スポーツ

朝乃山、グッズ売り切れ続出で「番付ガタガタ時代の救世主」に 横綱・大関候補が“残念状態”の中で期待の声

関係者の期待を一身に集める朝乃山(時事通信フォト)

関係者の期待を一身に集める朝乃山(時事通信フォト)

 横綱・照ノ富士は全休で、綱取りに挑んだ大関・貴景勝も7日目から休場──大相撲3月場所は、まさに“主役なき戦国時代”の土俵となった。関脇陣も序盤から黒星を重ね、平幕の翠富士や高安が序盤の場所を引っ張る展開となった。7場所連続関脇を守った若隆景はケガで14日目から休場し、大関昇進は白紙に戻った。優勝ラインが下がり、12勝3敗で初優勝した関脇の霧馬山、優勝決定戦まで持ち込んだ小結の大栄翔が来場所での大関取りへの可能性を残したが、安定した力のある頭ひとつ抜け出た次なる“大関候補”が見当たらない状況だ。そうしたなかで、「関係者の期待を一身に集める存在となっている」(担当記者)のが、東十両筆頭の地位で3月場所を迎えた大関経験者・朝乃山だという。

 相撲協会の新型コロナウイルス対策ガイドライン違反によって6場所連続出場停止処分が下された後、昨年の7月場所に三段目で復帰の土俵を踏んでからは順調に番付を上げてきた朝乃山。3月場所も9日目にして早々に勝ち越しを決め、5月場所での幕内復帰を決めた。3月場所の会場でも「来場客からの人気は抜群だった」(同前)という。

「とくに今場所は注目力士が十両に複数いるという異例の状況だった。大関経験者であり幕内優勝経験がある力士が朝乃山と栃ノ心。他に逸ノ城、徳勝龍も幕内優勝経験者です。史上初となる幕下15枚目格付け出しデビューから1場所での十両昇進を決めた“令和の怪物”こと落合もいる。幕内より十両の取組のほうが、声援が大きいと感じられたほど。

 そのなかでも、朝乃山の人気は頭ひとつ抜けていた。期待が大きくなるのは、押し相撲にも対応できるうえに、右四つからの寄りを得意としているからでしょう。いまの幕内上位の力士は、貴景勝をはじめ、御嶽海、阿炎、大栄翔、玉鷲、阿武咲など押し相撲の力士ばかり。ハマれば強い相撲になるが、安定した成績が残せない。まだ若い琴ノ若を大関候補として期待する関係者が多いのも、押し相撲だけじゃなく右四つでも相撲が取れるから。実績と取り口から、朝乃山の復活が望まれているというわけです」(同前)

 会場となったエディオンアリーナ大阪の館内にある相撲協会の公式グッズ売店では、食品や雑貨、アクセサリーなど50種類以上の商品が並び、多くのファンが手に取るのが力士の四股名などが入ったグッズだ。そうしたグッズの売れ行きを見ても、「朝乃山の復活」を望んでいるファンが多いことがよくわかる。協会関係者はこう言う。

「定番の力士タオルは全19種類で、照ノ富士や貴景勝、若隆景、御嶽海など上位陣はほとんど揃っているが、新発売として十両の朝乃山のタオルも置かれていました。土俵そっちのけで相撲グッズを買い求めるファンは複数の力士のタオルを手にしていることが多いが、多くの人の手には朝乃山のタオルが握られていた。

 相撲協会も朝乃山への期待が大きいのか、朝乃山だけスペースを倍くらい取り、見本として広げたタオルが目立つ場所に掲げられていた。そうしたなか、朝乃山のタオルは幕内上位陣を差し置いて中日には真っ先に売り切れたのです。他の朝乃山グッズも売れまくりで、場所終盤には力士うちわくらいしか残っていませんでした」

関連キーワード

関連記事

トピックス

熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
フジテレビ・伊藤利尋アナウンサー
『めざましテレビ』新メイン就任のフジ伊藤利尋アナ、どんな場面でも「完璧に仕切る」実力 局アナとして出演者やスタッフへの気遣いも
NEWSポストセブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
『27時間テレビ』で存在感を示した霜降り明星・粗品(時事通信フォト)
“炎上男”霜降り明星・粗品への賛否 コンプラに縛られるTV界で「自由に暴れ回れるのは彼だけ」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン