芸能

南野陽子、急転の離婚劇 逮捕夫が演じ続けた“いい夫”、金銭問題、暴行、隠し子…トラブル続きだった虚飾の結婚生活

南野陽子

仕事終わり、雑踏でふと振り返る姿も妖艶な美しさをたたえたいた(2020年)

「おまんら、許さんぜよ」の決めぜりふから37年。当時の南野陽子(56才)は、将来、自分の夫が逮捕されるとは想像もしなかっただろう。金銭問題、暴行騒動、隠し子と、トラブル続きの不肖の夫を信じ続けた結婚生活がついに終わりを迎えた。

 波穏やかな東京湾を望む、隅田川の河口にそびえる高層マンションの一室。夫婦が10年以上の時を共に過ごしてきた部屋に、捜査員たちが慌ただしく足を踏み入れていく。彼らの手で夫の荷物が次々に運び出されていく様を、妻の南野陽子は呆然と見送るしかなかった──。

 南野の夫で団体職員の金田充史容疑者(52才)が業務上横領の容疑で静岡県警に逮捕されたのは11月21日。その6日後の27日、

《私事ですが、離婚いたしました。お互いに今向き合うべきことから目を背けることなく、今後の人生を歩んでいきたいと思います》

 というコメントとともに南野は離婚を発表し、12年の結婚生活にピリオドを打った。

「金田容疑者は、静岡市内の社会福祉法人『誠心会』の前理事長で、元警察官の迫丸卓哉容疑者(43才)と共謀し、同会の口座から1500万円を自らの関係会社の口座に送金し横領した疑いが持たれています」(全国紙社会部記者)

 2011年3月に結婚した南野と金田容疑者。その直後から、金田容疑者をめぐる金銭トラブルが幾度も報じられるようになる。

「結婚翌月には医療関係の会社社長に投資話を持ちかけて4億8000万円をだまし取った疑いが報じられました。その後も金田容疑者が事務局長を務めていた東京・赤坂のクリニックでの横領疑惑や東京・銀座のクリニックでの使途不明金の発覚が相次ぎ、今年8月には山形県の学校法人の理事長が、理事を務めていた金田容疑者に4200万円の借金を背負わされたとして彼を告発しました」(前出・全国紙社会部記者)

 疑惑が報じられたクリニックの元関係者は「クリニックの事務局長や法人の理事長などとして入り込み、資金を私的に流用するのが彼の常套手段だった」と語る。

「関西出身で人当たりがよく、人を惹きつける魅力がありました。それに、ことあるごとに“カミさんが”“カミさんが”と言って、南野陽子さんの話をするんです。実際に南野さんがクリニックを訪れることもあったので、彼の指示やお金の動きに疑念を抱いても“まさかそんなことはないだろう”と思い込んでしまう。南野さんの夫でなかったら、もっと早い段階で疑いを強めていたでしょう」(前出・クリニックの元関係者)

 2018年3月に金田容疑者から暴行を受けたことを告発し、被害届を出した元運転手もこう証言する。

「見た目よりも優しそうで、従業員に対するケアも手厚く、“人の気持ちがわかる”経営者だと思っていました。ところが、次第に言葉遣いが荒くなり、理不尽な理由で平手打ちなどの暴力を受けるようになりました。1時間正座をさせられたり、丸坊主にされたりしたこともあります。

 ただ、南野さんとは夫婦仲がとてもよさそうで、“今日はカミさんと出かけるから”という話もよくしていましたね。私からすれば、どうして南野さんはこんな男と……と不思議でならなかったです」

 たびたび金銭トラブルが報じられる不肖の夫。それでも南野は彼を信じ、周囲の声に耳を貸さなかったという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

岸信夫元防衛相の長男・信千世氏(写真/共同通信社)
《世襲候補の“裏金相続”問題》岸信夫元防衛相の長男・信千世氏、二階俊博元幹事長の後継者 次期総選挙にも大きな影響
週刊ポスト
海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという
フジ元アナ・秋元優里氏、竹林騒動から6年を経て再婚 現在はビジネス推進局で海外担当、お相手は総合商社の幹部クラス
女性セブン
二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ
《独立後相次ぐオファー》二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ 「終盤に出てくる重要な役」か
女性セブン
女優業のほか、YouTuberとしての活動にも精を出す川口春奈
女優業快調の川口春奈はYouTubeも大人気 「一人ラーメン」に続いて「サウナ動画」もヒット
週刊ポスト
真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
女性セブン
今回のドラマは篠原涼子にとっても正念場だという(時事通信フォト)
【代表作が10年近く出ていない】篠原涼子、新ドラマ『イップス』の現場は和気藹々でも心中は…評価次第では今後のオファーに影響も
週刊ポスト
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン