スポーツ

巨人・岡本和真、秋広優人 令和のOAコンビの台頭で感じる「松井秀喜の現役時代を知らない強み」

岡本和真(右)と秋広優人の「令和のOAコンビ」が台頭している

岡本和真(右)と秋広優人の「令和のOAコンビ」が台頭している

 この2人がいれば、巨人のクリーンアップは数年先まで安泰か──。今季、巨人は3年目の秋広優人が台頭。松井秀喜の背番号55を受け継いだ男は5月下旬から3番に固定され、7月28日からはセ・リーグの二冠王をひた走る4番・岡本和真の後ろを打つ5番を任されている。

「秋広も岡本も“巨人・松井秀喜の凄さをリアルタイムで見ていない”という共通点があります。松井さんは1992年の夏の甲子園で5打席連続敬遠され、翌年に巨人に入団。1年目の後半には3番を打ち、3年目の1996年には38本塁打を放って、11.5ゲーム差を逆転する“メークドラマ”の立役者になりました。1998年、2000年、2002年は本塁打と打点の二冠王に輝いた巨人の4番です。そして翌年はヤンキースに移籍した。

 秋広は2002年生まれですから、記憶には全くない。岡本は1996年生まれですから、巨人時代の姿は幼少時の記憶が少しある程度でしょう。これが今、巨人でプレーする2人にとってプラスになっている側面もあるのでは」(プロ野球担当記者。以下同)

ONの全盛期を知っていた原辰徳の重圧

 初代の永沢富士雄から数え、2018年に4番に座った岡本は89代となる。現在、中田翔まで91人の4番打者が誕生している。巨人の4番には打撃の神様・川上哲治、ミスタープロ野球・長嶋茂雄、世界のホームラン王・王貞治と、プロ野球を発展させた打者が名を連ねている。

「現在の原辰徳監督は、現役時代ONと比較され続け、チャンスに弱いと言われました。しかし、通算打率2割7分9厘、382本塁打、1079打点と立派な成績を残した。それでも、評価が数字に比例しなかったのは、ファンがONの残像に囚われていたからでしょう。まして、原本人が長嶋茂雄に憧れて野球を始め、ONの全盛期を知っている。その重圧は大きかったでしょう。

 一方、原の次に生え抜きとして4番に定着した松井は長嶋茂雄の引退した1974年に生まれている。1980年に引退した王貞治の現役時代もほとんど見ていないはず。もちろん、その成績や逸話から2人の凄さは知っていたでしょうが、その凄すぎる全盛期をリアルタイムで見ていない。ONと比べられるプレッシャーを必要以上に感じることなく、師匠・長嶋監督と二人三脚で、自分のバッティングの成長に邁進できたのでしょう」

関連記事

トピックス

「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
松本潤
松本潤、新会社の登記簿に「仮想通貨の企画」「美容サロンの経営」「農業」の項目 幅広い人脈から見えるビジネスの勝算
女性セブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
都知事選出馬表明の石丸伸二氏にオバ記者が突撃!「大学時代の交際歴はない」「読んだ漫画は2万冊超」…その素顔に迫る
都知事選出馬表明の石丸伸二氏にオバ記者が突撃!「大学時代の交際歴はない」「読んだ漫画は2万冊超」…その素顔に迫る
女性セブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン