国内

【全文公開】自民党・山口晋衆院議員が「泥酔女性にキス」でトラブル 女性は被害届提出、山口議員は“恐喝された可能性”で警察に相談

A子さん(左)は被害届を提出し、山口晋・衆院議員も警察に相談(右写真=共同通信社)

A子さん(左)は被害届を提出し、山口晋・衆院議員も警察に相談(右写真=共同通信社)

 国民からの批判が続出した「4万円減税」経済対策。その閣議決定の前日、予算委員会が大詰めだった11月1日の夜に、自民党の大物二世議員がトラブルを起こしていた。トラブルの相手は東京・赤坂のラウンジに勤めていた滝沢カレン似の長身女性A子さん(20代)。11月2日の午前0時30分過ぎ、赤坂にあるA子さんの自宅マンションのエレベーターホールで、A子さんの姿を母親が目撃した。母親の証言だ。

「エレベーターが開いたら、男が娘とキスしてたんです。『あんた誰よ』と聞くと、『埼玉のガス会社の者です』と言う。『名刺下さい』と言うと、『持ってない』と。その時は妻子ある国会議員とは知りませんでした」

 男は茂木派所属の一回生代議士である山口晋氏(40)。父の山口泰明氏は党選対委員長などを務め、安倍晋三・元首相や菅義偉・前首相の側近として知られた。2021年に政界引退し、現在は地元・埼玉にある坂戸ガスの代表取締役を務める。

“ガス会社の者”と名乗った息子の山口氏は、菅氏の秘書や官房長官秘書官を務めた後、2021年の総選挙で父の地盤(埼玉10区)を継いで初当選した。2015年に台湾人女性と挙げた結婚式では、菅夫妻が媒酌人を務め、当時の安倍首相、麻生太郎・副総理も出席している。

「もっと強いお酒ないの?」

 冒頭のシーンに戻ろう。山口氏がA子さんと出会ったのは、その夜が初めて。11月1日夜9時前、山口氏は同じ埼玉選出の先輩議員である穂坂泰・外務政務官と連れ立って、A子さんが勤務するラウンジに現われたという。A子さんが語る。

「山口さんは、自分は議員だと話していました。『お酒、強そうだね。どんなの飲むの?』と聞かれて『テキーラとか』と答えたら、『じゃあ飲もうよ』ってなって。3杯くらい立て続けにショットをした後、『もっと強いお酒ないの』と言われ、お店で一番強いスミノフ(ウォッカ)をオレンジジュースで割って飲むことになりました。私が途中でトイレから戻ると、山口さんが私の席に座って、『いいよ、僕がやるから』とどんどんお酒をつくってくれた。

 その後、店を出て山口さんと私と別の女の子の3人で韓国料理店に行ったんですが、私は相当お酒が強いほうなのに完全に酔いが回って、店のトイレで吐いてしまったんです。どうやって家まで帰ったのかも覚えていません。キスされたのもわからなくて、母が怒っている姿を見て、やっと気づいたくらいです」

 自宅マンションの玄関ロビーに着いてからの様子は母親が見ていた。

「ピンポンが鳴ってモニターを見たら、娘が知らない男と一緒にいた。不審に思い応答しないでいたら、男が娘のバッグに手を突っ込んで鍵を取り出し、オートロックを解錠して中までついてくる。何をする気なのかと、エレベーターの扉の前で待ち受けていて、扉が開いたらキスしてたんです」

 押し問答になり、母親は赤坂署に通報。駆けつけた4人の警官に事情を聞かれ、山口氏は帰宅を促されたという。

関連記事

トピックス

伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
総理といえど有力な対立候補が立てば大きく票を減らしそうな状況(時事通信フォト)
【闇パーティー疑惑に説明ゼロ】岸田文雄・首相、選挙地盤は強固でも“有力対立候補が立てば大きく票を減らしそう”な状況
週刊ポスト
新アルバム発売の倖田來未 “進化した歌声”と“脱がないセクシー”で魅せる新しい自分
新アルバム発売の倖田來未 “進化した歌声”と“脱がないセクシー”で魅せる新しい自分
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大ヒット中の映画『4月になれば彼女は』
『四月になれば彼女は』主演の佐藤健が見せた「座長」としての覚悟 スタッフを感動させた「極寒の海でのサプライズ」
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
(左から)中畑清氏、江本孟紀氏、達川光男氏による名物座談会
【江本孟紀×中畑清×達川光男 順位予想やり直し座談会】「サトテル、変わってないぞ!」「筒香は巨人に欲しかった」言いたい放題の120分
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン