国内

【六代目山口組の餅つき】司組長はメディアに「よいお年を」 関係者しか食べられない「4つの味の餅」の中身とは

司組長も餅をついたという(左から六代目山口組・司忍組長、六代目山口組・高山清司若頭/時事通信フォト、共同通信社)

司組長も餅をついたという(左から六代目山口組・司忍組長、六代目山口組・高山清司若頭/時事通信フォト、共同通信社)

 2023年12月28日に開かれた六代目山口組の餅つきに密着した。警察が鋭い視線を送り、メディアも激しくフラッシュをたく異様な雰囲気のなか、ついに餅つきが始まり、司忍組長もメディアの前に姿を現わした。【前後編の後編。前編から続く

 餅つきが始まるまで現場を仕切っていたのは司組長と高山清司若頭の出身母体である弘道会の野内正博若頭だった。神戸山口組との山口組分裂抗争で有名になった野内若頭は会場の外、警察やメディアと同じ場所に立ち、会場に到着する幹部を出迎えたり、ほかの組員に指示を飛ばしていた。会場の周囲を車に乗った組員が常に周回し、警戒しているとはいえ、ボディガードもつけずに外で動いていたことから警察関係者からは驚きの声も漏れていた。

 野内若頭は警察関係者やメディアに「今日は誰を捕まえにきたんですか?」「朝からご苦労さん」「俺は門番や」と声をかけ、温和な雰囲気を漂わせていたが、半開きになったシャッターの下から会場内部を撮影しようとする警察関係者には「撮らせへんで」と厳しい顔を見せる場面もあった。

「去年の餅つきで、警察はプロパンガスの容器を国の技術基準に沿わない方法で運搬したなどとして、組員5名を逮捕している。それゆえ、餅つきの様子を撮影されることを六代目山口組側は警戒していた。シャッターの開閉を少なくするだけでなく、白いビニールシートのようなもので幕をつくり、外から餅つきの様子が見えにくくするなど対策を試みていた。

 警察による逮捕を避けるべく、遠方に住む直参組長の参加も免除されていたようだ。暴対法で定められた警戒区域内で5人以上集まると逮捕されるので、移動も気を遣う。宿泊するとなるとホテルを探すのも難しい」(週刊誌記者)

 9時10分頃、司組長の到着を待たずして、会場内からは餅つきに向けた注意、説明が始まり、間を置かずして「よいしょ!よいしょ!」と大きなかけ声や餅をつく音が聞こえだした。

関連キーワード

関連記事

トピックス

中尾彬さん(時事通信フォト)
《“ねじねじ”で愛された中尾彬さん(81)が急逝》大病を機に始めていた“終活”、コワモテ俳優からコメンテーターとして人気を博した晩年
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン
別居を認めたMEGUMI
《離婚後の大活躍》MEGUMI、「ちゃんとした女優になる」を実現!「禁断愛に溺れる不倫妻」から「恐妻」まで多彩な“妻”を演じるカメレオンぶり
NEWSポストセブン
フジコ・ヘミングさん(撮影:中嶌英雄)
《フジコ・ヘミングさん追悼》「黒柳徹子さんがくれたお土産」「三輪明宏さんが家に来る時は慌てて…」密着した写真家が明かす“意外な交友関係”
NEWSポストセブン
ギャンブル好きだったことでも有名
【徳光和夫が明かす『妻の認知症』】「買い物に行ってくる」と出かけたまま戻らない失踪トラブル…助け合いながら向き合う「日々の困難」
女性セブン
破局報道が出た2人(SNSより)
《井上咲楽“破局スピード報告”の意外な理由》事務所の大先輩二人に「隠し通せなかった嘘」オズワルド畠中との交際2年半でピリオド
NEWSポストセブン
ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン
木本慎之介
【全文公開】西城秀樹さんの長男・木本慎之介、歌手デビューへの決意 サッカー選手の夢を諦めて音楽の道へ「パパの歌い方をめちゃくちゃ研究しています」
女性セブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
《元同僚の賭博疑惑も影響なし?》大谷翔平、真美子夫人との“始球式秘話”で好感度爆上がり “夫婦共演”待望論高まる
NEWSポストセブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン