国内

【全文公開】自民党・山口晋衆院議員が「泥酔女性にキス」でトラブル 女性は被害届提出、山口議員は“恐喝された可能性”で警察に相談

A子さん(左)は被害届を提出し、山口晋・衆院議員も警察に相談(右写真=共同通信社)

A子さん(左)は被害届を提出し、山口晋・衆院議員も警察に相談(右写真=共同通信社)

 国民からの批判が続出した「4万円減税」経済対策。その閣議決定の前日、予算委員会が大詰めだった11月1日の夜に、自民党の大物二世議員がトラブルを起こしていた。トラブルの相手は東京・赤坂のラウンジに勤めていた滝沢カレン似の長身女性A子さん(20代)。11月2日の午前0時30分過ぎ、赤坂にあるA子さんの自宅マンションのエレベーターホールで、A子さんの姿を母親が目撃した。母親の証言だ。

「エレベーターが開いたら、男が娘とキスしてたんです。『あんた誰よ』と聞くと、『埼玉のガス会社の者です』と言う。『名刺下さい』と言うと、『持ってない』と。その時は妻子ある国会議員とは知りませんでした」

 男は茂木派所属の一回生代議士である山口晋氏(40)。父の山口泰明氏は党選対委員長などを務め、安倍晋三・元首相や菅義偉・前首相の側近として知られた。2021年に政界引退し、現在は地元・埼玉にある坂戸ガスの代表取締役を務める。

“ガス会社の者”と名乗った息子の山口氏は、菅氏の秘書や官房長官秘書官を務めた後、2021年の総選挙で父の地盤(埼玉10区)を継いで初当選した。2015年に台湾人女性と挙げた結婚式では、菅夫妻が媒酌人を務め、当時の安倍首相、麻生太郎・副総理も出席している。

「もっと強いお酒ないの?」

 冒頭のシーンに戻ろう。山口氏がA子さんと出会ったのは、その夜が初めて。11月1日夜9時前、山口氏は同じ埼玉選出の先輩議員である穂坂泰・外務政務官と連れ立って、A子さんが勤務するラウンジに現われたという。A子さんが語る。

「山口さんは、自分は議員だと話していました。『お酒、強そうだね。どんなの飲むの?』と聞かれて『テキーラとか』と答えたら、『じゃあ飲もうよ』ってなって。3杯くらい立て続けにショットをした後、『もっと強いお酒ないの』と言われ、お店で一番強いスミノフ(ウォッカ)をオレンジジュースで割って飲むことになりました。私が途中でトイレから戻ると、山口さんが私の席に座って、『いいよ、僕がやるから』とどんどんお酒をつくってくれた。

 その後、店を出て山口さんと私と別の女の子の3人で韓国料理店に行ったんですが、私は相当お酒が強いほうなのに完全に酔いが回って、店のトイレで吐いてしまったんです。どうやって家まで帰ったのかも覚えていません。キスされたのもわからなくて、母が怒っている姿を見て、やっと気づいたくらいです」

 自宅マンションの玄関ロビーに着いてからの様子は母親が見ていた。

「ピンポンが鳴ってモニターを見たら、娘が知らない男と一緒にいた。不審に思い応答しないでいたら、男が娘のバッグに手を突っ込んで鍵を取り出し、オートロックを解錠して中までついてくる。何をする気なのかと、エレベーターの扉の前で待ち受けていて、扉が開いたらキスしてたんです」

 押し問答になり、母親は赤坂署に通報。駆けつけた4人の警官に事情を聞かれ、山口氏は帰宅を促されたという。

関連記事

トピックス

結婚を電撃発表した大谷(時事通信)
《パーカー紐の蝶々結び》大谷翔平と「結婚相手の有力候補年下女性」を結ぶ“匂わせサイン”SNSでは「お揃いのオーダーメイドシューズ」が話題
NEWSポストセブン
78歳になったタモリ(時事通信フォト)
【『ブラタモリ』終了】なぎら健壱が紐解くタモリの“セッション”「相手が上手いと、こっちも上手くなった気になれる」
NEWSポストセブン
電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
「オレは頑張っている姿を見るのが好きなんだよ」と語るジャンボ尾崎(撮影/太田真三)
【後進の育成に心血を注ぐジャンボ尾崎】門下生のために自ら練習場の芝を整備、練習器具を手作り 教えないで「気づかせる」指導法
週刊ポスト
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン