国内

秋篠宮皇嗣「皇嗣誕生日会見」で踏み込んだ「皇族の個人SNS開設」の高いハードル

個人でSNSを開設する日はくるか

個人でSNSを開設する日はくるか

 11月30日、秋篠宮皇嗣が57歳の誕生日を迎えられた。誕生日に先立っての25日には記者会見に臨まれたが、会見内で語られた内容について宮内庁記者たちの注目が高まっている。次女・佳子さまの結婚については「今、特に何か話し合っているということはありません」と語り、現在小室圭さんとニューヨークで暮らす長女・眞子さんについては、「本人が近況などについての自分のことについては話をするのは控えてほしいということを申しているようですので、私もここではお話を控えることにいたします」とノーコメントを貫いた。

 ただ、記者会見のなかで宮内庁記者たちの関心を最も集めたのが、「皇室についての情報発信」に関する発言だったという。宮内庁担当記者が語る。

「今まで秋篠宮さまはメディアの報道に対して反論しない姿勢を取り続けてきましたが、2021年に皇室批判やバッシングには『基準作り』との考えを初めて示されました。それ以降、宮内庁はSNSの活用を検討し始めるなど、皇室全体で情報発信に関するスタンスが変わり始めてきています。

 そうしたなかで、今回秋篠宮さまは『(皇室の情報発信は)タイムリーに出していくということが必要である』などとさらに踏み込んだ発言をされた。その様子に改めて『秋篠宮さまは皇室バッシングについて相当思うことがおありなのだろう』と実感した記者たちも多かったようです」

 今回の会見で秋篠宮皇嗣は、「今現在、皇族のうちの誰かが個人のアカウントで発信しているかどうかということは私は知りませんけれども、恐らく私はやらないと思いますが、そういう可能性も、もちろんあり得る」とも述べた。宮内庁経由でなく個々人で情報を発信していく可能性についても言及したかたちだ。だが、前出の宮内庁担当記者はこう懸念を口にする。

「タイムリーかつストレートに発信をしていくことは、なるべく誤った情報が広まらないようにする観点からも重要ですが、その一方で皇室と宮内庁との連携が薄くなってしまう懸念があります。週刊誌で皇宮警察のなかで皇室に対する悪口が飛び交っていると報じられたことなどによって、現在、宮内庁は皇室からの信頼を取り戻そうと努めていると聞く。そのような状況下で皇族の皆さんが個々人で情報を発信するようになれば、ますます宮内庁はコミュニケーションを取りにくくなるのではないか。

 また、秋篠宮さまがネット上でのコメントを日々どこまで確認しているかは不明確ですが、小室ご夫妻や悠仁さまに関する否定的な意見は、SNSなどで大変多くの投稿があります。それらに皇室の方々が直接触れるようになれば、相当ショックは大きいでしょうし、ストレスもかかるはずです。皇族の方によるSNSアカウント設置については、慎重に議論を重ねる必要があるでしょう」

 新しい時代にどう適応していくか、考えるべきことは多そうだ。

関連記事

トピックス

冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
羽生善治はいかにして復活を遂げたのか
【天才棋士・羽生善治の復活】AIの登場で下降し続けた成績 もがいて迷った1年を追う
週刊ポスト
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン
Toshl、新曲での叫びはYOSHIKIへの決別宣言か「スッキリしてすがすがしい人生を」
Toshl、新曲での叫びはYOSHIKIへの決別宣言か「スッキリしてすがすがしい人生を」
女性セブン
,松本潤
平野紫耀、26歳の誕生日を韓国で迎える ソウルでの目撃情報にファン騒然
女性セブン
オーラを放ちながら店を出る松本
松本潤「生ビール400円」庶民派居酒屋に通う 大河の座長としてグルメ感度の高さを発揮
女性セブン
EXITのふたり
EXIT・兼近大樹、指南役「ルフィ」との関係に相方・りんたろー。が沈黙を守り続ける理由
NEWSポストセブン
両陛下とともに日本の勝利を喜ばれた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さま、御所でW杯戦士とご面会 森保監督や長友選手らにねぎらいの言葉
女性セブン
妻の松本伊代
松本伊代、正月は自宅で過ごすも再入院 ヒロミ「笑っちゃうほど大変」介護での共倒れを心配し苦渋の決断
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン