スポーツ

【独占】斎藤佑樹がパパに!妻が第1子妊娠「その子に何をしてあげたらいいだろうと、ふと想像している」と喜びのコメント

斎藤佑樹がパパに(時事通信フォト)

斎藤佑樹がパパに(時事通信フォト)

 引退からはや1年以上。最近、すっかりかつての爽やかな笑顔を取り戻した元プロ野球北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹(34才)。その幸せな様子の裏には、私生活で大きな変化があった。

「奥様が第1子を妊娠されたそうです。現役引退後に起業して周囲を驚かせましたが、公私共に予想外なほど順調のようです」(斎藤の知人)

 斎藤といえば、2006年、早稲田実業高校のエースとして甲子園で優勝。端正な顔立ちと、マウンド上でハンカチで汗を拭うしぐさから「ハンカチ王子」と呼ばれた。進学した早稲田大学でもエースとして君臨。だが2011年、満を持して挑んだプロ野球の世界で大きすぎる壁にぶつかった。

「初先発で初勝利と華々しくデビューしたものの、その後はけがもあり、思った活躍はできませんでした。甲子園の決勝で投げ合った田中将大投手(現・楽天)は、米国メジャーリーグの超名門ニューヨーク・ヤンキースのエースにまで上り詰め、“大差”をつけられたのに、彼の世代はいつまでも『ハンカチ世代』と呼ばれるため、違和感を覚える人も多かった。斎藤さんもつらかったと思います」(スポーツ紙記者)

 プロスポーツは結果がすべて。それは収入にも反映される。特に晩年は、6年連続の年俸ダウンで最後は推定1250万円。ヤンキース時代だけでも年俸総額約161億円を稼いだとされる田中投手とは、天と地の差だ。

 アマチュア時代の栄光の光がまぶしかった分、周囲の人々からはプロ生活の“影”がより暗く見えたのかもしれない。

 一軍から遠ざかり、メディア露出も激減した斎藤が、久しぶりに明るい話題を振りまいたのが2019年のシーズンオフ。学生時代からの友人だった同い年の一般女性A子さんとの結婚を発表したのだ。

関連記事

トピックス

三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
渋谷のスクランブル交差点で笑顔のパッキャオ
「RIZIN」参戦発表のパッキャオ 渋谷スクランブル交差点で家族写真撮影中に大パニック発生
NEWSポストセブン
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
逮捕された永田陸人容疑者と東京・狛江市の事件現場(時事通信フォト)
連続強盗事件、特殊詐欺に酷似する手口 標的は「人に恨みを買う仕事で稼いだ資産家」から「一般人」に
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン