芸能

【阪神のお膝元出身】上沼恵美子、北川景子、有働アナ…共通点は「ストレートな性格」「サービス精神」

北川景子

兵庫県神戸市出身の北川景子(時事通信フォト)

 圧倒的な勝負強さで念願の優勝を果たした阪神タイガース。そんな阪神の“お膝元”である大阪府・兵庫県出身の女性有名人には、とある傾向があるという。コラムニストで放送作家の山田美保子さんが、関西出身の女性たちを分析します。

 * * *
 祝! 阪神タイガース、18年ぶり6回目のリーグ優勝!! 東京生まれ、東京育ちながら、物心ついたときから虎党の私も9月14日の夜は自宅で祝杯をあげました!

 今年の阪神タイガースの強さは、「岡田(彰布・65才)采配」がことごとく当たったこと。監督が若い選手を信頼して、たとえ不振が続いても起用し続けたことに選手が応えたから。投手陣の層の厚さ、若い選手がよく打つ……などが理由に挙げられます。

 そう、いまの阪神タイガースの選手は若いんです! ということは来シーズンも強いという可能性が高い。来季もアレがアレしてアレしちゃうかもしれません。

 14日の試合終了後に見た『報道ステーション』(テレビ朝日系)で、黄色いインナーに黒のアウターという“虎カラー”の服に身を包み、甲子園球場からリポートしていたのは、元・朝日放送のヒロド歩美アナウンサー(31才)でした。

 実はヒロドさん、14日はまだ誰も観客が入っていない早いうちから甲子園球場にやってきて、「来ました!」のコメント入りの写真をInstagramにあげていたのです。さらには「ファン感謝デー以来のトラッキーとラッキー」と、阪神のマスコットキャラクターとの3ショットも公開。ガチの虎党、虎番です。

 どれほどハイテンションな中継になるかと思いきや、落ち着いたトーンで、ゆっくりと一言一言を噛みしめるようにリポートしていました。

 ヒロドさんが今年3月末で朝日放送を退社し、フリーアナウンサーになった直後に『~ステーション』のスポーツコーナーを担当することになった際には、少なからずバッシングの声があったものです。

 それまでスポーツコーナーを担当していた安藤萌々アナウンサー(25才)は月~木曜のメインキャスターに昇格したものの、あれだけアスリートやスポーツの現場取材を懸命にしてきて、勉強もよくしていて、視聴者からの評判もよかっただけに「ちょっと気の毒」と私も思いました。

 テレビ朝日の局アナの皆さんとしても、「(系列局とはいえ)どうして他局出身者が?」と思ったに違いありません。

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
【電撃結婚】大谷翔平の日ハム同期、元コーチも祝福「野球以外にも興味があってよかった」「女性の影はなかった」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン