スポーツ

羽生結弦、105日離婚の元妻が財産分与で推定2億円超を手にする可能性も 「婚姻期間の収入」が対象

財産分与が発生するのか(写真/AFLO)

財産分与が発生するのか(写真/AFLO)

 12月7日、羽生結弦は29回目の誕生日を迎えた。新婚夫婦にとって、結婚してから初めて迎えるお互いの誕生日は、特別なものになったはずだろう。しかし、羽生は20代最後の誕生日を、“シングルスケーター”として迎えた。その3日前の12月4日、羽生が表紙を飾った雑誌『AERA』が発売された。

「写真家の蜷川実花さんが撮り下ろした羽生さんの写真集の、未収録カットが掲載されました。同誌では8月にも羽生さんが表紙に登場し、大きな反響から発売前に異例の増刷が決まったほどでした」(フィギュア関係者)

 11月11日発売の写真集は4400円と高額ながら、2022年7月のプロ転向後に開催した初の単独アイスショー「プロローグ」を皮切りに5公演の秘蔵カットを収録しているのに加え、「アイメイクが施され、キッとするような眼差しが特徴的。赤いドレスのような衣装も斬新で、攻めた写真集だった」(出版関係者)と、羽生ファンにとっては垂涎の内容だったようだ。

 さらに同日には、2007年のノービス時代から15年以上、300点以上を収録した別の写真集が、誕生日に合わせて発売されることも発表された。こちらは三方箱に入った豪華仕様で、4620円とこれまた高額だ。

「8月の結婚発表以降、羽生さんをトップで扱ったスポーツ新聞の売れ行きが伸び悩んだり、羽生さんのグッズがフリマサイトで投げ売りされたりと、一定数のファン離れがあったようです。それでも、根強いファンが羽生さんを支えている。いまだに『羽生結弦』は優良コンテンツ、つまり“金のなる木”なんです」(前出・フィギュア関係者)

1公演で5億円以上

 11月28日、多目的施設「ゼビオアリーナ仙台」に通年型のアイスリンクが開設されることが発表された。羽生は、「この町でフィギュアをやりたいと思う次の世代が一人でも多く生まれることを期待しています」とビデオメッセージを寄せた。

「仙台市は、新しいスケートリンクの経済効果を10年間で80億円と試算しました。羽生さんが五輪2連覇を達成した際のパレードで、18億5000万円の経済波及効果があったことからはじき出された数字だといいます」(スポーツ紙記者)

 その効果には、以前から大手企業が目をつけてきた。2023年9月末まで、ANAは10年にわたって羽生とスポンサー契約。ほかにも味の素やコーセー、ファイテン、東和薬品などが契約を結んでいる。

 11月30日、羽生は味の素がアスリートのコンディショニングサポートを行う「ビクトリープロジェクト」の20周年に次のようにメッセージを寄せた。

「緻密に栄養計算された食事と、(中略)選手にしっかり寄り添っていただけているおかげで、いつも万全なコンディションで本番に臨んでいます。これからもサポートをよろしくお願いします」

 そうしたスポンサーの存在もあり、2019年には、アメリカのスポーツ専門チャンネル『ESPN』が、羽生の年間の広告収入を「約15億円」と推計したこともあった。2022年7月のプロ転向以降は、YouTubeチャンネルを立ち上げ、チャンネル登録者数は80万人を超える。また、単独アイスショーを実施し、2023年11月4日には、ツアー『RE_PRAY』が開幕した。

「スタートとなったさいたまスーパーアリーナは約2万人のキャパで、チケットの最高値は3万円。最安値の席でも1万6000円でした。これにグッズの売上などを勘案すれば、1公演で5億円以上のお金が動く計算になります。『RE_PRAY』では、出演はもちろん制作総指揮も羽生さんが務めており、彼の才能に依るところが大きいビッグビジネスです」(スポーツライター)

 次のツアーの開催は、2024年1月の佐賀公演だ。会場周辺では、すでに公演日が満室となっているホテルもある。

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン