ライフ

スマホの使いすぎで若年層にも増加、ドライアイの原因となる「マイボーム腺機能不全」の治療法が確立

マイボーム腺機能不全の症状とは?(イラスト/いかわやすとし)

マイボーム腺機能不全の症状とは?(イラスト/いかわやすとし)

 マイボーム腺は瞼の縁にある皮脂腺で、涙を眼の表面に安定させる働きを担う。このため、皮脂が出にくくなると涙が乾き、ドライアイや眼の痛み、炎症などの症状を起こす。以前は加齢が主な原因だったが、若年層もパソコンやスマホの使い過ぎでマイボーム腺機能不全になる人が急増中だ。このたび診断と治療法が確立し、世界に先駆けて日本で診療ガイドラインが策定された。

 涙は涙液という水分と少量の皮脂、糖たんぱくのムチンの3つで構成されている。

 マイボーム腺は上瞼に30~40、下瞼に20~30ほど並んでおり、少量の皮脂を分泌している。この皮脂が涙液の表面を覆い、水分の蒸発を防ぎ、涙を眼の表面に留める役割を担う。それがマイボーム腺機能不全になるとドライアイの原因になったり、眼の痛みや重たい感じ、モノが見えにくいなどの症状が起こる。

 東邦大学医療センター大森病院眼科の堀裕一教授の話。

「マイボーム腺機能不全の有病率は10~20%といわれ、日本国内に約1200万人の患者がいると推計されています。以前は加齢により、皮脂の分泌が減少することが主な原因でしたが、近年はパソコンやスマホの見過ぎや瞼の汚れなど複数の原因が重なって患者が急増しています」

 マイボーム腺機能不全の診断基準は10年ほど前に確立されたが、当時は治療法がなかった。しかし、その後の研究で効果を確認できる治療法が確立され、ようやく診療ガイドラインが策定されたのだ。

 その確立された治療法はセルフケア、薬剤、医療機器の3つ。まずセルフケアは瞼を暖める温罨法の実践だ。マイボーム腺に詰まった皮脂を暖めて溶かし、皮脂の分泌を促して瞼の血流を改善させる。さらに瞼の縁を綿棒でマッサージを行なうと症状が緩和する。また眼専用のシャンプーを使い、瞼を洗うのも効果がある。

 中等症以上では薬物治療と医療機器を併用する。治療薬は抗菌点眼薬とステロイド点眼薬、そして、抗生物質の内服だ。瞼には複数の常在菌がおり、菌叢のバランスが崩れると一部の常在菌が皮脂を変性させる。正常な皮脂は透明でサラッとしているが、変性すると白濁し、粘性が出て詰まりやすくなるため、これらの薬で改善を促す。

関連記事

トピックス

結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
「二時間だけのバカンス」のMV監督は椎名のパートナー
「ヒカルちゃん、ずりぃよ」宇多田ヒカルと椎名林檎がテレビ初共演 同期デビューでプライベートでも深いつきあいの歌姫2人の交友録
女性セブン
NHK中川安奈アナウンサー(本人のインスタグラムより)
《広島局に突如登場》“けしからんインスタ”の中川安奈アナ、写真投稿に異変 社員からは「どうしたの?」の声
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
コーチェラの出演を終え、「すごく刺激なりました。最高でした!」とコメントした平野
コーチェラ出演のNumber_i、現地音楽関係者は驚きの称賛で「世界進出は思ったより早く進む」の声 ロスの空港では大勢のファンに神対応も
女性セブン
元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
5月31日付でJTマーヴェラスから退部となった吉原知子監督(時事通信フォト)
《女子バレー元日本代表主将が電撃退部の真相》「Vリーグ優勝5回」の功労者が「監督クビ」の背景と今後の去就
NEWSポストセブン
文房具店「Paper Plant」内で取材を受けてくれたフリーディアさん
《タレント・元こずえ鈴が華麗なる転身》LA在住「ドジャー・スタジアム」近隣でショップ経営「大谷選手の入団後はお客さんがたくさん来るようになりました」
NEWSポストセブン