国内

小室圭さん・眞子さんのNY買い物デートを目撃 終始手つなぎ、路線バス内で熱い抱擁、密着ぶりに日本人は目を白黒

肩にしなだれかかり、小室さんのスマホを覗きこむ眞子さん

肩にしなだれかかり、小室さんのスマホを覗きこむ眞子さん(写真/Probe-Media.com)

 米ニューヨーク・マンハッタンの南側に位置するダウンタウンのウエストヴィレッジ地区は、前衛的なアートとカルチャーの中心地としてアーティストに愛されている。メインストリートには、ニューヨーク発のブランド「マーク・ジェイコブス」をはじめとしたブランドショップやセレクトショップ、劇場などが連なり、デートで散策するのに人気のエリアだ。

 7月下旬の昼下がり、小室眞子さんと圭さんの姿もこの街にあった。髪を低い位置でまとめたおそろいのお団子姿からは、仲睦まじさがうかがえる。

 眞子さんは、白色のコットンレースのブラウスに、黒色のワイドパンツ、グレーのフラットシューズというお出かけスタイルだ。小室さんは、グレーのポロシャツのボタンをワイルドに開き、デニムパンツに、青いナイキのスニーカーを合わせている。ふたりはこの日、夏のファッションアイテムのショッピングに出向いたようだ。

「小室さんのお目当ては、『ファリティ』というカジュアルファッションブランドのショップだったようです。『ファリティ』は、サーファーで、元ラルフローレンのデザイナーの兄弟が始めたブランド。カジュアルとはいえ、素材にこだわっているため決して安価ではありません。それでもニューヨーク州弁護士として軌道にのったのか、いくつものアイテムを買い込んでいました」(在米ジャーナリスト)

 顔をほころばせ店をあとにした小室さんの手には、茶色の紙袋が握りしめられていた。ふたりのショッピングは続く。眞子さんは、「ペイジ」というカジュアルファッションの店で品定めを始めた。

「『ペイジ』はアメリカの西海岸発のブランドで、特にデニムが人気です。眞子さんは白地にストライプのシャツを手に取り、素材の感触を確かめたり、体に合わせてサイズを確認したりしていました。価格は日本円で3万円ほどでしょう。小室さんはぴったり隣にくっつき、眞子さんにアドバイスをしていました」(前出・在米ジャーナリスト)

 その日の気温は30℃ほど。真夏日にもかかわらず、小室さん夫婦は終始手をつないで街を歩く。恋人つなぎのときもあれば、指をもどかしそうに絡ませることも。道すがら小室さんが眞子さんを抱き寄せる姿や、バス停で待ちながら眞子さんが小室さんにしなだれかかる姿もみられた。

「I LOVE NY」のロゴが入った路線バスに乗り込むと、気持ちが高ぶったのか、小室さんは眞子さんを抱き寄せ、眞子さんもまた、小室さんに体を預け、ふたりは熱い抱擁を交わした──。

「元皇族」とはいえ、ここはニューヨーク。かつての窮屈さは遠い昔のことのようで、いまは解放感に身を浸す。それでも行き交う人々の中で、特に日本人はふたりの密着に気づき、目を白黒させていた。

※女性セブン2023年8月17・24日号

関連記事

トピックス

喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
フジテレビが説得を続ける織田
【『踊る大捜査線』続編計画】本命は当初から“織田裕二主演による続編” 「柳葉さんがやるなら…」と織田裕二も前向きに検討か
女性セブン
五輪出場権を逃したが、その無念を晴らす結果となった古江彩佳(時事通信フォト)
女子ゴルフ・古江彩佳、「メジャー制覇」を支えた“ゴルフ素人”の父 なぜ世界レベルの女子プロは「親の声」に耳を傾けるのか
週刊ポスト
香取慎吾が“謝罪中継”もしたフジテレビに復帰
香取慎吾“因縁のフジテレビ”に復帰、2025年1月期スタート連続ドラマでの主演が内定 SMAPメンバー間の遺恨は完全消滅へ
女性セブン
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
『サンデーモーニング』MCの膳場貴子アナ(時事通信フォト)
サンモニ膳場貴子アナ“トランプ発言炎上”、反省しつつも「弱腰になるタイプじゃない」 トランプ陣営への厳しい目は変わらず“関口宏氏の正統後継者”へ
週刊ポスト
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
「1番新しい投稿に佳子さまが!!!!」宮内庁インスタグラムが佳子さまのお姿を初投稿にファン歓喜 “ワンショット”に期待の声も
NEWSポストセブン
“ジュノンボーイ”ファイナリストともに逮捕された佐野(時事通信フォト)
《サッカー日本代表が不同意性交容疑》佐野海舟と共に逮捕された“ジュノンボーイ”ファイナリスト・竹内迅人容疑者、落選で夢破れて芸能人養成スクールを辞めたばかりだった
NEWSポストセブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
登録者の平均年齢は約70才、最高齢は91才 マンション管理業務の委託・請負会社会長が語る“高齢者が働くことの意義”
登録者の平均年齢は約70才、最高齢は91才 マンション管理業務の委託・請負会社会長が語る“高齢者が働くことの意義”
マネーポストWEB