国内

《国際ロマンス詐欺》ガーナを拠点に4億円騙し取った“60歳主犯格男”が獄中告白「私は報酬を受け取っていない」

2022年8月、日本に強制送還された森川光被告

2022年8月、日本に強制送還された森川光被告

 ネット上で出会った相手に“愛の言葉”を囁き、大金を騙し取る「国際ロマンス詐欺」──その犯行に手を染め、約4億円を騙し取ったグループの“主犯格”として、ガーナで逮捕された日本人がいる。ノンフィクションライターの水谷竹秀氏が追った。【前後編の前編。後編を読む

「なぜ警察発表を信じるのか」

 大阪拘置所の面会室に現われた男はパジャマ姿で、病的なほど色白だった。目の下はたるみ、口を開くと前歯がなかった。

「はじめまして。送っていただいた手紙は読みました。いつも公判にも来てますよね」

 アクリル板越しにそう語った男は、森川光被告(60)だ。国際ロマンス詐欺に関与したとして西アフリカ・ガーナの首都アクラで拘束され、昨年8月、日本へ強制送還された。詐欺罪などで起訴され、現在、大阪地裁で審理が続いている。

 報道によると、森川はガーナを拠点とする犯行グループの“主犯格”として、日本人男女ら65人から総額約3.9億円を騙し取ったとされる。このグループにいて逮捕された日本人男性は、森川を含め8人ほど。現地にいるガーナ人も8人加担しており、ガーナ側の主犯格で“ブルー・コフィ”の異名を持つナナ・コフィ・ボアテイン(34)は米国へ逃亡中だ。

 日本人とガーナ人による謎の国際犯罪組織──。私は今年6月に『ルポ 国際ロマンス詐欺』(小学館新書)を上梓し、ロマンス詐欺犯がナイジェリアやガーナなどの西アフリカを拠点に暗躍している実態を書いた。その取材時に森川の逮捕が報じられたため、“主犯格”である森川と接見すれば、犯行の実像に迫れるのではないかと思ったのだ。

 だが、今年5月に初めて面会した森川は、報じられた「3.9億円」という莫大な金額の割に身なりがみすぼらしく、大阪府警が公開手配した時のごつい顔写真とは異なり、げっそりしていた。

「ガーナで体重が20キロぐらい落ちました」

 そう語る森川は果たして、ガーナの組織でどのような役割を担い、いかなる手口で大金を騙し取ったのか。疑問をぶつけようとしたが、森川はこう言ったのだ。

「私は“主犯格”などではありません。なぜ警察発表を信じるのですか」

「メディアには4億と書かれていますが、実際には1億もいってないし、私は報酬を受け取っていません」

 自分の都合の良いように語っているだけかもしれないが、それでも森川の発言には戸惑いを隠せなかった。彼は本当に犯行の実態を知らないのか。

関連記事

トピックス

5月に入り病状が急変し、帰らぬ人となった中尾彬さん
【中尾彬さん逝去】数か月体調優れず、5月に入って容体が急変 葬儀は近親者のみ、妻・池波志乃さんは憔悴しながらも参列者に感謝
女性セブン
女子ゴルフ界の新星として注目を集める清本美波
【プロテストでトップ合格】女子ゴルフ界の新星・清本美波、女子大生と二足のわらじを履く18歳「目標はタイガー・ウッズ」
週刊ポスト
詐取の疑いで逮捕された元宝塚“大滝子”こと光原エミカ(HPより)
《『水ダウ』ざます企画に出演》元宝塚・月組トップスターが現金1000万円詐取の疑いで逮捕「ディナーショーが8万円に値上がり」ファンが察知した違和感
NEWSポストセブン
全国赤十字大会ではスピーチに目を潤ませる場面もあった(4月、東京・千代田区。写真/JMPA)
『虎に翼』を楽しんでいらっしゃる雅子さまと愛子さま 女性天皇への期待高まるなか、揺れるお立場に「日本初の女性弁護士の物語」を重ねられて
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン
中尾彬さん(時事通信フォト)
《“ねじねじ”で愛された中尾彬さん(81)が急逝》大病を機に始めていた“終活”、コワモテ俳優からコメンテーターとして人気を博した晩年
NEWSポストセブン
フジコ・ヘミングさん(撮影:中嶌英雄)
《フジコ・ヘミングさん追悼》「黒柳徹子さんがくれたお土産」「三輪明宏さんが家に来る時は慌てて…」密着した写真家が明かす“意外な交友関係”
NEWSポストセブン
ギャンブル好きだったことでも有名
【徳光和夫が明かす『妻の認知症』】「買い物に行ってくる」と出かけたまま戻らない失踪トラブル…助け合いながら向き合う「日々の困難」
女性セブン
破局報道が出た2人(SNSより)
《井上咲楽“破局スピード報告”の意外な理由》事務所の大先輩二人に「隠し通せなかった嘘」オズワルド畠中との交際2年半でピリオド
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン
ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン