます宮内庁はコミュニケーションを取りにくくなるのではないか。

 また、秋篠宮さまがネット上でのコメントを日々どこまで確認しているかは不明確ですが、小室ご夫妻や悠仁さまに関する否定的な意見は、SNSなどで大変多くの投稿があります。それらに皇室の方々が直接触れるようになれば、相当ショックは大きいでしょうし、ストレスもかかるはずです。皇族の方によるSNSアカウント設置については、慎重に議論を重ねる必要があるでしょう」

 新しい時代にどう適応していくか、考えるべきことは多そうだ。

関連記事

トピックス

別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
並々ならぬ上昇志向でのし上がってきた2人の女傑(写真/共同通信社、時事通信フォト)
小池百合子氏vs蓮舫氏「似た者同士の東京都知事選」 元都知事、元副知事、元側近ら“蹴落とされた男たち”が語る2人の「怖さ」と「権力欲」
週刊ポスト
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
度重なる不倫が報じられてきた歌舞伎役者の中村芝翫
【凄絶不倫】中村芝翫「アンジェリーナ・ジョリー似から熊田曜子似まで」三田寛子とは全く異なる愛人のルックス「好みは妖艶タイプ」
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
NEWSポストセブン