芸能

テレ朝・弘中綾香アナ、産休で長期離脱も早々に「復帰待望論」が沸き上がる局内事情

9月末ころから産休に入る予定だという弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)

9月末ころから産休に入る予定だという弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)

 テレビ朝日の顔である弘中綾香アナ(32)がまもなく長期離脱する。

「9月末ころから産休に入る予定だと聞いています。年内にも出産予定だそうで、お腹もだいぶふっくらしてきました」(テレ朝関係者)

 昨年9月にベンチャー企業社長の岡田祥吾氏と結婚した弘中アナ。「資産30億円」とも報じられた夫とのセレブ婚から1年、新たな家族を迎える準備に入る。現在、弘中アナのレギュラーは『激レアさんを連れてきた。』、『あざとくて何が悪いの?』、『隣のブラボー様』の3本。スポーツ紙記者が語る。

「『あざとくて』は9月に卒業することが告知されましたが、ほか2つの今後については未発表。『激レアさん』での弘中アナのフリップ芸を含めて、いずれも彼女のキャラありきの番組です。弘中アナなしで成立するかどうか……。仮に打ち切りにしないとしても、後任アナのプレッシャーは半端ではないはず」

 報道志向の強いテレ朝アナにあって、弘中アナのポジションは稀有だと女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏は言う。

「テレ朝のアナは基本的に地味というか、正統派が多いので、局側も後継者選びには難儀していると思います。無理やり候補を探すとなると、一人は三谷紬アナ(29)でしょう。ユーチューブで体当たりのダイエット企画に臨んだり、レギュラーの『新日ちゃんぴおん!』では個性豊かなプロレスラーと絡んだりと、テレ朝では貴重なバラエティ枠のアナです。

 もう一人は田中萌アナ(32)。過去の不倫スキャンダルを乗り越えて、最近は『くりぃむナンタラ』をはじめ芸人と絡むバラエティ番組の出演が増えてきた。『ABEMA Prime』で報道キャスターもこなしており、アナウンス力もある。硬軟合わせて対応できる人材です。ただ、いずれも弘中アナほどの存在感を発揮できるかといえば、なかなか難しい」

 そこでこんな声も聞こえてくる。前出のテレ朝関係者が語る。

「大変だとは思いますが、弘中アナには極力早く復帰してもらえないかというのが正直なところです。

 レギュラー番組の卒業、後任アナへの引き継ぎという形ではなく、あくまで一時的に代打のアナを立てる形で、弘中アナには可能な限り最速で番組に戻ってもらう。NHKの和久田麻由子アナを超える1年以内の復帰なら局側も助かるでしょう。酷な話ですが、それほどの逸材なのです」

 試練を乗り越えることはできるか。

※週刊ポスト2023年9月8日号

関連記事

トピックス

古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
「二時間だけのバカンス」のMV監督は椎名のパートナー
「ヒカルちゃん、ずりぃよ」宇多田ヒカルと椎名林檎がテレビ初共演 同期デビューでプライベートでも深いつきあいの歌姫2人の交友録
女性セブン
愛子さまの選択はご公務にも影響を与える可能性
【宮内庁の公式インスタグラム】「フォローする・しない」が外交上のトラブルを生む可能性 “誹謗中傷”\\\\\\\\\\\\\\\"いいね至上主義”のリスクも
女性セブン
結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
95歳で亡くなった宗田先生
《宗田理さんラストインタビュー》『ぼくらの七日間戦争』は「子ども向けに書いたものではなかった」根底にあった戦争体験と国家への不信感
NEWSポストセブン
(写真/PIXTA)
【紅麹問題で注目される“サプリメントの闇”】すべての製品の有効性・安全性が担保されていない実情、「機能性表示」という仕組みにも問題アリ
女性セブン
NHK中川安奈アナウンサー(本人のインスタグラムより)
《広島局に突如登場》“けしからんインスタ”の中川安奈アナ、写真投稿に異変 社員からは「どうしたの?」の声
NEWSポストセブン
コーチェラの出演を終え、「すごく刺激なりました。最高でした!」とコメントした平野
コーチェラ出演のNumber_i、現地音楽関係者は驚きの称賛で「世界進出は思ったより早く進む」の声 ロスの空港では大勢のファンに神対応も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
5月31日付でJTマーヴェラスから退部となった吉原知子監督(時事通信フォト)
《女子バレー元日本代表主将が電撃退部の真相》「Vリーグ優勝5回」の功労者が「監督クビ」の背景と今後の去就
NEWSポストセブン