芸能

南野陽子、急転の離婚劇 逮捕夫が演じ続けた“いい夫”、金銭問題、暴行、隠し子…トラブル続きだった虚飾の結婚生活

南野陽子

仕事終わり、雑踏でふと振り返る姿も妖艶な美しさをたたえたいた(2020年)

「おまんら、許さんぜよ」の決めぜりふから37年。当時の南野陽子(56才)は、将来、自分の夫が逮捕されるとは想像もしなかっただろう。金銭問題、暴行騒動、隠し子と、トラブル続きの不肖の夫を信じ続けた結婚生活がついに終わりを迎えた。

 波穏やかな東京湾を望む、隅田川の河口にそびえる高層マンションの一室。夫婦が10年以上の時を共に過ごしてきた部屋に、捜査員たちが慌ただしく足を踏み入れていく。彼らの手で夫の荷物が次々に運び出されていく様を、妻の南野陽子は呆然と見送るしかなかった──。

 南野の夫で団体職員の金田充史容疑者(52才)が業務上横領の容疑で静岡県警に逮捕されたのは11月21日。その6日後の27日、

《私事ですが、離婚いたしました。お互いに今向き合うべきことから目を背けることなく、今後の人生を歩んでいきたいと思います》

 というコメントとともに南野は離婚を発表し、12年の結婚生活にピリオドを打った。

「金田容疑者は、静岡市内の社会福祉法人『誠心会』の前理事長で、元警察官の迫丸卓哉容疑者(43才)と共謀し、同会の口座から1500万円を自らの関係会社の口座に送金し横領した疑いが持たれています」(全国紙社会部記者)

 2011年3月に結婚した南野と金田容疑者。その直後から、金田容疑者をめぐる金銭トラブルが幾度も報じられるようになる。

「結婚翌月には医療関係の会社社長に投資話を持ちかけて4億8000万円をだまし取った疑いが報じられました。その後も金田容疑者が事務局長を務めていた東京・赤坂のクリニックでの横領疑惑や東京・銀座のクリニックでの使途不明金の発覚が相次ぎ、今年8月には山形県の学校法人の理事長が、理事を務めていた金田容疑者に4200万円の借金を背負わされたとして彼を告発しました」(前出・全国紙社会部記者)

 疑惑が報じられたクリニックの元関係者は「クリニックの事務局長や法人の理事長などとして入り込み、資金を私的に流用するのが彼の常套手段だった」と語る。

「関西出身で人当たりがよく、人を惹きつける魅力がありました。それに、ことあるごとに“カミさんが”“カミさんが”と言って、南野陽子さんの話をするんです。実際に南野さんがクリニックを訪れることもあったので、彼の指示やお金の動きに疑念を抱いても“まさかそんなことはないだろう”と思い込んでしまう。南野さんの夫でなかったら、もっと早い段階で疑いを強めていたでしょう」(前出・クリニックの元関係者)

 2018年3月に金田容疑者から暴行を受けたことを告発し、被害届を出した元運転手もこう証言する。

「見た目よりも優しそうで、従業員に対するケアも手厚く、“人の気持ちがわかる”経営者だと思っていました。ところが、次第に言葉遣いが荒くなり、理不尽な理由で平手打ちなどの暴力を受けるようになりました。1時間正座をさせられたり、丸坊主にされたりしたこともあります。

 ただ、南野さんとは夫婦仲がとてもよさそうで、“今日はカミさんと出かけるから”という話もよくしていましたね。私からすれば、どうして南野さんはこんな男と……と不思議でならなかったです」

 たびたび金銭トラブルが報じられる不肖の夫。それでも南野は彼を信じ、周囲の声に耳を貸さなかったという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚の報道が世界中で注目された大谷翔平
《新婚生活の行方》大谷翔平、現実的には難しい「妻をずっと隠す」、“表に出ざるを得ない”アメリカ特有の事情も
NEWSポストセブン
結婚を電撃発表した大谷(時事通信)
《パーカー紐の蝶々結び》大谷翔平と「結婚相手の有力候補年下女性」を結ぶ“匂わせサイン”SNSでは「お揃いのオーダーメイドシューズ」が話題
NEWSポストセブン
ドラマ『蜜と毒』でドロドロの不倫関係に堕ちていく人妻を熱演している女優・入来茉里
ドロドロ不倫&体当たりの男女シーン披露の入来茉里、初主演ドラマ撮影中に見せた女優魂 波瀾万丈の私生活も女優の糧に
NEWSポストセブン
78歳になったタモリ(時事通信フォト)
【『ブラタモリ』終了】なぎら健壱が紐解くタモリの“セッション”「相手が上手いと、こっちも上手くなった気になれる」
NEWSポストセブン
電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
「オレは頑張っている姿を見るのが好きなんだよ」と語るジャンボ尾崎(撮影/太田真三)
【後進の育成に心血を注ぐジャンボ尾崎】門下生のために自ら練習場の芝を整備、練習器具を手作り 教えないで「気づかせる」指導法
週刊ポスト
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン