芸能

2022年総括! 沼落ちしたものアンケート【ドラマ・アニメ編】

『恋と弾丸』(MBS制作)

『恋と弾丸』(MBS制作)

“沼落ち”や“推し活”という言葉が一般化した2022年。この1年で「沼に落ちたもの」「ハマったもの」「推しているもの」について、女性セブンの読者にアンケートを実施した。回答のあった2051人のなかから、とりわけ熱量の高い“沼民”の“推し”に対する愛の声を紹介。今回は、ドラマ・アニメ編です。

ドラマ編

 もっとも多くの読者がハマったのは『鎌倉殿の13人』だったが、深夜ドラマも根強い支持を集めた。中国ドラマのブームも熱い。

●『恋と弾丸』(MBS制作)

 ジェットコースターばりの物語の展開と話題になっている桜吹雪が舞うラブシーンの映像美が圧巻。『恋と弾丸』(毎週木曜24時50分〜MBS「ドラマ特区」ほか、ディズニープラスで見放題独占配信中)。

「主演の古川雄大さん(35才)が大好きで見たら、繰り返し何度も見たくなるほどハマり、漫画も買った。セクシーさの中にも純粋な愛情やひたむきなところがあっていいんです」(59才・会社員)

●『名建築で昼食を』(テレビ大阪制作)

 田口トモロヲ(65才)と池田エライザ(26才)が東京や大阪の名建築を訪ねて、そこでランチを食べる作品。

「プライムビデオで一気に見ました。出てくる名建築に行ってみたくなりました。毎回の昼食もおいしそうで現地で食べてみたいです」(48才・会社員)

●『自転車屋さんの高橋くん』(テレビ東京系)

『自転車屋さんの高橋くん』(テレビ東京系)

『自転車屋さんの高橋くん』(テレビ東京系)(c)「自転車屋さんの高橋くん」製作委員会

 内気なアラサー女子と年下ヤンキーくんのピュアなラブストーリーを描く。【木ドラ24】『自転車屋さんの高橋くん』(テレビ東京系、毎週木曜24時30分〜放送中)。

「原作の漫画を試し読みしてから、高橋くんのキャラクターが魅力的でドハマりし、全巻買いました。ドラマで主演の鈴木伸之さん(30才)は、もともと好きでしたが、心優しい年下ヤンキーをチャーミングに演じていて、こちらもドハマり。1話を最低10回は繰り返し見ています」(45才・パート)

●『しもべえ』(NHK)

「安田顕さん(49才)演じる謎のおじさん『しもべえ』が、優しくてかわいくて、素晴らしい。せりふはほぼないのに気持ちが伝わる。表情や行動が面白い。現実ではない話だけど、本当にいてほしい人です」(62才・自営業)

●『アフター』(米国・Netflix)

「真面目な女子大学生と危険な香りのする青年が周りに翻弄されながら、くっついたり離れたりする姿が今後どうなるのか。2022年、第3シリーズが公開され、続きが楽しみで仕方がない」(56才・専業主婦)

●『永遠の桃花~三生三世~』(中国・dTVほか)

「5年前の作品ですが、BS12での放送やGYAO!で無料配信されて何十回も見ました。ヒロインが男装しているのですが、胸の膨らみがわかるのになぜか全然バレない(笑い)。水中でのキスシーンや、恋に落ちたら空中で回る謎の演出、時空を超えたり記憶を失くしたりという、中国ドラマあるあるも楽しめます」(88才・自営業)

●『ユミの細胞たち』(韓国・プライムビデオ)

「原作は韓国の漫画。会社勤めの一般的な女子の恋愛や日常そのもので共感することが多くてハマった。シーズン1が『梨泰院クラス』のアン・ボヒョン(34才)、シーズン2が人気ボーイズグループ『GOT7』のジニョン(28才)と恋人役の俳優もよかったです」(40才・パート)

関連キーワード

関連記事

トピックス

中尾彬さん(時事通信フォト)
《“ねじねじ”で愛された中尾彬さん(81)が急逝》大病を機に始めていた“終活”、コワモテ俳優からコメンテーターとして人気を博した晩年
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン
別居を認めたMEGUMI
《離婚後の大活躍》MEGUMI、「ちゃんとした女優になる」を実現!「禁断愛に溺れる不倫妻」から「恐妻」まで多彩な“妻”を演じるカメレオンぶり
NEWSポストセブン
フジコ・ヘミングさん(撮影:中嶌英雄)
《フジコ・ヘミングさん追悼》「黒柳徹子さんがくれたお土産」「三輪明宏さんが家に来る時は慌てて…」密着した写真家が明かす“意外な交友関係”
NEWSポストセブン
ギャンブル好きだったことでも有名
【徳光和夫が明かす『妻の認知症』】「買い物に行ってくる」と出かけたまま戻らない失踪トラブル…助け合いながら向き合う「日々の困難」
女性セブン
破局報道が出た2人(SNSより)
《井上咲楽“破局スピード報告”の意外な理由》事務所の大先輩二人に「隠し通せなかった嘘」オズワルド畠中との交際2年半でピリオド
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン
ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン
木本慎之介
【全文公開】西城秀樹さんの長男・木本慎之介、歌手デビューへの決意 サッカー選手の夢を諦めて音楽の道へ「パパの歌い方をめちゃくちゃ研究しています」
女性セブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
《元同僚の賭博疑惑も影響なし?》大谷翔平、真美子夫人との“始球式秘話”で好感度爆上がり “夫婦共演”待望論高まる
NEWSポストセブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン