芸能

【いじめ騒動】休演続く宝塚宙組、複数のタカラジェンヌが退団を視野「20~30人規模」大量退団の可能性も

宝塚の壮絶な騒動と“リーク”との関係は

複数のタカラジェンヌが退団を視野に入れているという

「清く、正しく、美しく」を標榜する宝塚歌劇団で起きていたのは、そのモットーとは正反対の、陰湿で凄惨な「いじめ」だったのか。“被害者”の転落死という最悪の事態に折り重なるように、“加害者”にも仄暗い未来が待ち受ける──。

「わかってくれている人は、わかってくれていると思います……」

 宝塚歌劇団・宙組トップスターの芹香斗亜の母親は、本誌『女性セブン』の問いかけにそう静かに応じた。前代未聞の事態に陥っている宝塚歌劇団。そして、いじめ疑惑の“加害者”とされた劇団員たちも、激震のさなかにいる。

 10月20日、有愛きいさん(享年25)が所属していた宙組の宝塚大劇場(兵庫県)での公演が、11月5日までの全日程で中止することが発表された。さらに、11月10日に同劇場で開幕予定だった雪組の公演も、《生徒の心身のコンディションを最優先に対応》という歌劇団のコメントとともに、11月23日までの中止が発表された。

 タカラジェンヌたちにとって、有愛さんの突然の死が、あまりに悲しくつらい現実だということなのだろう。外部の弁護士や医師、カウンセラーなど第三者による調査チームが発足し、ヒアリングと同時に精神的なケアを行っているが、調査には時間がかかる見込みだという。

「中止になった公演の内容は、この状況下で演じるにはあまりに酷なものでした。宙組の『PAGAD』には、登場人物の身投げや、ギロチンで処刑されるなどのショッキングな場面があります。また、10月15日から3日間の公演が中止になった、東京宝塚劇場での月組公演『フリューゲル -君がくれた翼-』にも、拳銃自殺を想起させる音響効果が用いられていました。

 劇団員たちがいつものように平常心で舞台に立つことは到底不可能で、今後予定されている公演の開催可否はもちろん、演出やシナリオの変更などが求められている状況です」(宝塚関係者)

 有愛さんは、9月30日土曜日の早朝に、自宅マンションから転落死した。有愛さんが出演する公演初日の翌朝だった。実はその日、有愛さんの両親は、愛娘のステージを観劇する予定だったという。

「有愛さんの双子の妹もタカラジェンヌで、雪組に所属する一禾あおさんです。大劇場で宙組の公演がある一方、大劇場の隣にある宝塚バウホールでは『宝塚舞踊会』が予定されていました。一禾さんは長唄『島の千歳』で日本舞踊を披露する3人のタカラジェンヌの1人でした。ご両親は、自宅のある京都から、娘2人の舞台を観劇しに、足を運んでいたそうです」(有愛さん一家の知人)

 そこに飛び込んだのが、有愛さんの訃報だった。

「ところが、有愛さんの死の翌日である10月1日、一禾さんは舞台上に立っていたんです。周囲は、精神的に耐えられないだろうと出演しないことをすすめたんですが、一禾さんは“(共演する)ほかの2人の迷惑になるから”と、舞台に穴をあけることを頑なに拒んだそうです。

 その時点で、亡くなったのが有愛さんとは発表されていませんでした。ですが、家族には伝えられていたはず。ファンの間でも、一禾さんのお姉さんが亡くなったと広まっていたぐらいですから……。舞台上の彼女は、手先、足先の動きまで繊細で美しかった。凜として舞台に立つ姿に、客席からはすすり泣く声も漏れていました」(観劇した人)

関連キーワード

関連記事

トピックス

伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
総理といえど有力な対立候補が立てば大きく票を減らしそうな状況(時事通信フォト)
【闇パーティー疑惑に説明ゼロ】岸田文雄・首相、選挙地盤は強固でも“有力対立候補が立てば大きく票を減らしそう”な状況
週刊ポスト
新アルバム発売の倖田來未 “進化した歌声”と“脱がないセクシー”で魅せる新しい自分
新アルバム発売の倖田來未 “進化した歌声”と“脱がないセクシー”で魅せる新しい自分
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大ヒット中の映画『4月になれば彼女は』
『四月になれば彼女は』主演の佐藤健が見せた「座長」としての覚悟 スタッフを感動させた「極寒の海でのサプライズ」
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
(左から)中畑清氏、江本孟紀氏、達川光男氏による名物座談会
【江本孟紀×中畑清×達川光男 順位予想やり直し座談会】「サトテル、変わってないぞ!」「筒香は巨人に欲しかった」言いたい放題の120分
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン