芸能

市川猿之助、影響力と権力で暴走が加速した「セクハラ・パワハラ」 歌舞伎界は“見て見ぬフリ”

5月上旬、表参道の高級ブランド店から出てきた猿之助(中央)や隼人(右)、付き人のA氏(左)ら

5月上旬、表参道の高級ブランド店から出てきた猿之助(中央)や隼人(右)、付き人のA氏(左)ら

 これほどまでに閉鎖的で、「間違いを正そう」という声が上げられない歌舞伎界の体質には、驚き呆れるばかりだ。市川猿之助(47才)が主演し、途中休演した『市川猿之助奮闘歌舞伎公演』(東京・明治座)が、中村隼人(29才)の代役で5月28日に幕を下ろした。最終公演の終演後、幕前に正座した隼人は涙声で、

「若手一同は猿之助兄さんに支えられて、いまがある。われわれはずっと『味方』でいようと思っています」
「いつかまた会える日を信じて、精進して参ります」

 と挨拶し拍手喝采を浴びた。

 猿之助が自宅で倒れて救急搬送され、父である市川段四郎さん(享年76)と母親(享年75)が亡くなってから、2週間が経った。

「隼人さんは誰の“味方”なのでしょうか。『女性セブン』が2週間前に報じた猿之助さんのセクハラ・パワハラは、歌舞伎界では以前から少なからず知られていたことで、猿之助さんに近い役者や裏方たちが知らないはずはない。それなのに、それをみんなで無視し、黙殺し、封じ込めようとしています。

 たしかに猿之助さんが倒れ、ご両親が亡くなられたことは、筆舌に尽くしがたい悲劇です。ただ、それとこれとは、話が別でしょう。もし隼人さんやほかの有力な役者たちが舞台上で、“セクハラ・パワハラをしてきた猿之助さんの味方”だと大きな声で表明するのなら、被害を受けた人にとって、これ以上の恐怖はありません。もう声を上げるな、という恫喝なのでしょうか……」

 本誌『女性セブン』に猿之助の「濃厚セクハラ」の被害の実態を明かした歌舞伎関係者はそう語る。

 隼人は、二代目中村錦之助の長男で“歌舞伎界のプリンス”とも呼ばれる門閥の御曹司。次世代のリーダーとしては、社会倫理に照らし率先して「性被害があるなら襟を正す」と言わねばならないはずだが、「猿之助の味方」を叫ばなければならない、何か深く暗い事情があるのだろうか。

《ハラスメントに関しましては、今まで猿之助に関わった複数のマネージャーに聞き取りをしましたところ、弊社管轄の現場において、そのような事実は現在出てきておりません。》

 猿之助の所属事務所「ケイファクトリー」は5月23日、そう発表した。それをもって各メディアは、「所属事務所が猿之助のハラスメントを否定」と報じたが、その裏側はこうだ。

「発表のポイントは《弊社管轄の現場》というキーワードです。ケイファクトリーが猿之助さんをマネジメントする管轄の現場は、猿之助さんが出演するドラマや映画など現代劇や、バラエティー番組などへの出演に限ったものです。つまり、歌舞伎の興行や舞台、一門についてのことは『管轄外』である、ということを言いたかったんでしょう。

 いくら歌舞伎の現場に関係ない現代劇のマネジャーに聞き取り調査をしたところで、猿之助さんが『権力』を持っていた歌舞伎内でのハラスメントが見えてこないのは、当たり前のことです。この所属事務所の発表をもって“セクハラ・パワハラはなかった”と結論づけることはできません」(歌舞伎評論家)

関連記事

トピックス

米東部ペンシルベニア州バトラーで、警護官に囲まれるトランプ前大統領(EPA=時事)
《トランプ前大統領銃撃事件で使用》「全米で広く出回る」AR-15ライフル、日本の暴力団が「使わない」理由
NEWSポストセブン
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
女性セブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン
フジテレビが説得を続ける織田
【『踊る大捜査線』続編計画】本命は当初から“織田裕二主演による続編” 「柳葉さんがやるなら…」と織田裕二も前向きに検討か
女性セブン
日本競泳界の新エースとして期待される本多灯
【パリ五輪・競泳】日本のエース・本多灯の直前練習に密着 自称“無邪気な永遠の4歳児”は「勝つ自信はあります」と凛々しい表情
週刊ポスト
喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
香取慎吾が“謝罪中継”もしたフジテレビに復帰
香取慎吾“因縁のフジテレビ”に復帰、2025年1月期スタート連続ドラマでの主演が内定 SMAPメンバー間の遺恨は完全消滅へ
女性セブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン