スポーツ

楽天・田中将大はいち早く参戦表明も落選の憂き目に… 史上最強「WBC代表」選考の裏側

侍ジャパンへの熱い思いを吐露していた田中将大(写真/AFP=時事)

侍ジャパンへの熱い思いを吐露していた田中将大(写真/AFP=時事)

 2009年の第2回大会以来、3大会ぶりの優勝を目指すWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)日本代表の陣容が固まった。大物選手が次々と参戦表明してメンバー入りし、ファンの期待は高まっている。ただ、やる気を見せていた“大エース”の名がない。その舞台裏とは──。

“チームの駒”になれず

 スポーツ各紙で報じられた侍ジャパン全30人に“過去最強”との呼び声が上がっている。

 エンゼルス・大谷翔平(28)をはじめ、パドレス・ダルビッシュ有(36)やカブス・鈴木誠也(28)らメジャー組が相次いで参戦を表明。オリックスからレッドソックスにポスティング・システムで移籍が決まった吉田正尚(29)も移籍1年目で異例の出場が実現し、カージナルスで活躍する日系アメリカ人のラーズ・ヌートバー(25)が選出されるサプライズもあった。

 NPB組でも、昨シーズン史上最年少で三冠王を達成したヤクルト・村上宗隆(22)やMVPと沢村賞を2年連続ダブル受賞したオリックス・山本由伸(24)と球界を代表する選手が名を連ねている。スポーツ紙デスクが語る。

「最終メンバーの正式発表は2月9日の予定ですが、WBCを主催する読売新聞が〈WBC全30選手固まる〉と報じているため、この陣容でほぼ確定でしょう」

 現役時代ヤクルト、巨人などで活躍し、1984年ロサンゼルス五輪日本代表の経験を持つ広澤克実氏は、今回の代表メンバーに期待を寄せる。

「大谷やダルビッシュが参加できると聞いて驚いています。これまでのメジャーリーガーたちは、所属チームが参加を許してくれないなどの事情で侍ジャパンのユニホームに袖を通すことが難しかった。今大会は世界各国で有名選手が参戦していますし、盛り上がることは間違いないでしょう。NPB球団の選手からも“メジャーリーガーと一緒にプレーしたい”という思いが伝わってくる。そういう意味でも良いチームが形成されるはず」

 だが、選考の過程では異例の事態もあった。ソフトバンクの柳田悠岐(34)や今宮健太(31)、オリックス・森友哉(27)、巨人・坂本勇人(34)など実績のある選手たちの“辞退表明”が相次いだのだ。前出のスポーツ紙デスクが語る。

「2009年の第2回大会では代表に選出された中日の全選手が辞退するといったことがあったが、それは当時監督だった落合博満氏の意向が大きかった。各球団の主力選手たちがここまで自ら辞退を申し出るケースは過去に例がありません。栗山(英樹)監督が思い描いていたベストメンバーとは少し異なるのではないか」

関連記事

トピックス

今後の作品にも期待が高まる(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さまの溢れる文才 小学校の卒業文集と中学1年で書かれた短編小説を全文掲載
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
2021年9月、夜の新宿区立大久保公園周辺。客を待っていた女性と付き添う私服捜査員(時事通信フォト)
街歩き動画が人気だが、一部の過激な配信者に追い詰められる人たちもいる
NEWSポストセブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン