芸能

《志村けんさんコント制作秘話》「オレは絶対に子ども向けには作らない」愛弟子が明かす師匠が珍しく激昂した瞬間

志村けんさんが帰ってくる

志村けんさんが帰ってくる

 2020年3月29日──。新型コロナウイルスによる肺炎でこの世を旅立った志村けんさん(享年70)。亡くなってまもなく3年が経とうとしているが、今も志村さんの名前を冠した特番が放送され続けている。生前の志村さんに7年間、四六時中仕えていたのが、付き人兼運転手だった乾き亭げそ太郎氏(52)だった。

 現在は故郷に戻り、鹿児島テレビ(KTS)の専属タレントとして活躍しているげそ太郎氏が師匠・志村けんさんとの思い出を振り返った。

「お墓参りに3回行かせていただきましたが、墓石に彫られた志村さんの名前を見てもまだ実感がわいてきません。私の携帯の待ち受けは今もバカ殿のままですし、志村さんの携帯番号も登録されたまま。毎朝、部屋にある志村さんのお写真に『おはようございます』とご挨拶をして、お酒を注いで1日が始まります。しかし、志村さんと親しかった方たちが次々とお亡くなりになり、ここ最近も受け止められないほどの悲しい別れを経験しました」

 2022年に志村さんが可愛がっていたダチョウ倶楽部の上島竜兵さん(享年61)、親交のあった渡辺徹さん(享年61)、笑福亭笑瓶さん(享年66)が若くして相次いで亡くなった。

「志村さんは渡辺徹さんのことを“徹ちゃん”と呼んでいて、とても楽しそうにコントをされていました。コントの合間の休憩時間に楽屋で将棋を指すのが二人の定番でした。熱が入った時は将棋待ちでコントの撮影がストップしてしまうことが何度もあり、そんな時は僕がスタッフさんに『ちゃんとしろよ!』と怒られました。

 志村さんも強かったですが、徹さんは日本将棋連盟の将棋親善大使を務めていて、アマチュア将棋二段の腕前だったのでよく勝っていたなと思います。笑瓶さんとは志村さんが鶴瓶さんと仲がよかった関係もあって、よく六本木のお店に飲みに出かけていましたね」

「自分の中では今も消化できていません」とげそ太郎氏が語るのが、上島竜兵さんとの突然の別れだった。げそ太郎氏にとって師匠は志村さんであり、上島さんは恩人だった。

関連記事

トピックス

満島ひかり主演映画『ラストマイル』はシェアード・ユニバース作品 “主演クラス”石原さとみとの共演で現場は“ヒリヒリするような独特の緊張感”
満島ひかり主演映画『ラストマイル』はシェアード・ユニバース作品 “主演クラス”石原さとみとの共演で現場は“ヒリヒリするような独特の緊張感”
女性セブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン
五輪直前の忙しい日々、朝のルーティン、将来の夢も語った阿部詩選手
柔道・阿部詩が“柔道家であることを忘れて挑んだ”撮影への感想 「モデルっぽく撮影していただいて楽しかった!」
NEWSポストセブン
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
女性セブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン
フジテレビが説得を続ける織田
【『踊る大捜査線』続編計画】本命は当初から“織田裕二主演による続編” 「柳葉さんがやるなら…」と織田裕二も前向きに検討か
女性セブン
喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン