東京五輪の閉会式でパフォーマンスをするなど、宝塚は世界に誇る日本の文化のはずだった(時事通信フォト)

東京五輪の閉会式でパフォーマンスをするなど、宝塚は世界に誇る日本の文化のはずだった(写真は2021年8月、時事通信フォト)

スパルタが体に染みついている

 透き通るような歌声の娘役として人気を博した有愛さんは、明るくて面倒見がよく、後輩からも慕われる存在だったという。

「責任感が強く真面目で、先輩から言われたことをしっかりとこなすタイプでした」(別の宝塚関係者)

 彼女が25年の短い生涯を閉じることになった背景には、歌劇団内部にはびこる因習があると報じられ、大きな騒動になっている。

 今年2月、『週刊文春』は、宙組所属の娘役・天彩峰里が、ヘアアイロンを押し当てて後輩の額をやけどさせたなどとする「いじめ疑惑」を報じた。被害者の「Aさん」と記されたのが有愛さんだった。

「やけど騒動そのものは、それから1年半以上前のことでした。当初から彼女は、“大ごとにはしたくない”と学校側に被害を訴え出ることさえしていませんでした。ところが記事が出たことで、有愛さんが“週刊誌にリークした犯人”という疑いの目を向けられるようになり、さらに深刻に悩んでしまったようです」(前出・宝塚関係者)

 10月7日、会見を開いた宝塚歌劇団の木場健之理事長は、「上級生から下級生に髪形のアドバイスはよくあることで、(ヘアアイロンが)誤って当たってしまったことはあると両方から聴いている」とし、故意ではなかったとして「いじめ疑惑」を完全に否定した。

 しかし、宝塚内部に脈々と「いじめ体質」が燻っていたことは、小柳ルミ子(71才)や檀れい(52才)ら宝塚OGたちが過去に明かしている。その体質を増長させてきた原因の1つは、かつて存在した「予科事」という暗黙のルールだろう。

 宝塚音楽学校は、2年制の学校だ。上級生を「本科生」、下級生を「予科生」と呼び、本科生が予科生に対して、生活態度などを指導する伝統があった。予科生に課されていたのが「予科事」だ。

「本科生が乗っているかもしれないから、目の前を通過する阪急電車に頭を下げる。本科生への返事は『はい』『いいえ』のみで、本科生の話を聞くときには、眉間にしわを寄せて口角を下げた『予科顔』をしていました。派手な服を身につけることは禁止。音楽学校の寮内では生活音を出すことさえ憚られ、反省ノートの記入のために、睡眠時間を削るのは当たり前でした」(宝塚OG)

 たしかに、クオリティーの高いステージを維持するためには、音楽学校で徹底的に基礎を身につける必要がある。先輩から後輩へ、時に厳しい指導があったのかもしれない。別の宝塚OGが続ける。

「とにかく、いい舞台を作らなければというプレッシャーとの闘いです。厳しい指導なんて、芸事をやっていれば、どこにでもあることです。上級生や先生がたが指導してくださるから、私たちは宝塚でやっていけたのであって、それを厳しいと感じるかどうかは、その人次第でしょう」

 それでも、そのルールが原因で、心身に不調をきたす生徒が出たこともあった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
「二時間だけのバカンス」のMV監督は椎名のパートナー
「ヒカルちゃん、ずりぃよ」宇多田ヒカルと椎名林檎がテレビ初共演 同期デビューでプライベートでも深いつきあいの歌姫2人の交友録
女性セブン
愛子さまの選択はご公務にも影響を与える可能性
【宮内庁の公式インスタグラム】「フォローする・しない」が外交上のトラブルを生む可能性 “誹謗中傷”\\\\\\\\\\\\\\\"いいね至上主義”のリスクも
女性セブン
結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
95歳で亡くなった宗田先生
《宗田理さんラストインタビュー》『ぼくらの七日間戦争』は「子ども向けに書いたものではなかった」根底にあった戦争体験と国家への不信感
NEWSポストセブン
(写真/PIXTA)
【紅麹問題で注目される“サプリメントの闇”】すべての製品の有効性・安全性が担保されていない実情、「機能性表示」という仕組みにも問題アリ
女性セブン
NHK中川安奈アナウンサー(本人のインスタグラムより)
《広島局に突如登場》“けしからんインスタ”の中川安奈アナ、写真投稿に異変 社員からは「どうしたの?」の声
NEWSポストセブン
コーチェラの出演を終え、「すごく刺激なりました。最高でした!」とコメントした平野
コーチェラ出演のNumber_i、現地音楽関係者は驚きの称賛で「世界進出は思ったより早く進む」の声 ロスの空港では大勢のファンに神対応も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
5月31日付でJTマーヴェラスから退部となった吉原知子監督(時事通信フォト)
《女子バレー元日本代表主将が電撃退部の真相》「Vリーグ優勝5回」の功労者が「監督クビ」の背景と今後の去就
NEWSポストセブン