ピンチのときも笑って受け止める

『カーネーション』

『カーネーション』

 強くたくましいのも母なら、おおらかな優しさで娘を見守るのも母。3位にランクインしたのは、大正末期を舞台にした『カーネーション』(2011年)で四姉妹の母・千代を演じた麻生祐未(60才)だ。

「神戸のお嬢様だった千代はどこまでもマイペースでおっとり。父と娘のけんかを戸惑いながら見ていたり、長女の洋裁店を下手なりに手伝ったり不器用だけれども一生懸命で、こういうお母さんがいてもいいよねと思わせる、愛すべき存在でした」(吉田さん)

『マー姉ちゃん』(1979年=共同通信社)

『マー姉ちゃん』(1979年=共同通信社)

 1970年代の作品でありながら4位に輝いた『マー姉ちゃん』(1979年)の藤田弓子(78才)演じるはるも天真爛漫な母。コラムニストの桧山珠美さんはこう話す。

「底抜けに明るい敬虔なクリスチャンという役柄で家の蓄えを教会に寄付し、一家が困窮しても“なんとかなるわ”と常にポジティブ。風変わりではあるものの、藤田さんの柔和な笑顔によって憎めない母親像になっていた」

どんなときも娘の味方でいる

『まんぷく』(2018年)

『まんぷく』(2018年)

 母という存在は寄り添うだけでなく、時に娘の前に立ちはだかる。その代表格は『まんぷく』(2018年)の松坂慶子(71才)が好演した鈴だと、カトリーヌあやこさんは話す。

「言いたい放題、わがまま放題でも、松坂さんのチャーミングさによって愛されキャラに。源義経の末裔を自称して“武士の娘です”という決めぜりふから“ぶしむす”というニックネームがつけられ、SNSも盛り上がりました」

『ちりとてちん』(2007年)

『ちりとてちん』(2007年)

 娘とのすれ違いを描き共感を誘ったのは、6位に挙がった『ちりとてちん』(2007年)で頼りなくも魅力的な母を演じた和久井映見(52才)だ。

「“お母ちゃんみたいになりたくないの!”と叫んで家を出ようとする娘の喜代美に対して“お母ちゃんに謝れ!”と手をあげる夫に、“父ちゃん、やめて!”と必死で娘を守ろうとするやりとりは本当につらかった。だけど落語家になった喜代美は自分の母のように周りを明るく、輝かせる存在になりたいと最後は“お母ちゃん”になる道を選ぶんですよね」(『大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた』著者の田幸和歌子さん)

 見る者の心を揺さぶり続ける朝ドラの母。その圧倒的な存在感が、ヒロインの成長を味わい深いものにしている。

※女性セブン2023年11月23日号

関連記事

トピックス

岸信夫元防衛相の長男・信千世氏(写真/共同通信社)
《世襲候補の“裏金相続”問題》岸信夫元防衛相の長男・信千世氏、二階俊博元幹事長の後継者 次期総選挙にも大きな影響
週刊ポスト
海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという
フジ元アナ・秋元優里氏、竹林騒動から6年を経て再婚 現在はビジネス推進局で海外担当、お相手は総合商社の幹部クラス
女性セブン
二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ
《独立後相次ぐオファー》二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ 「終盤に出てくる重要な役」か
女性セブン
女優業のほか、YouTuberとしての活動にも精を出す川口春奈
女優業快調の川口春奈はYouTubeも大人気 「一人ラーメン」に続いて「サウナ動画」もヒット
週刊ポスト
真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
女性セブン
今回のドラマは篠原涼子にとっても正念場だという(時事通信フォト)
【代表作が10年近く出ていない】篠原涼子、新ドラマ『イップス』の現場は和気藹々でも心中は…評価次第では今後のオファーに影響も
週刊ポスト
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン