ライフ

東大卒エリート弁護士が、「自称アーティスト」を名乗る理由

弁護士をしながら、役者として年間8本の劇場公開映画に出演。みやたにさんのアトリエにて

弁護士をしながら、役者として昨年は年間8本の劇場公開映画に出演。精力的にアート活動もおこなうアトリエにて

 弁護士と俳優。働き方が多様化する時代でも、珍しい二足以上の草鞋を履きこなす人がいる。「みやたに」さん。東京大学法学部在学中に司法試験に合格し、大手法律事務所の弁護士に。その傍ら、2012年から「自称artist(アーティスト)」を名乗り、アート活動を始める。昨年公開され、ロングラン上映中の映画『過去負う者』(舩橋淳監督)などで俳優として活動するほか、2023年からは自ら監督として映画を撮り始める(監督名は「みやたにたかし」)。これらは「セカンドキャリア」ではなく、すべては「同時並行・現在進行形」だというみやたにさんは、「今の自分のありよう」をどのように見つけたのか。

 また、アート活動を始めた今、受験や司法試験に邁進していた過去の自分を「ダサいやつだった」と振り返る。エリート街道を歩んできた弁護士が、中年を過ぎてから獲得した新しい価値観、人生観を伺った。

弁護士には20年で見切りをつけようと思っていた

──弁護士以外の仕事をしたいと、いつごろから考えていたのでしょうか?

 弁護士って定年がないんです。「ずっと出来ると思ってやっていたらダメだな」と、仕事を始めた時点で思いました。20年で切りをつけようと。そうしたら、もう1回転、何か20年できるぞと。一方で、「これをしよう」という具体的なアイデアは持っていませんでした。20年後の景色は20年後にしか見えないから。計画や目標は励みになりますが、同時に、そっちに行くと決めてかかると見えなくなるものもあります。そのときにやりたいこと、やるべきことをやろうと漠然と考えていました。

──では20年たって、俳優やアーティストになりたくなったのですか?

 ところが全然そうではないんです。ちょうど弁護士を始めて20年目が終わる3月に、東日本大震災が起きました。知り合いが被災して、原発事故もあって、僕なりにいろいろ考えましたし、自分の無力さを痛感しました。それで、今は自分ができることをやっていくしかない、と思ったんです。僕は弁護士が得意なんだから、今後も弁護士をやることが社会のためになるだろうと。当時、弁護士を辞めてまでやることが思い浮かんでなかったというのもあります。

──弁護士に集中しようと思ったところから、一転、どのように俳優にたどり着いた?

 当時、震災以外にも心が晴れないことが相次いで、気が塞いでいたので、早朝よく近所を散歩していたんです。ふとカメラを持って出かけているうちに「写真を習ってみようかな?」と思い立ち、たまたま近所に教えてくれるプロの方がいたから習い始めました。その人と映画の話をしているうちに、映画っていわば「写真の集合体」じゃないですか。映画を観たらきっと写真の勉強にもなるなと思って、集中して観るようになりました。年間400本くらい観ていましたね。

 映画を観ているうちに、好きなカットを絵に描きたくなったんです。そこからひたすら絵を描くようになり、映画からインスピレーションを受けて、立体作品とか、さまざまなアート作品の制作を始めました。次は映像シナリオもやってみようと思い、学校に通いました。シナリオを描くうちに、役者さんのこと何も知らないなと思って今の劇団(SHOW&GO FESTIVAL)に入り、役者修行が始まりました。

 直接的には、この劇団への参加をきっかけに舞台に立つようになり、その後、最初は今泉力哉監督に声をかけていただいて、映像作品にも出るようになっていったという経緯です。いわば「芋づる式ご縁」で、俳優になりました。

関連キーワード

関連記事

トピックス

問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
《ススキノ頭部切断》瑠奈被告(30)の友人が語る「“るーちゃん”が激高した夜」
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
『THE BET』でMCを務める池田美優と麒麟・川島明(番組公式サイトより)
《相次いで放送》ついに幼稚園でも開催、“かくれんぼ”番組はなぜ支持を集めるのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
真矢ミキ、映画『九十歳。何がめでたい』で草笛光子の娘役を演じる「光子さんの輝かしい奇跡の瞬間を目の前で見たんだと思います」
真矢ミキ、映画『九十歳。何がめでたい』で草笛光子の娘役を演じる「光子さんの輝かしい奇跡の瞬間を目の前で見たんだと思います」
女性セブン
1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
東京都知事選挙が告示され、選挙ポスターが張られた掲示板。過去最多の56人が立候補した(時事通信フォト)
《「ほぼ裸」ポスターや立候補しない女性格闘家も》都知事選の選挙ポスター問題 「おそろしい時代」「恥ずかしい」と嘆く大人に「あたおか」と笑う小学生たち
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン