国内

学校での性被害 被害届を出しにくい雰囲気がつくられる現実はまだある

女子トイレに設置され、盗撮に使われたとみられる火災報知器型のカメラ(中央)など(イメージ、時事通信フォト)

女子トイレに設置され、盗撮に使われたとみられる火災報知器型のカメラ(中央)など(イメージ、時事通信フォト)

 近年、教職員の不祥事、とくに性犯罪が報じられることが増えている。文部科学省の調査によれば、2021年度に性犯罪・性暴力等による懲戒処分を受けた公立学校の教育職員数は全国で216人(うち児童生徒等に対する者は94人)だった。2019年度の273人(126人)と比べると減少しているように錯覚してしまうが、新型コロナウイルスの感染拡大で人と人が接触することが減っていたことを思うと、むしろ減少ととらえないほうがよいのではないかと思えてくる。ライターの宮添優氏が、この統計には含まれていない被害者の関係者から、不祥事の小さく見せたい学校の雰囲気と回復されない被害についてレポートする。

 * * *
「東京の校長先生がわいせつな行為をして逮捕されたとニュースで見たらしく、なぜうちの学校の先生はニュースになってないの? 逮捕されないの? と聞かれ、確かにそうだと思いました。しかも、娘の学校では何度も事件が起きているのです」

 冷静だが、憤りを隠せないといった口調で話すのは、関東地方の公立高校に通う女子生徒の父親・Eさん(50代)。Eさんが見たニュースというのは、都内の公立中学校長が、女子生徒のわいせつな動画を撮影し逮捕された、というものだった(その後別の生徒への準強姦致傷容疑で再逮捕)。事前に「校長からわいせつな行為をされた」という被害の声もあがっていたといい、現役校長によるあまりに卑劣な犯行は、テレビニュースでも連日報じられ、視聴者を唖然とさせている。

 一方、Eさんの娘が通う高校では、教員が女子生徒を盗撮するという事件が、2022年と2023年、2件が立て続けに起きていた。前出の“わいせつ校長”が逮捕されたのは、2件目の事件が発覚する直前。校長逮捕のニュースを見て「去年の盗撮事件はなぜ、報じられないのか」とEさん自身が思っていたところに、まさか娘が通う高校で2度目の事件が起きてしまった。さすがに、これはいよいよニュースになる、問題教師も逮捕される──。そう確信したという。しかし、2度目の事件をめぐる学校側の動きは、Eさんを含め、生徒も保護者も到底納得できないものだった。

「保護者向けの説明会の半月後、教育委員会の謝罪会見があったんです。直後に一部メディアが報じたものの、それほど大きな騒ぎにもなりませんでした。しかも、今回も先生は逮捕されていないんです。正直、先生からの直接説明を求めても、被害者が生徒だから、を理由にコトを荒げないでくれとお願いされるばかり。被害者が生徒なのは十分わかる。でも、その理由を盾に、結果的にはわいせつ教員を守っていることになっていないかと思うのです」(Eさん)

 Eさんや複数の学校関係者によれば、同校で発生した2件の盗撮事件概要はこうだ。女子生徒用の更衣室にカメラを設置するなどして女子生徒を盗撮していた事実が発覚し、教員本人は犯行を認めていた。にもかかわらず、盗撮した教員は逮捕されていない。関係者の一人は、いずれも「発覚」時点では学校関係者だけで事案の発生が共有され、その後、緊急的な教員・生徒への内部調査を経て、警察当局や上部機関への報告がなされている可能性が高いという。学校側、つまり教員側の関係者だけで調査などがすすめられたため、その間に被害者側が「被害届」を提出するタイミングを失ったのではないか、と子供が在籍している保護者達は危惧する。

関連記事

トピックス

大谷翔平選手(時事通信フォト)と妻・真美子さん(富士通レッドウェーブ公式ブログより)
《水原一平ショック》大谷翔平は「真美子なら安心してボケられる」妻の同級生が明かした「女神様キャラ」な一面
NEWSポストセブン
裏金問題を受けて辞職した宮澤博行・衆院議員
【パパ活辞職】宮澤博行議員、夜の繁華街でキャバクラ嬢に破顔 今井絵理子議員が食べた後の骨をむさぼり食う芸も
NEWSポストセブン
海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという
フジ元アナ・秋元優里氏、竹林騒動から6年を経て再婚 現在はビジネス推進局で海外担当、お相手は総合商社の幹部クラス
女性セブン
岸信夫元防衛相の長男・信千世氏(写真/共同通信社)
《世襲候補の“裏金相続”問題》岸信夫元防衛相の長男・信千世氏、二階俊博元幹事長の後継者 次期総選挙にも大きな影響
週刊ポスト
女優業のほか、YouTuberとしての活動にも精を出す川口春奈
女優業快調の川口春奈はYouTubeも大人気 「一人ラーメン」に続いて「サウナ動画」もヒット
週刊ポスト
二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ
《独立後相次ぐオファー》二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ 「終盤に出てくる重要な役」か
女性セブン
真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
女性セブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン