国内

ヤクザは絶滅危惧種か 現役組長が口にした「俺もやめたい。やめたら生活保護」

ヤクザを続けるのは辛い時代。JR神田駅周辺で実施された暴力団追放パトロールでは、飲食店に対して、暴力団に金銭を支払わないことや金銭を要求されても恐れずに警察に相談するよう呼びかけた(イメージ、時事通信フォト)

ヤクザを続けるのは辛い時代。JR神田駅周辺で実施された暴力団追放パトロールでは、飲食店に対して、暴力団に金銭を支払わないことや金銭を要求されても恐れずに警察に相談するよう呼びかけた(イメージ、時事通信フォト)

 警察や軍関係、暴力団組織などの内部事情に詳しい人物、通称・ブラックテリア氏が、関係者の証言から得た驚くべき真実を明かすシリーズ。今回は、「絶滅危惧種」となったヤクザが考える人生の終着点について。

 * * *
「ヤクザは絶滅危惧種」と語ったのは、長年に渡り山口組の顧問弁護士を務めてきた山之内幸夫・元弁護士だ。2017年に出版された著書は『日本ヤクザ「絶滅の日」-元山口組顧問弁護士が見た極道の実態』(徳間書店)という題名がつけられ、ヤクザが絶滅に向かっていることを印象づけた。

「日本のヤクザは絶滅危惧種なのか」、日本の暴力団事情について海外の人達に話をすると、時々このような質問が返ってくる。「日本からヤクザがいなくなれば、そこに海外のマフィアや別の犯罪グループが入り込むのではないか」と彼らは危ぶむ。警察の頂上作戦や取締強化により、暴力団はその勢力を縮小しつつある半面、半グレや外国人の犯罪グループなどによる事件が絶えないことも理由である。

 警視庁のある幹部もヤクザは「風前の灯で消えるのは時間の問題」と話す。「暴力団は肩身の狭い思いをしている。半面、組など組織を持たないネットつながりの集団が幅を利かせている」という。他の警察幹部は「ネット社会になり、世界各地の距離が縮まったことで、犯罪グループが多様化し、ヤクザも今までと同じでは生き残れない。たとえヤクザが幅を利かせていても、他の組織は入り込む」

 当のヤクザも自分たちを絶滅危惧種だと感じているらしい。「他の組織や犯罪集団が入ってこようが、俺たちの生き方には関係ない。ヤクザはもともと強くなければ、稼ぐ力がなければ淘汰される生き物だ。社会からあぶれた者、はみ出した者を受け入れ、まとめて統制してきた。行き場のなくなった輩の居場所になり、無法者を組のルールで抑えてきた。だから自分たちのことは必要悪だと思ってきた。それが通じなくなったのなら、時代の流れに逆らうことはできない」と、関東を拠点に活動する暴力団組織の組長はいう。

関連記事

トピックス

結婚を電撃発表した大谷(時事通信)
《パーカー紐の蝶々結び》大谷翔平と「結婚相手の有力候補年下女性」を結ぶ“匂わせサイン”SNSでは「お揃いのオーダーメイドシューズ」が話題
NEWSポストセブン
78歳になったタモリ(時事通信フォト)
【『ブラタモリ』終了】なぎら健壱が紐解くタモリの“セッション”「相手が上手いと、こっちも上手くなった気になれる」
NEWSポストセブン
電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
「オレは頑張っている姿を見るのが好きなんだよ」と語るジャンボ尾崎(撮影/太田真三)
【後進の育成に心血を注ぐジャンボ尾崎】門下生のために自ら練習場の芝を整備、練習器具を手作り 教えないで「気づかせる」指導法
週刊ポスト
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン