猿之助の両親の死因は向精神薬の摂取による中毒死とされている

猿之助の若手たちとの交流は、さまざまに問題視されている

全裸の若手たちをうれしそうに眺める

 猿之助のセクハラ・パワハラは、歌舞伎の名門「澤瀉屋」グループで絶対的な力を持つリーダーの猿之助と、グループの舞台にかかわる弟子筋や役者、裏方スタッフという厳然たる上下関係の中で繰り広げられた。

「2012年の猿之助襲名より前の亀治郎時代は、仕事とプライベートの区別をしっかりつけるかたでした。当然ですが、私的な自由恋愛を舞台に持ち込むなんてありえなかった。

 それが変わったのは、やはり四代目猿之助を襲名してからだと思います。澤瀉屋を一手に背負う立場になり、『ワンピース歌舞伎』といった気鋭の興行を打って世間に注目され始めた頃から、少しずつ変わっていきました。歌舞伎の仕事でかかわる共演者やスタッフとのプライベートな関係を、露骨に歌舞伎の舞台の配役や仕事の割り振りに持ち込むようになりました」(猿之助を知る芸能関係者)

 澤瀉屋関係者が明かす。

「夜にお酒を飲んだ後のことです。タクシーに乗ったときなど、2人っきりになる場面が本当に怖いんです。手を握られるのは当たり前で、キスされたり、下半身を好き勝手に弄ばれたりすることがありました。周りにはベッドの上でもっと深刻な接触を求められていることに悩んでいる人もいました。ただ、無視されたり、役を失うといったことが頭をよぎって、拒否できないんです」

 ある劇場関係者は、「パワハラにセクハラを上乗せしたような行為は日常茶飯事だった」と話す。

「猿之助さんは、歌舞伎だけでなく、現代劇にも幅を広げて自身の興行を行っていたので、現代劇の役者ともネットワークがありました。ある舞台俳優は、“もう猿之助さんの舞台にはかかわりたくない”と周囲に悩みを吐露していました。

 というのも、その俳優は猿之助さんのお気に入りだったのか、ある夜に呼び出されて、さんざんお酒を飲まされた後に、下半身を触るだけではなく、それ以上のことをされたと。相当なトラウマになっているようでした。その後、その俳優は猿之助さんとの関係を拒否したのでしょう。まったく役を与えられなくなりました」

 ここまで猿之助を増長させたのは何だったのだろう。

「澤瀉屋というのは、ほかの家に比べて断然、リーダーである『猿之助』が力を持つという歴史があります。今回の明治座の公演もそうですが、座頭(現代劇でいう座長)として自分の名前を冠する興行を行う力があり、その演目や内容、キャスティングにも絶大な影響力を握っている。自主興行も多いので、裏方の劇場関係者や衣装、大道具などのスタッフは彼の一声で決まります。

 プロデューサーであり脚本も手掛け、演出もこなす猿之助さんの存在は絶大です。そんな影響力と権力が彼の暴走を加速させたといえます」(前出・歌舞伎評論家)

関連記事

トピックス

4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
利益率80%超の「オンラインパーティー」を開催していた小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
【小泉進次郎氏の“オンラインパーティー”集金術】法令のスキマをフル活用して利益1200万円 専門家は「新たな抜け道になる」と懸念
週刊ポスト
宮城野親方
宮城野親方が部屋の消滅危機に! 間垣親方の代行が認められないのは「鳥取城北ルート」を断ち切る意図か
NEWSポストセブン
大谷翔平の肩がメロンのようにデカい
【ドジャース大谷翔平の筋肉トレーニング】思わず目に入る、弾けそうな“メロン肩”
女性セブン
(番組公式Xより)
『不適切にもほどがある!』での話題の河合優実、その確かな実力と経験 「朝ドラヒロイン」待望論も
NEWSポストセブン
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
女性セブン
村山興業東京支社長・坂口を演じるメッセンジャーの黒田有(左)とスズ子のマネージャー・山下を演じる近藤芳正
【『ブギウギ』山坂コンビ対談】近藤芳正と黒田有が振り返る「趣里との出会い」「出演オファー」
週刊ポスト
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン
松本潤
【松本潤がプロデューサー】スタート社“お披露目イベント”は東京ドームと京セラドームで開催 基本構成はライブ
女性セブン
司法の判断はいかに
草津町長からの性被害を“でっち上げ”した元女性町議 「肉体関係はなかった」と虚偽発言認めた裁判は4月判決へ
NEWSポストセブン
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 令和バブルの新・長者番付「調査表」公開ほか
「週刊ポスト」本日発売! 令和バブルの新・長者番付「調査表」公開ほか
NEWSポストセブン